せっかくコースに出るのなら、少しでもいいスコアで回りたいと思うのがゴルファーの性ですが、あまりにも慎重になりすぎると進行が遅くなってしまうことも。ビギナーが特に陥りやすいスロープレーですが、どのような点に注意すべきなのでしょうか。

ビギナーの多くはスイングの「リズム」が悪い?

 ミスショットをしたくない気持ちから、一打一打にかける時間が長くなってはいませんか? プレーファストが推奨されるラウンドでは、自身の行動が同伴者や後続組、さらにはゴルフ場全体の進行を遅らせている可能性があります。

ビギナーのミスショットは焦りから生まれることも 写真:AC
ビギナーのミスショットは焦りから生まれることも 写真:AC

 特にビギナーはラウンドに不慣れであることに加え、ショットもなかなか定まらず多くの打数を要してしまうため、スロープレーに陥りやすいとも考えられます。レッスンプロの小池勝利氏は、このことについて以下のように話します。

「ビギナーは練習時間が足りていない人が多いと感じます。練習を積み重ねて体にスイングが身についていれば悩む必要はありませんが、多くのビギナーはアドレスに入る直前まで、細かな動作確認をしてしまう傾向にあります」

「多くのビギナーを指導してきましたが、ショットに時間をかけてしまう生徒がよくいました。彼らの共通点として“リズム”が悪い点が挙げられます。あらゆるスポーツにおいてリズムは重要な要素の一つですが、ゴルフでも同じことが言えるでしょう」

 また、小池氏は「プレーファストを意識しすぎるあまり、焦ってショットを打つことは避けるべき」と言い、スイング時のリズムの重要性を以下のように話します。

「安定したリズムを生み出すためには、自分なりのルーティンを作ることが有効。一定の流れでアドレスに入る癖が身についていれば、平常心を保つことができるはずです」

「スイングの再現性は反復練習でしか身につかないので、ラウンドでは無心で打つようにしましょう。これは何も考えずにラウンドするという意味ではなく、自然体で打って出た打球の方向や曲がり方から課題を見つけて、それを練習することで克服していこうという考え方です」

慣れるまではベテランやキャディーと一緒にラウンドを

経験者の助けを借りながらラウンドを 写真:AC
経験者の助けを借りながらラウンドを 写真:AC

 ビギナーはラウンド中のさまざまな場面で時間を要してしまう傾向にありますが、スムーズに進行するためにはどのようなことが必要なのでしょうか。小池は以下のように話を続けます。

「ビギナーであれば当然ですが、経験則に基づいた“判断”ができません。例えば、アイアンであれば距離や芝の状況を鑑みてクラブを選ぶ必要がありますし、グリーン上ではラインを正確に読もうとかなりの時間をかけてしまいます」

「このような“判断”ができるようになるまではベテランと一緒に回ったり、キャディーつきのプランでプレーするのがいいでしょう。経験を積むことができるうえに、状況に応じた適切なアドバイスをもらえますし、クラブ選びや距離感に悩むことが少なくなるので、時間も大幅に短縮できるはずです」

 このように、ビギナーがスロープレーに陥ってしまう原因の一つには、経験の少なさによる「迷い」によって生じることが挙げられます。

「プレーファスト」はゴルファーの腕前を問わず、全てのプレーヤーに求められるものです。ビギナーのうちは技術を磨くことも重要ですが、経験を積むためにもベテランやキャディーの助けを借りて、ラウンドをスムーズに進行させる心がけも同じくらい大切なことであると言えるでしょう。

LUIS FIELD