今季も大活躍した岩井姉妹が使用するヨネックス。超軽量ドライバーとして発売中の「Royal EZONE」にも、独自の「CNC縦ミーリングフェース」や「インコアグルーブ」といったテクノロジーが採用されています。そこで、シニアゴルファーでもある筒康博(つつ・やすひろ)コーチがコーステストしました。

抜群の食いつきで右が怖くなくなる

 今季ツアーで大活躍した岩井姉妹が使用するヨネックスのギア「EZONE GT」シリーズ。その軽量プレミアムモデルとして発売されているのが「Royal EZONE」ドライバー。

 彼女たちの大きな飛距離と高い精度を支えたヨネックス独自の「CNC縦ミーリングフェース」と、オフセンターヒット時でも高い反発性能を誇る「インコアグルーブ」が「Royal EZONE」ドライバーにも採用されていて、シニアや女性ゴルファーに人気となっています。

ヨネックス独自テクノロジー「CNC縦ミーリングフェース」や「インコアグルーブ」を採用した超軽量ドライバー「Royal EZONE」の実力は?
ヨネックス独自テクノロジー「CNC縦ミーリングフェース」や「インコアグルーブ」を採用した超軽量ドライバー「Royal EZONE」の実力は?

 シニア向けのドライバーといえば「つかまって上がる」一方で、「シャフトが軟らかいから手打ちになる」などネガティブな評価も目立ちます。

 ヨネックス「Royal EZONE」ドライバーは、Rフレックスでもしっかりした振り心地で「つかまって上がる」だけでなく「力強さ」も兼ね備えた新しい超軽量ドライバーになっていました。

 コース試打をとおして体感した特長と、どんなゴルファーに相性がいいのかを検証していきます。

「しなり戻る」振り心地としっかりインパクトできる純正シャフト

「Royal EZONE」ドライバーは、クラブ総重量257グラム(Rフレックス)の超軽量モデル。しかし、ただ軽いわけではなく(バランスはD2)各パーツの軽量化によって全体をバランスよく軽くしている。

 一般的に「軽量ドライバー」と呼ばれる280グラムよりも大幅に軽い理由は、ヘッドとグリップの軽量化が大きく寄与しているから。もちろん純正シャフトも軽量(Rフレックス39グラム)ですが、他競技のカーボンラケットで得た技術力を活かした剛性技術がふんだんに盛り込まれています。

切り返しからダウンスイングでは「しなり戻る」振り心地ながら、力強いインパクトができる純正シャフト
切り返しからダウンスイングでは「しなり戻る」振り心地ながら、力強いインパクトができる純正シャフト

 通常、ヘッドスピードが遅い人向けのシャフトは軽くて軟らかい反面、ブレたりねじれたりするため不安定な振り心地のものが多くありました。

 しかし、「EZONE GT」ドライバーの純正シャフトと同等の先端剛性にすることで、しっかりしたインパクト挙動を得ながら、切り返しからダウンスイングにかけてはタメを感じられる「軽量シャフト」に仕上がっています。

 コースではRとSRフレックスのどちらも試打しましたが、バックスイング中にヘッドがブレる感覚は全くありません。しかも切り返しでの「しなり戻り」がスムーズで、スピードアップを実感できました。

 クラブ総重量からイメージできる全体的な軽さより、「ヘッドの重さ」をしっかり感じられるバランスに驚きました。「超軽量クラブは手打ちスイングになる」という言葉は「Royal EZONE」ドライバーには当てはまらないと感じました。

真っすぐ見えるのにドローバイアスになっている

 このカテゴリーのドライバーにありがちな「ドローバイアス」は、ライ角がアップライトだったりフックフェースなことが多いです。

 しかし「Royal EZONE」ドライバーのライ角は57.5度、「真っすぐ見える」安心感のある投影面積のヘッドです。

真っすぐ見えるのに抜群の食いつきと軽快なスピードのインパクトで最適なドローバイアスヘッドになっている
真っすぐ見えるのに抜群の食いつきと軽快なスピードのインパクトで最適なドローバイアスヘッドになっている

 ところが、ショットすると軽いヘッドの効果でスピード感のあるインパクトで、高弾道なドローボールが軽快に打てました。

 超軽量ドライバーには「軽いだけで力強さがない」というイメージがつきまといますが、「Royal EZONE」ドライバーにその心配は全くありませんでした。

 ヘッドスピード40メートル/秒以下で「もっとスイングスピードをアップしたい」「飛ばしたいけど物足りないシャフトは嫌」というゴルファーなら、軽さと力強さを兼備した「Royal EZONE」ドライバーがピッタリだと思いました。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

猿場トール