今もなお、世界中のセレブや上級ビジネスマンの間で注目を集める“スーパーフード”。続々と目新しいものが登場しているが、中でもこれからの注目株は、日本ではなじみの深い食品たちだという。2018年に話題となりそうな“新しい”スーパーフードについて、専門家に聞いた。

■今回のアドバイザー

スーパーフードマイスター

鈴木絢子さん


一般社団法人日本スーパーフード協会理事。大手美容外科の広報、化粧品会社を経て、広告代理店でライター&薬事法専門の部署を設立。美容・健康食品関連のコンサルは500社以上。その後26歳で独立し、フリーで活動開始。2010年美容コンサル会社 (株)エリートレーベル設立。2013年「さつまいも親善協会」設立。2015年より、PRマーケティング「beaus」を始動。インナービューティーとスーパーフードに精通しており、サプリメントアドバイザーとしても活躍している。

「かす漬け」や「紫いも」も! 2018年のトレンド予測を席巻する、日本発祥のスーパーフードたち


スーパーフードの原産地といえば、アサイーやクプアスを育んだアマゾンを思い浮かべがちだろう。しかし、今世界的に注目されているのが日本発祥のスーパーフードだという。以下が、一般社団法人日本スーパーフード協会が先日発表した「2018S/Sトレンド予測 スーパーフードランキング TOP10」のランキングだ。



1位 IT はなびらたけ(分類:伝統自然食)

2位 緑茶ボウル(分類:茶)

3位 進化系ふりかけ(分類:伝統自然食)

4位 玄米ぬか油(分類:米)

5位 玄米甘酒(分類:発酵食品)

6位 かす床、かす漬け(分類:発酵食品)

7位 紫いも(分類:伝統自然食)

8位 進化系小豆(分類:伝統自然食)

9位 アカモク(分類:藻類)

10位 江戸味噌(分類:発酵食品)



鈴木さん「今回は、スーパーフードのトレンド予測史上はじめて『ジャパニーズスーパーフード』というくくりでのランキングが発表されました。日本でもなじみの深い『もち麦』や『玄米』などの雑穀類が世界的にスーパーフードとして人気となっていることを反映した上での予測となっているようですね。ランキングの分類にもあるように、日本は発酵食品や伝統自然食の文化が豊かな国ですから、今後はそうした食文化も含めた日本発祥のスーパーフードが注目されていくのではないでしょうか。お茶漬けなどの日本の食文化とともに、紫いものように身近な自然食も、世界的に見直されているのです」


手軽に摂れる新ジャンル「モバイルスーパーフード」は、40代ビジネスマンにおすすめ


日本発祥のスーパーフードが注目されているとはいえ、普段食べ慣れている食べ物が多いため、日本人であればピンとこないかもしれない。そこで鈴木さんがオススメするのが、ランキングの3位に入ってる「進化系ふりかけ」のような「モバイルスーパーフード」と呼ばれる、新しいカテゴリーだ。



鈴木さん「最近では、スーパーフードをふりかけや錠剤にした“モバイルスーパーフード”と呼ばれる、携帯できる食品に注目が集まっています。スーパーフードは継続して食べることが重要なので手軽に摂取できるタイプのものを選ぶことで、多忙なビジネスマンの方も、効率的な栄養補給が可能になります」



近年ではコンビニ商品にも“スーパーフード配合”の食品が増えており、より身近な存在となっているという。そんなスーパーフードを、より簡単に食べる方法とは?



「スーパーフードの認知度が上がり、さまざまな形で購入することができるようになりました。たとえば、ジャパニーズスーパーフードのIT はなびらたけは、キノコの一種ですが、ふりかけタイプのものも発売されており、選択肢が広がっています」



最後に、40代男性が積極的に摂取すべき、入手が容易なスーパーフードを教えてもらった。



●マカ

鈴木さん「滋養強壮、精力アップ、薄毛対策など、男性にうれしい効果が期待できるマカ。サプリメントなどでもおなじみですが、スーパーフードとしても人気です。成長ホルモンを整える『アルギニン』というアミノ酸を含んでいるため、ホルモンバランスが崩れやすい女性からのニーズも高く、カップルでマカを飲んでいる方も増えていますね」



●スピルリナ

鈴木さん「グリーン系スーパーフードの王様・スピルリナは、ビタミン・ミネラル・アミノ酸・不飽和脂肪酸など50種類以上の栄養成分を含む藻類の一種。薄毛対策に必要なミネラルとビタミンを含み、腸内環境を整える働きも期待できるスーパーフードです。錠剤でも販売されているので、手軽に摂れるのも特徴です」



●チアシード

鈴木さん「女性人気が高いチアシードですが、じつは男性にもおすすめ。チアシードに含まれる不飽和脂肪酸の一種・オメガ3脂肪酸には、血中の脂質濃度を下げる働きが期待できます。そのため、コレステロール値の調整や動脈硬化予防などにも◎。ゴマ感覚でサラダにかければ、簡単に取り入れられます」


最後にアドバイザーからひと言


「男性の方なら、ごはんとスーパーフードを一緒に炊くタイプの雑穀系食品がおすすめ。味の主張が弱く、スーパーフード独特の風味が苦手な人でも食べやすいですよ」