最終ホールで「これ入れたら100切り」などの大事な場面で、短いパットを「確実に入れる方法」はあるのでしょうか。PGAティーチングA級・横山健司プロがカップイン確率を上げる「惜しいパット」を増やすための2つの方法を伝授してくれました。

大事な場面で短いパットを確実に入れる方法は「ない」

 生徒さんとのラウンド会でも、最終ホールで「これを入れたら100切り達成!」という状況はよくあります。しかし「入れごろ」の短いパットは「外しごろ」でもあるので、簡単には決まりません。

「入れごろ」の短いパットは「外しごろ」なのは今も昔も変わらず。そんな短いパットでは事前にやらなければいけないことがある
「入れごろ」の短いパットは「外しごろ」なのは今も昔も変わらず。そんな短いパットでは事前にやらなければいけないことがある

 こんな場面の後には「確実に入れる方法を知りたい」という質問を受けることがありますが、大事な場面の短いパットを確実に入れる方法はありません。しかし、「確実に入れる方法」は習得できなくても、大事な場面で入る確率を上げることは誰にでもできます。

 つまり大事な場面でなくても、短いパットが「入ってもおかしくない」または「惜しい」といえるプレーを作る準備をして欲しいと思います。

入る確率を高めるアドレスはラインと体が平行な方がいい

 大事な場面での短いパットのカップイン確率を高くする方法で、最初に意識したいのはアドレスです。

体とボールが転がるラインがバラバラより(左)、なるべく体のラインを平行に構える方(右)が入る確率は高くなる
体とボールが転がるラインがバラバラより(左)、なるべく体のラインを平行に構える方(右)が入る確率は高くなる

 ボールの出球方向と体の各ラインをできる限り平行にそろえることです。短いパットはボールが転がる方向と体の方向がバラバラでも、インパクトさえ狙ったところに打ち出せればカップインできます。

 しかし、よりカップイン確率を高くするには、当たり前の話ですが平行なラインを多くした方が合理的です。

 仮にカップインしなくても、周りから見て「入ってもおかしくなかった」「惜しい」というパットを常に行うことが重要なのです。

下半身がグラグラしない「力の入れ方」がある

 もう一つは、短いパットを打つ際でもしっかり「芯に当てる」ことが重要です。そのためには下半身がグラグラしないことが必須ですが、ここがプロとアマチュアで一番違うところかも知れません。

 どうしても下半身が動いてしまう人は、ツマ先を内向きにして両足の外側に力を入れる立ち方をしてみるのもいいでしょう。

ツマ先を内向きにして両足が外側に広がるような力の入れ方にすると、下半身がグラグラせずフェースの芯で当てやすくなる
ツマ先を内向きにして両足が外側に広がるような力の入れ方にすると、下半身がグラグラせずフェースの芯で当てやすくなる

 左右の足に根が張ったようになり下半身がグラグラしなければ、短い距離のパットなら十分に芯に当たるはずです。

 確実に入れたいという気持ちは理解しますが、必要以上に自分にプレッシャーをかけず「やるべきこと」をまずはやってみてください。そして、仮に入らなくても「惜しかった」といえるパットを繰り返してください。

【解説】横山 健司(よこやま・けんじ)

日本大学櫻丘高校では野球部に所属、日本大学経済学部時代には高校野球部で指導。24歳でゴルフを始め、2010年に「ヨコヤマ・ゴルフスクール」を開校。現在200名以上のスクール生を指導するかたわら、FMさがみで「横山健司のちょいとゴルフをしませんか」のパーソナリティーや「インドアゴルフレンジKz亀戸店」でヘッドティーチャーも務める。

猿場トール