同伴者の行為に嫌気が差して、ラウンドが苦痛に感じた経験はないでしょうか? また、自分自身は大丈夫と思っていても、気づかぬうちに相手から嫌われるような行動を取っているかもしれません。一体どのようなことに気をつける必要があるのでしょうか。

ゴルフは人間性が垣間見えるスポーツ

 ラウンドでは半日以上の時間を同伴者と共に過ごすことになるため、ゴルフはプレーヤーの人間性が出やすいスポーツとも言われています。

 そのため、同伴者とは良好な関係を築いて楽しくラウンドしたいところですが、中には時間にルーズだったり、言い訳やネガティブな言動が目立つゴルファーも少なからず存在します。一方で、自分自身は普通にプレーしているつもりでも、無意識のうちに取ってしまった行動が相手を不快にさせているケースも。

「この人とは二度と一緒に回りたくないな…」と思われてしまう同伴者の行動には、どのようなものが挙げられるのでしょうか。レッスンプロの村井良行氏に話を聞きました。

ゴルフがきっかけで友人関係に亀裂が…なんてことは避けたいはず 写真:AC
ゴルフがきっかけで友人関係に亀裂が…なんてことは避けたいはず 写真:AC

「すでにアドレスに入っているにもかかわらず、近くでしゃべり続けている人は論外ですね。ゴルフはすごく繊細なスポーツなので、集中力がほんの少し途切れたりするだけでミスにつながり、その後のプレーに大きな影響を与えます」

「良識あるゴルファーならその点は重々理解しているはずなので、どんなに話が盛り上がっていても場の空気を読んで静かにするのが正しい行動です」

 また、村井氏は「パッティングの際に自分のラインを読むのに必死になり、人のラインを踏んでしまう人が結構います」と指摘し、続けて「お先パットのときにも人のラインを踏んでしまう人が結構多いです。無理な体勢を取らないといけない場面では、マークしたほうが無難でしょう」とシビアなプレーが要求されるグリーン上でのマナーの大切さを訴えます。

 さらに村井氏は「スロープレーには特に気をつけなければなりません。ゴルフ場全体の進行に影響を与えるだけなく、あまりにもひどいと同伴者からも嫌がられてしまう行為です」と言い、以下のように話を続けます。

「中には、明らかにOBだと分かるボールをずっと探し続けている人がいます。そういう人に限って『おかしいな…OBまでいく球ではないんだけどなあ』などと言うことが多いですね。自分のボールを探したい思いよりも、進行を気にしてスパッと諦められる人のほうがすてきだと思います」

 その他にも、自分が打ちやすいように勝手にボールを動かしたり、見失ったボールをあたかも発見したかのように振る舞う不正行為や、スコアの虚偽申請をする人も一緒にプレーしたくない代表例と言えるでしょう。

 これらのことについて村井氏も「不正や虚偽にみんなが気づいてないと思っているのは本人だけで、気づいている同伴者も意外と多いでしょう」と苦言を呈しています。

同伴者がどんなに親しい間柄でも配慮とマナーを忘れずに

仲間とのラウンドは最高に楽しいものです 写真:AC
仲間とのラウンドは最高に楽しいものです 写真:AC

 一緒に回りたくないと思われてしまうゴルファーの多くは、周囲への配慮が足りない人です。「同伴者のボールを一緒に探さない」「カートで携帯電話をずっと操作してる」などの行動が挙げられますが、ラウンドを目いっぱい楽しむためには同伴者との協力が欠かせないのです。

 村井氏は「自分のプレーにイライラして同伴者を不快な思いをさせたり、クラブに八つ当たりしたりと自分をコントロールできないようなゴルファーは、一緒に回りたくないと思われても仕方ありません。人や物に優しく接することが“好かれるゴルファー”の第一歩だと思います」と言い、ゴルフ以前に人間性が重要であると語ります。

 ラウンド中に接する機会の多い同伴者だからこそ、良い面や悪い面が見えてしまう場面もあるでしょう。「またこの人とラウンドしたい!」と思ってもらうためには、自分勝手な行動を慎み、他者への配慮やマナーを守ってプレーする意識が大切です。

 付き合いの長い友人とのラウンドだからといって油断は禁物。同伴者がどんな間柄の人であろうと、ラウンド中はマナーを守った振る舞いが全てのゴルファーに求められるのです。

LUIS FIELD