上あごがもっこりした表情になる「アデノイド顔貌」。その原因は、鼻腔内の奥にあるリンパ組織、アデノイドの肥大であり、口呼吸が大きく影響している。

重度の症状の場合は、呼吸の習慣を見直すだけでなく、外科矯正の必要もあるという。『国際人になりたければ英語力より“歯を磨け”』などの著書をもつ、歯科医師の宮島悠旗さんに外科矯正の内容について伺った。

■今回のアドバイザー

歯科医師(歯学博士・日本矯正歯科学会認定医)

宮島悠旗さん


2005年3月 愛知学院大学歯学部卒業後、2006年3月 東京歯科大学にて研修医修了、研修医修了証取得。2010年3月 東北大学大学院歯学研究科卒業、歯学博士取得。2011年11月 東北大学大学院歯学研究科口腔保健発育学講座顎口腔矯正学分野 助教、日本矯正歯科学会認定医取得。2014年1月 宮島悠旗ブライトオーソドンティクスを起業。最新の技術で「噛み合わせ」と「エステティック」に配慮し、患者一人一人の要望に応える矯正治療を追及。矯正治療の技術を生かした一般歯科とのチーム医療で、歯の寿命を延ばし健康な体を保つために、理想的な噛み合わせを整える治療計画を提案している。

「アデノイド顔貌」の外科矯正の治療法とは?


アデノイド顔貌は口周りの筋肉がゆるい状態が続き、下あごが発達せず後退して見える現象のこと。後退したあごを元の位置に戻す…なにやら大きな手術になりそうだが、その内容は?



「外科矯正手術のひとつの方法に、上顎前方歯槽部骨切り術(Wassmund法)があります。小臼歯を抜歯してできたスペースを活用し、骨ごと切り離した上の前歯を移動させます。その後、プレートとネジを使って上顎を固定します。上あごが出ている場合、歯を抜歯して空いたスペースをワイヤー矯正で詰めていき、口周りをひとまわり小さく見せる矯正治療などを行います」(宮島医師、以下同)

あごの骨を切ってずらす「アデノイド顔貌」の治療


もうひとつの外科矯正手術が、下あごの骨を切り取り前にスライドさせ固定するという方法。



後退してしまった下あごのを前に出す場合は、下あごの骨を分割して前方に伸ばす「下顎枝矢状分割法」「下顎枝垂直骨切り術」などがあります。これら手術は麻酔を利用して行い、手術自体は数時間で終了するが、数日約3週間の入院が必要となる。



「あごの骨を切って移動させ、バランスが整う位置で骨同士をつなぎとめるプレートを用いて固定します。プレートには吸収性のものもあり、非吸収性のプレートの場合は約1年後に再度手術して取り出します。術後、骨はだんだんと再生していくためいずれはつながります」



なお、小さいお子さまの場合は、口呼吸を促すマウスピースの治療、マイオブレース治療が効果的だ。就寝時と自宅で1〜2時間つけるだけで、舌や口の周囲の筋肉を鍛えることができ、口呼吸を防止することでアデノイド肥大と顔貌を予防できる。



あごの骨を切る・削るというと、少し怖くもあるが気になる人は、「アデノイド顔貌 外科矯正 術式」などで検索すると、その詳細がわかるだろう。まずは知ることが治療の第一歩だ。