「丘陵」や「山岳」のゴルフ場には「打ち上げ」や「打ち下ろし」と呼ばれるホールがありますが、どのような特徴があるのでしょうか。

目線を常にフラットな状態にする

 ゴルフ場には、河川敷にあるような平坦で比較的難易度が低いところや、1ホールの間でも高低差がかなり激しい「山岳」といわれるビギナーには攻略が難しいところもあります。

練習場の2階の打席で自分の目線と平行の場所を目標にして真っすぐ打つようにすると「打ち上げ」「打ち下ろし」の練習になる 写真:AC
練習場の2階の打席で自分の目線と平行の場所を目標にして真っすぐ打つようにすると「打ち上げ」「打ち下ろし」の練習になる 写真:AC

 全体的に勾配がついているホールは、ティーイングエリアとグリーンの位置関係から「打ち上げ」や「打ち下ろし」と呼ばれ、上級者でも悩まされる人が多いといわれています。

 では、「打ち上げ」や「打ち下ろし」の特徴と注意すべき点には何があるのでしょうか。レッスンプロの山本昌夫氏は以下のように話します。

「ティーイングエリアから見て、グリーンが目線より高い位置にあるのが『打ち上げ』で、反対に低い位置にあるのが『打ち下ろし』と呼びます」

「一般的に『打ち上げ』はボールが早く落下するのを恐れて無理してボールを高く上げようとし、体が起き上がり気味になってしまいます。そのためクラブのフェースが開きやすくなりスライスする人が続出する傾向にあります」

「一方で『打ち下ろし』の場合、ターゲットが自分より下の位置になります。下にあるターゲットを見ようとして左肩が下がり、今度はヘッドの入射角が鋭角になってフェースがかぶりフックになる人が多いです。」

「しかし、どちらのホールでも打ち方は全く一緒で、目線を常にフラットな状態にすることが重要です」

「打ちっ放しの練習で『打ち上げ』『打ち下ろし』の練習をしたいのであれば、2階の打席を利用して自分の目線と平行の場所を目標にして真っすぐ打つようにすると良いでしょう」

「アマチュアの場合、広い練習場に行くとボールが描く放物線の頂点を注視しますが、『打ち上げ』では登り斜面になっているフェアウェイの一番上ではなくて中腹部分を、『打ち下ろし』では正面にある山などの高い目標物を目指して打つイメージをつかむことが無難だと思います」

クラブの番手を「打ち上げ」では上げて「打ち下ろし」では下げる

 またパー3の「打ち上げ」「打ち下ろし」では、どのような基準でクラブを選べばよいのでしょうか。山本氏は以下のように話します。

初心者は「打ち下ろし」ホールを好む傾向にある 写真:AC
初心者は「打ち下ろし」ホールを好む傾向にある 写真:AC

「仮にフラットなところで150ヤード飛ぶクラブであれば、『打ち上げ』だと着弾するタイミングが少し早まるので、通常よりも数ヤード飛距離は短くなるため番手を1つ上げる対策が必要です」

 「また『打ち下ろし』では、地面に落ちるまでに時間がかかるため数ヤード飛距離も長くなり、グリーンオーバーすることが多くなります。従ってクラブの番手を1つ下げることで、飛距離を調節する必要があります」

 傾斜がそれほど急でなければクラブの番手を変える必要はなく、スイング幅やグリップ位置で数ヤード分の調節ができます。

 ビギナーはあまり飛距離が出ない人が多いため、着弾した後も下り坂で距離を稼げる「打ち下ろし」を好む傾向にあります。

 一方で上級者は、ボールの滞空時間が長くなる「打ち下ろし」を嫌がる傾向があります。風の影響を受けやすく、真っすぐ飛んでいたボールが横に流されることもあるため上級者ほど不確定要素の少ない「打ち上げ」を好む傾向があるそうです。

「打ち上げ」や「打ち下ろし」を見ると、高低差や斜面の見た目からバランスの悪い間違った打ち方になりがちです。クラブの番手を変える工夫や、「目線やスイングの仕方はいつも通り」と意識することが攻略の近道といえるでしょう。

ピーコックブルー