プロゴルファーの青木瀬令奈(あおき・せれな)が自身のインスタグラムを更新。1993年生まれの同級生・葭葉ルミ(よしば・るみ)からプレゼントをもらったことを明かしました。

「いつも励みさせてもらってるよ」

 女子プロゴルファーの青木瀬令奈が自身のインスタグラムを更新し、ツアーを共に戦う“同級生”との2ショット写真を公開しました。

1993年生まれの同級生でもある青木瀬令奈(左)と葭葉ルミ(右) 写真:Getty Images
1993年生まれの同級生でもある青木瀬令奈(左)と葭葉ルミ(右) 写真:Getty Images

 きょう開幕した国内女子ツアー「伊藤園レディスゴルフトーナメント」。青木は初日を菊地絵理香、菅沼菜々と同組で回り、今季2勝目を目指す新たな戦いが始まりました。

 そんな中、試合前日の9日にアップした投稿で青木は「プレゼントもらいました」「ありがとーう」と、同じ1993年生まれの同級生・葭葉ルミからプレゼントをもらったことを報告。

 また、青木は「実はルミはゴルフ始めてから初めてできたゴルフのお友達」と明かし、さらに「7歳か8歳の時にジュニアレッスン会で同じ班になったのがきっかけで家族ぐるみで泊まりに行ったりしたね」と親交を深めたきっかけを語りました。

 続けて「20年以上の付き合いでこうしてお互い第一線で共に戦えてることに感謝」「いつも励みさせてもらってるよ」と感謝を伝え、最後に「まだまだ30歳!」「これからも共に頑張ろうね」と葭葉へメッセージを寄せた青木。

 投稿には手渡されたプレゼントの袋を手に、カメラに向かって満面の笑みを浮かべる青木と葭葉の2ショットが公開され、2人の固い絆が垣間見えるこの投稿に、ファンからは「すてきな関係」「仲間ってイイですね」「友達って宝物」「最高の2ショット!」などのコメントが寄せられています。

青木 瀬令奈(あおき・せれな)

1993年2月8日生まれ、群馬県出身。昨年「宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」で4年ぶりとなるツアー2勝目を挙げ、全英女子オープンに初出場。また、2022年に発足した「JLPGAブライトナー」と銘打った新制度で、大里桃子、勝みなみ、申ジエ、原英莉花、吉田優利とともに初代「ブライトナー」に就任。ツアー通算4勝。リシャール・ミル所属。

e!Golf編集部