芝が薄かったり体の動きが悪くなるなど、冬のゴルフではスコアを崩す要素が増加します。そんな難しい冬ゴルフで有効なのが「冬用セッティング」です。そこで、具体的な「冬用セッティング」についてゴルフフィールズユニオンゴルフ店の店長・小倉勇人さんに話を聞きました。

冬用クラブを用意するなら「軽く」じゃなくて「軟らかく」

 ついこの間までは夏のように暑かったのに、気がつけば「涼しい」をとおり過ぎて「寒い」になりつつあるこの季節。本格的な冬はもうすぐです。

 冬は体が動かなくなってボールは飛ばなくなるし、芝も薄くなってゴルフは難しくなります。そんな冬に向けて、「冬のゴルフに適したクラブ」はあるのでしょうか。ゴルフフィールズユニオンゴルフ店の店長・小倉勇人さんに聞いてみました。

 よく「冬はクラブのスペックを下げるといい」という話を聞いたことがあると思います。寒さで体は動きにくいし、厚着をすればさらに助長されます。そのため夏と比べてスピードも落ちるので「振れなくなる」のは確かです。

正しい「スペックダウン」ができれば、冬ゴルフでのパフォーマンスダウンを最小限にすることができる 写真:AC
正しい「スペックダウン」ができれば、冬ゴルフでのパフォーマンスダウンを最小限にすることができる 写真:AC

 寒いとボールも硬くなり飛ばなくなる、ということもあります。可能ならば寒さに合わせてスペックダウンするというのは合理的、と小倉店長はいいます。

「冬でもパフォーマンスの低下を抑えたいのであれば、クラブのスペックダウンは有効です。ただしその場合、クラブを軽くするのではなく、重さはそのままでシャフトを軟らかくすることをオススメします」

「寒さで体が動かない状態でクラブ重量を軽くしてしまうと、より動きが浅くなり手打ちになるなどのデメリットが生じるリスクがあります。重さはそのままで、シャフトの動きを感じやすく球が上がりやすくなる、フレックスダウンのほうがいいでしょう」(小倉店長)

 しかし、ドライバーなら冬用にやわらかい交換用シャフトを用意するという手はりますが、アイアンを全部リシャフトするというようなことは、コストを考えてもあまり現実的ではないかもしれません。

 また芝が薄く地面が硬い冬は、ソールが広すぎるアイアンやバンスの大きすぎるウェッジはソールが跳ねるリスクがあるといいます。だからといって夏用と冬用でアイアンを2セット用意するというのは厳しいかもしれません。

 その点では、アプローチに使うウェッジのうち1本をバウンスが少ないものにしておき、芝が薄かったり地面が硬い場所ではそちらを優先的に使うという工夫はアリかもしれません。

転がしで使いやすい「チッパー」や「UT」でのアプローチも有効

 それよりも、冬のゴルフで悩んでいるのであれば、セッティングにチッパーを増やすのがオススメだと小倉店長はいいます。

「芝の勢いが弱く地面が硬い冬は、やはり転がしがすごく有効なんです。そこで圧倒的にやさしいのがチッパーです」

冬のアプローチで絶対に活躍する「チッパー」。使って見ればその「便利さ」に驚くはず
冬のアプローチで絶対に活躍する「チッパー」。使って見ればその「便利さ」に驚くはず

「グリーン周りでストレスなく転がせる場面が増えますし、場合によってはグリーンまで50ヤード以上あっても転がして寄せることができたりします。『初心者向けのお助けクラブだからカッコ悪い』と敬遠する方も多いですが、使ってみるとやさしさ、便利さに驚くと思います。グリーン周りに不安を感じている人は、偏見を捨てて検討してみてはいかがでしょうか」(小倉店長)

 転がしという点では、ユーティリティー(UT)でのアプローチも非常に有効だという。ただし、フェースの弾きが強く、慣れないと飛びすぎるケースが多いので少し練習をして慣れる必要はあるといいます。

 冬のグリーン対策には、パターを2本用意して、コースによって使い分けるのがオススメだと小倉店長。

「冬のグリーンは、芝が刈れないのでスピードが重くなりがちですし、霜などでさらに転がりが悪いことが多い一方で、乾燥してツルツルと高速になる場合もあって両極端です」

「これに対応するために、遅いグリーン用と速いグリーン用の2本のパターを用意しておいて、朝のパッティンググリーンの状況で使い分けると、対応できずにボロボロになるようなケースは減らせるのではないでしょうか」(小倉店長)

 重いグリーンでは、しっかり打てて転がりのいいパター、高速グリーンでは繊細にコントロールできて転がりすぎないパターが合うとのことですが、具体的な性能については人それぞれ。

 たとえば軽いパターは手を使って強くヒットできるので重いグリーンで使いやすいという人もいえれば、繊細に操作できるので高速グリーンで使いやすいという人もいます。

 そこは自分でいろいろ試してみて、「そっと打てるパター」「しっかり打てるパター」を見極めることが必要かもしれません。

鈴木康介