人気アイドルグループ・乃木坂46のメンバーとして活動する吉田綾乃クリスティーさんは、大分県大分市出身。グループでの活動に加え、近年は映画や舞台でヒロインを演じるなど活躍の場を広げています。

青春時代を過ごした地元の思い出やお気に入りスポット、フレッシュな眼差しを通して見えてくる大分の魅力についてお話を聞きました。

乃木坂46のメンバーとして活動する吉田綾乃クリスティーさん

大分県にはおいしいものがたくさん!

「大分は、とにかく食べ物がおいしい! からあげ、とり天、やせうま、だんご汁……。実家から果物やかぼす、懐かしい地元のお菓子がたくさん詰まった荷物が届くんですが、私が好きだったものをおばあちゃんがセレクトして詰めてくれるんです」

皿に盛られたとり天
大分発祥の鶏料理、とり天。(写真提供:大分県)
大分県の郷土料理・だんご汁
小麦粉をこねて薄く引きのばしただんごを具材とともに味噌仕立てで味わう「だんご汁」。(写真提供:大分県)

故郷からの小包が届くたび、懐かしさとうれしさが込み上げてくるという吉田さん。実家の庭にはかぼすの木があり、食卓に並ぶボウルいっぱいのかぼすを毎日食べていたそう。

「実家ではおばあちゃんも一緒に住んでいて、私はおばあちゃんのお友だちにもすごくかわいがってもらっていたので、やさしい人がいっぱいいたなぁと顔が思い浮かんだりします」

「大分の人は、どんな料理にもとにかくかぼすを絞りますよね。地元にいた頃は身近な存在すぎてあまり気に留めていなかったのですが、東京ではなかなか手に入らないので少しさみしい。お味噌汁にかぼすを絞るのが好きで、東京でひとり暮らしを始めて、家で食べるときなど、ああ、かぼすがあればなぁ、と恋しくなることも。なので、夏になってスーパーで見つけるとすごくテンションが上がります!(笑)」

ほかにも、大分のおいしいものを思い出すとキリがないと言う吉田さんに、まずは定番のお土産を聞いてみました。

インタビュー中の吉田綾乃クリスティーさん
大好きな〈とりかわサクサク揚げ〉と〈つぶらなカボス〉を前にして、笑顔の吉田さん。

「鶏皮を揚げた〈とりかわサクサク揚げ〉や、〈謎のとり天せんべい〉(とり天風味のせんべい)、〈からあげおかき〉(からあげ風味のスナック菓子)を買うことが多いですね。〈とりかわサクサク揚げ〉は食べ出したら止まらないので、1袋なんてペロリ。〈つぶらなカボス〉も、かぼすの果汁と夏みかんのつぶつぶ食感がおいしいのでオススメです」

〈ポッポおじさんの大分からあげ〉の〈とりかわサクサク揚げ〉3種
からあげ専門店〈ポッポおじさんの大分からあげ〉が無添加製法でつくる〈とりかわサクサク揚げ〉は3種類。左から、しょうゆ味、しお味、ゆずこしょう味。各430円。
缶ボトル入りの〈つぶらなカボス〉
大分県産のかぼす果汁に、夏みかんの果粒とハチミツを加えて飲みやすく仕上げた〈つぶらなカボス〉は1本138円(参考価格)。県内の農協やスーパー、道の駅、一部コンビニなどで購入できます。

からあげ、とり天といえば大分県民がこよなく愛するローカルフード。おやつ感覚で食べられるアイテムとあり、お土産にするととても喜ばれるとか。

からあげは青春の味!?

大分グルメと言えば、やはりからあげ。まちじゅう至る所に専門店があり、各家庭それぞれに行きつけがあるそう。

「高校の頃は電車通学していたのですが、駅の近くにわが家の行きつけがあって、母が駅に迎えに来てくれるついでによく買って帰っていました。ニンニク、生姜がしっかり効いた濃いめの味つけが好きで、さらにマヨネーズをトッピングしたりしていましたね」

なかでも思い出深いのは、大分県民にはお馴染みのファミリーレストラン〈ジョイフル〉だと言います。

「ジョイフルの〈唐揚げ定食〉は私のソウルフード! 私はからあげ、母はとり天を頼んで、半分ずつ交換したり。友だちと勉強しよう! ってお店に集まるのに、勉強そっちのけで、結局からあげ食べてるとか。そんな思い出ばかりですね(笑)」

ファミリーレストラン〈ジョイフル〉の外観
1976年に大分市で創業。現在も同市に拠点を置くジョイフルは、九州を中心に全国600店舗以上を展開しています。
〈ジョイフル塩唐揚げ定食〉
〈ジョイフル塩唐揚げ定食〉548円。外はカリッと、中はジューシー!

地元のおいしいもの話に火がついて、当時の思い出が蘇ってきた吉田さん。大分市を中心に県内に10店舗を展開するうどんチェーン店〈鳴門うどん〉にも、懐かしい味があるそう。

「ここはなんでもおいしいんです。あっさりだけどコクがあるおだしが味の決め手。〈ごぼう天うどん〉も〈おろしうどん〉も大好きですが、私のイチオシは、なんと言っても〈ステーキ丼〉。赤身肉に甘辛いタレがたっぷり絡んで、ご飯が進む進む! デザートに、アイスクリームも欠かせません。土曜の昼と言えば、〈鳴門うどん〉。母とほぼ毎週通っていましたね」

〈鳴門うどん〉の外観
〈鳴門うどん〉では、自社工場で毎日製麺し、熟成させた麺を使用。3玉まで無料サービス(1杯の値段で食べられます)!
〈鳴門うどん〉のステーキ丼セット
吉田さんイチオシのステーキ丼に、好きなうどん、またはそばメニューが付いたステーキ丼セット。写真はごぼう天うどんとのセットで957円!

吉田さんにとって、大分の美味なる体験は、大好きな友だちや家族との思い出がセットのようです。

夢は地元・大分のステージに立つこと!

海や山、川など豊かな自然に恵まれた大分で、吉田さんはどんな幼少期を過ごしたのでしょうか?

「公園がいっぱいあって、水族館もあって、都会すぎず、田舎すぎず、本当に暮らしやすい所だと思います。元気に外で遊びまわるような子どもではなかったのですが、大分市にある〈七瀬川自然公園〉は小学校の遠足やBBQ、家族でもピクニックに行って、水遊びをしたのをよく覚えています」

インタビュー中の吉田綾乃クリスティーさん

また、大分県が誇る県内随一の〈大分マリーンパレス水族館「うみたまご」〉も、お気に入りのスポットだそう。近海に生息する魚が泳ぐ姿を海底から見上げるように楽しめる〈大回遊水槽〉や、イルカをはじめとした海の生き物と触れ合える〈あそびーち〉など、「動物たちとなかよくなる水族館」は、見どころ満載です。

「水族館の、少し薄暗い静かな雰囲気が大好きなんです。ここから海の景色を見渡すのも気持ちがよくて、一日中ぼーっと過ごせます」

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」の大回遊水槽
サメやエイなど大型魚を含む90種1500尾の魚たちが暮らす〈大回遊水槽〉。
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」で見られるセイウチのショー
人気の高いセイウチのパフォーマンス。イルカのショーもあります。
Information
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
address:大分県大分市高崎山下海岸
tel:097-534-1010
access:JR別府駅からバスで約15分。高崎山自然動物園前バス停下車すぐ(大分ICから車で約25分)
営業時間:9:00〜17:00(季節により変動)
定休日:2023年1月17日〜19日の3日間
入館料:高校生以上2600円、小・中学生1300円、4歳以上850円

保育園や小学校の頃は、学校以外で知り合いや友だちに会うと人見知りを発揮して、お母さんの後ろに隠れてしまうような少女だったという吉田さん。そんな引っ込み思案だった彼女を夢中にさせたのが、アイドルグループの存在でした。

「当時、大分県では生でアイドルのライブを見られる機会がなくて……。高校生になってからは、遠方までアイドルのライブや握手会に通ったことも。そのためにアルバイトを始めて、たくさんのことを学び、いろんな経験ができた一方で、放課後に友だちと遊んだりすることがあまりなく、高校生らしい“青春!”っていう感じを味わわずに地元を離れたのはちょっとだけさみしいかもしれません。でも、そんな青春時代があったからこそ、今の自分につながっているんだとも思っているんです」

18歳まで大分で過ごし、その後、大阪で就職したものの、ひょんなことから自らアイドルの道を進むことになった吉田さん。

「このまま仕事を続けていくか少し悩んでいた時期に、タイミングよく乃木坂46の3期生オーディションが開催されるのを知り、半分ノリと言いますか、ダメ元でやってみよう! と受けてみたんです。当時のメンバーに、同じく大分県出身の衛藤美彩さんがいたことも、励みになったと思います。10年前の自分が今の私を見たら、すごくびっくりするでしょうね」

憧れたアイドルの先輩たちと肩を並べ、今ではともに“夢を与える存在”としてステージに立つ吉田さんに、今後の展望について聞くと、「いつか大分でライブがしたいです!」と、いの一番に地元への想いが返ってきました。

かつてアイドルに憧れた彼女のように、大分の子どもたちに夢と希望を与えるために、吉田さんはこれからも輝き続けることでしょう。そして、大分凱旋の夢が叶ったそのときには、地元の温かい人情と熱い声援が、出迎えてくれるはずです。

乃木坂46・吉田綾乃クリスティーさん
Profile 吉田綾乃クリスティー

1995年大分県大分市生まれ。2016年より、乃木坂46 3期生。22年、舞台『フルーツバスケット』で主人公・本田透役を演じ話題に。ソロでも映画や舞台に出演するなど精力的に活動している。『東京パソコンクラブ』(毎週金曜深夜0時30分〜、BSテレビ東京にて放送。TVerなどで見逃し配信あり)に出演中。Instagram|@y.ayanochristie.official

※価格はすべて税込みです

credit text:西野入智紗 photo:網中健太 hair & make:PON styling:SHOCO