ゴルフを嗜(たしな)む社会人であれば会社の上司や先輩、または取引先などからラウンドに誘われることもあるでしょう。しかし、腕前に自信がなくラウンド経験も浅いビギナーであれば「自分が迷惑をかけてしまうのでは…」と不安に思うこともあるはずです。ラウンドに不慣れなビギナーであっても、上手に立ち回る方法はあるのでしょうか。

積極的な質問と正しい声がけでコミュニケーションを

 上司や先輩など目上の人とのゴルフはいつも以上に緊張しますし、ビギナーであればなおさら不安な気持ちでいっぱいです。ゴルフには厳格なマナーやルールが存在し、「自分が迷惑をかけてしまわないか…」と心配に思う人もいるでしょう。

ゴルフを通じて上司との距離がグッと縮まることも 写真:AC
ゴルフを通じて上司との距離がグッと縮まることも 写真:AC

 では、目上の人とのラウンドの場合、どのように立ち回ることがベストなのでしょうか。レッスンプロの川端いっせい氏に話を聞きました。

「ゴルフ歴の浅いビギナーであれば、上司や先輩にいろいろと質問するといいでしょう。ネット上の情報でも構わないので、事前にゴルフの知識を得て質問するのもありですね」

「相手がゴルフ好きな人なら、ゴルフのことについてたくさん知識を持っていると思いますし、いろいろと語りたいはずです。積極的に質問して会話を重ねれば、親交も深まるでしょう」

 そのほかにも、自分のスイングの悩みを打ち明けてみたり、コースを回っている中でよく分からなかったマナーやルールをその場で聞いてみるのも一つの手です。ラウンドで打ち解けて上司や先輩と楽しく会話ができるようになれば、ゴルフ以外のところで思いがけない共通点が見つかるかもしれません。

 また、川端氏は「ラウンド中のかけ声にも注意が必要です」と言い、以下のように話を続けます。

「ゴルフ歴の浅いビギナーがまず心がけたいのは、ショットを打った瞬間に『ナイスショット』と発することですね。例えば、ティーショットを打った後フェアウェイにボールが止まってからでも遅くないので、『今のショット良かったですね』などと打球の行方をきちんと把握してから感想を伝えるようにしましょう」

「コース上で時々、OB方向に飛んだショットにもかかわらず『ナイスショット!』と叫んでいるゴルファーの姿を見受けますが、これは悲惨な光景ですね」

最低限のルールとマナーは事前に習得を

分からないことは聞いてもOKですが自分で学ぼうとする姿勢も大切 写真:AC
分からないことは聞いてもOKですが自分で学ぼうとする姿勢も大切 写真:AC

 さらに川端氏は「同伴者がショットを打とうとしているタイミングで動いたり、無意識とはいえ、人のパッティングのラインを踏んでしまうような行為も、ビギナーはやってしまいがちなので気をつけて行動してほしいです」と注意を促します。

 ラウンドの際に失礼のないよう、最低限のルールやマナーを学んでおくことはもちろん必要ですが、相手が上司や先輩であっても自分が楽しむ気持ちを忘れてはいけません。

 ラウンド中は普段なかなか話す機会がない目上の人と会話ができるチャンスでもあります。ゴルフを楽しんでいる様子が相手に伝われば、次のラウンドに誘ってもらえる可能性も高まりますし、気軽に声をかけてもらえる存在になれば、仕事でもコミュニケーションが取りやすくなるはずです。

 目上の人とのゴルフであれば、周囲への気配りやスマートな振る舞いをより強く意識してラウンドに臨む心がけが、何より大切であると言えるでしょう。

LUIS FIELD