ゴルフライターの鶴原弘高が、メーカー各社の新製品の性能を検証する定例企画「ギアくら」。今回は、ブリヂストンの新しいドライバー3モデルを試打比較します。

独自のフェースミーリング技術は何が優れている?

 ブリヂストンの最新ドライバーには“バイティングフェース”が採用されていて、フェースの見た目がかなり特徴的です。これがセールスポイントにもなっているのですが、いったいどんな効果をもたらすのでしょうか。少し詳しめに説明しておきます。

左から「B2 HT」「B1 ST」「Bリミテッド B1 LS」
左から「B2 HT」「B1 ST」「Bリミテッド B1 LS」

 以前からブリヂストンは“接点の科学”と称して、インパクト時のボールとフェースの衝突現象で何が起きているのかを研究してきました。その結果として「B1 ST」「B2 HT」「Bリミテッド B1 LS」に採用されているのが、「スリップレス バイト ミーリング」という技術の最新バージョンです。

 ウェッジなどにおいては、フェースに刻まれている細かいミーリングはスピンを増加させる効果をもたらします。ところが、不思議なことにロフトが立っているドライバーなどでは逆の現象が起こり、ミーリングはスピンを減らす方向に作用します。ブリヂストンは、ここに目を付けたわけです。

 通常だとドライバーのスピン量を減らすために、ヘッドの設計手法として浅・低重心化が図られます。しかし、重心が浅すぎるとヘッド挙動が機敏になり、弾道の安定性を確保するのが難しくなるデメリットが生じるものです。

 フェース面のミーリングだけで低スピン化できれば、安定性を維持できるうえに、ヘッド重心設計の自由度も上がります。これが“バイティングフェース”を採用しているブリヂストンのドライバーの大きな強みです。また、ミーリングによってボールがフェース面上で滑りづらいことで、サイドスピンが減って直進性が高まる効果も期待できます。実は、これはすごい技術なのです。

「B1 ST」「B2 HT」「Bリミテッド B1 LS」の構えやすさは?

 最初に説明しておくと、「B1 ST」と「B2 HT」は通常販売のモデル、「Bリミテッド B1 LS」はカスタム対応の限定品です。ヘッドの性能的には「B1 ST」は強弾道を打てるモデル、「B2 HT」は球をつかまえやすい高弾道モデル、「Bリミテッド B1 LS」は低スピンを打ちやすいモデルとなっています。

左から「B2 HT」「B1 ST」「Bリミテッド B1 LS」の構えた見た目(縮尺は微妙に異なります)
左から「B2 HT」「B1 ST」「Bリミテッド B1 LS」の構えた見た目(縮尺は微妙に異なります)

 3つのモデルを構え比べてみると、「B2 HT」と「Bリミテッド B1 LS」は、従来のブリヂストンらしい丸形に近いヘッド形状。どちらもソールの据わりが良く、構えやすいヘッドです。「B2 HT」はライ角がアップライトになっていて、球をつかまえやすそうな顔つき。「Bリミテッド B1 LS」は、ひとまわりヘッドが小ぶりで、若干オープンフェースにも見えます。「Bリミテッド B1 LS」のほうは、人によっては打ちこなすのが難しそうにも思えるようです。

「B1 ST」だけは、構えたときの印象が少し異なります。フェース面が長く見えて、どことなくテーラーメイドのドライバーと雰囲気が似ています。こちらもソールの据わりが良くて、フェースの向きは完全にスクエア。多くのゴルファーが構えやすく感じそうなモデルです。

弾道計測しながら3モデルの性能をインプレッション

3機種の特性がくっきりと分かれる結果となった
3機種の特性がくっきりと分かれる結果となった

■試打クラブのスペック:B1 ST ドライバー:9.5度、VENTUS BS6(S)B2 HT ドライバー:9.5度、VANQUISH BS(50)Bリミテッド B1 LS:9度、SPEEDER NX BLACK 5(S)

「B1 ST ドライバー」弾道計測の結果は?

 これまでにない打音と打感が特徴的です。フェースでボールを包み込んだ後に、「ビシャーン!」という打球音とともにボールを弾き飛ばしているような爽快感があります。独特の球持ちの良さがあり、構えたときの面長なヘッドの印象よりも操作性がいいです。ヘッド挙動はそれほど機敏ではなく、ドローヒッターやフェードヒッターが自分の持ち球を打ちやすそうなモデルになっています。

 スピン量は少なめで、ST(ストロング・トラジェクトリー)というモデル名のとおりに強弾道を打ちやすいです。強めのアッパー軌道でインパクトすると、ヘッドスピード43m/sでキャリー240ヤードという驚きの数値も記録しました。オリジナルシャフト「VENTUS BS6」は、フレックスSでヘッドスピード40〜43m/sの人向け。カスタムシャフトのVENTUSシリーズほどのハードさはありません。

「B2 HT ドライバー」弾道計測の結果は?

「B2 HT ドライバー」は「B1 ST ドライバー」と同じロフト角でも打ち出し角が高くなり、スピン量も少しだけ多くなります。多いといっても2500回転前後に留まり、安定感のある高弾道を打ちやすいのが特長です。現代的な大型ヘッドですが、インパクト時にフェースが右を向きづらく、右に打ち出してしまうミスが出ません。人気のあった「JGRドライバー」の後継モデルとして位置づけられるヘッド性能。プッシュスライスに悩んでいる人には、とくにオススメしたいモデルです。

 オリジナルシャフト「VANQUISH BS」は、しなり量が多く、中間から先の動きも大きいタイプ。フレックスSでも対応ヘッドスピードは40m/s以下でしょう。試しにヘッドスピード38m/sで打ってみると、キャリーで190ヤード、ラン込みの総距離で220ヤードを計測しました。このヘッドスピード帯の人にとっては、飛距離性能も高いモデルです。

「Bリミテッド B1 LS」弾道計測の結果は?

 他の2モデルよりも小ぶりのヘッドですが、威圧感を覚えるほどではない絶妙な投影面積になっています。重心が浅く設計されているせいか、同じような力感で振っても筆者の場合はヘッドスピードが少しだけ上がっていました。

 ロフト角が9度という影響もありますが、打ち出し角は低く、かなりのロースピン弾道。普段から弾道が高い筆者が打っても、打ち出し角11度以下、スピン量が2000回転に満たないようなボールが連発します。あまりに低スピンなので、弾道計測器のトラックマンが誤計測してしまうくらい。「B1 ST ドライバー」と比べると、スイング中のヘッド挙動も機敏になり、スイングのミスにはシビアに反応します。ただし、オフセンターヒットでもボール初速が落ちづらい現代的な寛容性は備わっています。

構えやすさと飛ばしやすさ、ヘッドの調整機能も魅力の意欲作

 ブリヂストンの新作ドライバーは、構えやすく、飛ばしやすく、総じて良いモデルに仕上げられていると感じました。スライス傾向のゴルファーが使いやすい「B2 HT ドライバー」でも少なめのスピン量で安定して飛ばしやすく、「B1 ST ドライバー」は操作性と強弾道を兼ね備えています。カスタム販売品の「Bリミテッド B1 LS」は、いわゆるハードヒッター向けとなっていて、スピン量が増えやすいアスリートタイプのフェードヒッターが手にすると武器になりそうです。

 また、3モデルのヘッドはそれぞれウエート交換による調整機能も備わっています。今回の試打はスタンダードな状態で、シャフトは標準装着のものを使用していますが、組み合わせ次第では大多数のゴルファーにフィットしそうなポテンシャルがあります。今までブリヂストンのドライバーを選択肢に入れていなかったという人にも、ぜひ手に取ってほしい3モデルです。

試打・文/鶴原弘高つるはら・ひろたか/1974年生まれ。大阪出身。ゴルフ専門の編集者兼ライター。仕事のジャンルは、新製品の試打レポート、ゴルフコース紹介、トレンド情報発信など幅広く、なかでもゴルフクラブ関連の取材が多い。現在はゴルフ動画の出演者としても活躍中。ギア好きゴルファーの会員制コミュニティサイト『3up CLUB』(https://3up.club/)では、配信される動画のキャスター兼編集長を務めている。Instagram :tsuruhara_hirotaka

鶴原弘高