ラウンド当日は遅刻厳禁。スタート時間に遅れてしまうと全体の進行にも影響を及ぼします。ビギナーであれば勝手が分からず準備に時間がかかることも考えられるため、ゆとりを持った来場が必要でしょう。具体的にスタートの何分前に到着することが理想なのでしょうか。

30分前ではかなりギリギリ

 ラウンド当日は時間に余裕を持って自宅を出発し、遅刻することがないようにゴルフ場へ向かう必要があります。たった1組でも遅れてしまうと後続組に迷惑をかけるだけでなく、ゴルフ場全体の進行にも影響を及ぼしかねません。

「スタートの1時間前到着」が基本と教わったゴルファーも多くいるはず 写真:AC
「スタートの1時間前到着」が基本と教わったゴルファーも多くいるはず 写真:AC

 しかし、中には時間ギリギリに到着して、慌ただしくラウンドをスタートするゴルファーがいるのも事実。具体的にはスタートの何分前にゴルフ場へ到着することが理想なのでしょうか。

 池袋ゴルフアカデミー代表でレッスンプロの村井良行氏に詳しく話を聞きました。

「正直言うと、スタートの何分前までに着くのが理想かというのは人それぞれ違うところがあります。到着してスタート時間までゆっくりコーヒーを飲んでいる人もいれば、朝から練習に励んでいる人もいます」

「また、仲間と乗り合いで行く場合は他の人に時間を合わせないといけないので、スタート前に思い通りの時間を過ごせない人もいると思います」

「ただし……」と前置きしたうえで、スタートの30分前の到着では余裕がないと村井氏は言います。

「ゴルフ場が設定するスタート時間は、オナーがティーショットを打つ時間なので、せめてスタートの10分前にはティーイングエリア付近に集まる必要があります。受付、着替え、トイレなどを20分程度で終わらせる必要があるため、30分前の到着は結構ギリギリ。スタートまでの過ごし方が人それぞれ異なるとはいえ、やはり、1時間前の到着が無難かもしれません」

スコアアップを目指すならスタート前の練習は必須

スタート前のパッティング練習がその日のスコアを左右する? 写真:AC
スタート前のパッティング練習がその日のスコアを左右する? 写真:AC

 では、スタートまでの空いた時間をどのように過ごせばスコアアップに結びつくのでしょうか。村井氏は以下のように話します。

「早めに着いたらウオーミングアップをしっかり行ったほうが良いでしょう。理想は軽くストレッチをして体をある程度動かせるようにしてから、ボールを1カゴ(20〜30球)ぐらい打つといいです。その後はパターを重点的に練習するのがオススメです」

「ラウンドが月1回程度のアマチュアゴルファーだと、パターがしっかり当たらない方が多いです。特にロングパットは普段できないので、時間をかけて練習するといいでしょう。ロングパットの距離感をしっかり確認するだけでもスコアにいい影響を与えます」

 スタートまでの過ごし方は人それぞれかもしれませんが、どんなゴルファーであれ遅刻は厳禁。ラウンド当日は渋滞に巻き込まれる可能性なども考慮して1時間前の到着を目指し、余裕をもって自宅を出発しましょう。

LUIS FIELD