日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のX(旧ツイッター)が更新され、「大王製紙エリエールレディス」2日目の16番パー3で放った桑木志帆(くわき・しほ)のスーパーショットが動画で公開されました。

「16番で桑木志帆がもう少しでホールインワンかというスーパーショットを披露」

◆国内女子プロゴルフ<大王製紙エリエールレディスオープン 11月16〜19日 エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県) 6575ヤード・パー71>

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のX(旧ツイッター)が更新。桑木志帆のスーパーショットが動画で公開されました。

2日目を67で回った桑木志帆はトータル4アンダーでホールアウト(写真は初日) 写真:Getty Images
2日目を67で回った桑木志帆はトータル4アンダーでホールアウト(写真は初日) 写真:Getty Images

 11月16日に開幕した国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」。桑木が大会2日目の16番パー3で放ったティーショットに注目が集まっています。

 ここまでスコアを3つ伸ばして迎えた16番ホール。美しいスイングから力強く放ったティーショットは、グリーンをしっかり捉えてピン奥に着弾。桑木の代名詞ともいえるイエローのボールは、その後ピン方向へ転がるもカップのわずか手前で止まり、惜しくもホールインワンとはならず。

 Xには「16番で桑木志帆がもう少しでホールインワンかというスーパーショットを披露」と紹介された実際の映像が公開され、ギャラリーからは大きな拍手とともに「入れ! 入れー!!」と思わず絶叫する声が。誰もがホールインワンを期待した一打を放った桑木は、その後のパットを難なく沈めて、このホールで見事バーディーを奪いました。

 桑木は2日目を5バーディー、1ボギーの67で回り、トータル4アンダーでホールアウト。首位と7打差の25位タイにつけ、明日から行われる決勝ラウンドに挑みます。

桑木 志帆(くわき・しほ)

2003年1月29日生まれ。岡山県出身。21年6月に実施されたプロテストに合格してプロ入り。同年の新人戦「加賀電子カップ」で優勝を挙げている。今シーズンは「ブリヂストンレディス」(3位タイ)、「北海道meijiカップ」(2位)、「CAT Ladies」(3位)、「TOTOジャパンクラシック」(2位タイ)などの活躍。「資生堂レディスオープン」ではプレーオフに進出するなど、初優勝に最も近い選手の一人。岡山御津CC所属。

e!Golf編集部