「打ちっぱなし」とも表現されるゴルフ練習場ですが、多くのゴルファーが真剣に練習に取り組んでいるため、全ての利用者にはマナーを守った行動が求められます。どのような点に気をつけて利用すべきなのでしょうか。

横柄な態度をとるベテランの姿も

 腕前を磨こうと日々多くの人が訪れるゴルフ練習場。ゴルフ場のような厳しいドレスコードもないため、これから本格的にゴルフを始めようとしているビギナーの姿も多く、気軽に訪れることができる場所ではありますが、練習場にも守るべきマナーがあります。

 ゴルフ歴の浅いビギナーが練習場を利用する際の注意すべきポイントを、レッスンプロの小池勝利氏に聞きました。

マナーを守った利用が実のある練習につながる 写真:AC
マナーを守った利用が実のある練習につながる 写真:AC

「見たり聞いたりするマナー違反の中でも“音”に関するものは非常に多いですね。仲のいいビギナー同士で来場して、ワイワイ会話している姿をよく目にします」

 さらに小池氏は「これは私自身の話ですが、よほどうるさければ注意することもあります。特にビギナーの頃はマナーを覚えることも大事ですし、指導者としてゴルフに携わっている以上責任があると思うので…」と語りますが、一般の利用者であれば直接注意するのは避けたほうが無難です。

 相手と思わぬトラブルに発展してしまう可能性もあるため、自身の練習に支障をきたすような迷惑を被っている場合は、練習場のフロントに相談して対応をお願いするようにしましょう。

 また、練習場でのマナーについて小池氏から「ビギナーは注意を受ければ直してくれることがほとんどなのでまだいいですけど…」と気になる一言が。

「ほとんどのゴルファーはきちんとマナーを守って練習場を利用しています。しかし、一部のベテランの中には常連だからといって打席を長時間占領したり、大声で電話をしたりと横柄な態度をとっている人も目にします」

 マナーに反した行動をとっているのはビギナーだけでなく、ルールやマナーを十分理解しているはずのベテランゴルファーの中にも残念ながら存在するようです。

近年増えている問題はスマホでの撮影マナー

スマホでの撮影マナーに要注意 写真:AC
スマホでの撮影マナーに要注意 写真:AC

 小池プロは続けて「最近増えているマナーの問題として『スマホでの撮影』もよく耳にする」と言います。

「今はカメラの性能も高く、スマホは上手に使えばすごくいいツールです。特にスローモーションで自分のフォームをチェックできるなんて、昔は考えられませんでしたから」と撮影のメリットを語りつつも、「ネットに投稿された画像や動画に、知らず知らずのうちに自分が映り込んでいたという話もあります。たとえ悪気がなかったとしても、映されたほうは嫌な気持ちになるのは当然です」と指摘します。

 課題を客観的に見いだすためにも、スマホのカメラで撮影して自分のスイング軌道や体の動きを見ることは有益ですが、小池プロは「意図していなくても、他人が映り込んでしまうことで不快な思いをさせてはいけません」と言い、「カメラの画角に人が映り込まないことを確認したうえで、撮影するようにしてください」と注意を促します。

 腕前を問わず多くのゴルファーが訪れ、ゴルフ場よりも身近な練習場ですが、ラウンド時と同様に他のプレーヤーへの気遣いが必要です。練習場にもこのように守るべきマナーが存在しますが「知らなかった…」で済まされることではありません。

 ゴルフを始めるうえでビギナーがマナーを覚えるのは大切なことですが、ベテランゴルファーも「最近の若いもんは…」と言う前に自らの行動を振り返ってみましょう。利用者全員が快適に練習できるようにするためにも、マナーを守った行動と周囲へ配慮する気持ちが重要であると言えそうです。

LUIS FIELD