「アンコンシャスバイアス」とは、物事や行動に対して無意識に持っている思い込みのこと。ゴルフでも勝手なイメージや印象で「こうだ!」と思い込んでしまうことがたくさんあります。ゴルファー、スイング、ギアを幅広くウォッチしている筒康博コーチに、現代ゴルファーがアップデートすべき「アンコンシャスバイアス」について話を聞きました。

ビギナーや女性ほど意外と「進行マナー」はいい

「アンコンシャスバイアス」とは、物事や行動に対して無意識に持っている思い込みのことです。どんな事象にも例外もありますが、ベテランゴルファーがイメージや印象だけで持っている「アンコンシャスバイアス(無意識の思い込み)」は、すべてが正しいワケではありません。

ゴルファーが持つ「アンコンシャスバイアス」は、頑固なベテランに多い
ゴルファーが持つ「アンコンシャスバイアス」は、頑固なベテランに多い

 例えば「若いビギナーや女性ゴルファーはプレーが遅くマナーが悪い」というイメージは、実際にゴルフ場に行っている人やゴルフ場関係者から話を聞くと「むしろ逆」。マナーが悪いのはスコアに固執している上級者や年配者の方が多いそうです。

「若い」「ビギナー」だからこそ「自分たちはヘタ」という意識が強く、経験から来るきめ細かい所作こそないもののネット情報には十分にアンテナが張っているため、「嫌われるゴルファーにならない」行動をとる人を実際に多く見かけます。

 一方、ごく一部のベテランの中には「自分基準」でラウンドするため、周りへの配慮に欠けてしまったゴルファーがいます。

 渋滞時でも「大声量」で話し、カートマナーが欠落したベテランや、前の組がセカンドショットを待っていても「どうせ届かないから」とティーショットを打ってしまう人などです。

 しかし、ゴルフ場にとっては長年利用してくれているお客様なので、ケンカになってまで注意できないのが実情です。

腕前やカテゴリーでクラブ選びをしていませんか?

 クラブやボールなどのギアに関しても、「アスリート向け」「アベレージ向け」といったカテゴリー分けや、「高価なモデルはシニア向け」「安価なモデルは若い人向け」などがあり、こういったイメージも「アンコンシャスバイアス」なのかも知れません。

「アスリート向け」「アベレージ向け」といったカテゴリー分けがあるが、実際の販売現場ではフィッティングと予算のバランスでゴルファーが自ら選んで購入している
「アスリート向け」「アベレージ向け」といったカテゴリー分けがあるが、実際の販売現場ではフィッティングと予算のバランスでゴルファーが自ら選んで購入している

 最近では若いビギナーが早い時点で大手メーカーのフラッグシップモデルのフルセットを購入したり、フィッティングしてカスタムシャフトを装着してプレーを楽しんでいることも真実。その一方で、古いクラブや安価なディスタンス系ボールを使っているベテランゴルファーもいます。

 腕前や年齢、収入に関わらず「予算」と「価値」でギアを購入する傾向が強く、情報収集している人ほど「ムダな買い物をしたくない」という傾向が強いと、販売の現場では確認されています。

 僕もビギナーの頃には憧れだけで難しいプロモデルを購入しましたが、そのおかげでたくさん練習したりクラブに対する興味が深まったことを今も覚えています。

「理論」や「打法」の理解だけでは上達しない!?

 昔は非常にバイアスが強かった「理論」や「打法」に師事していた僕がいうのもおこがましいですが、ネットに「お手本モデル」があふれている現代、「理屈を理解したら上達する」という考え方も「アンコンシャスバイアス」なのかも知れません。

「お手本になるモデル」があふれている現代ゴルファーには、「理論」や「打法」などの理屈よりも「結果」が重要
「お手本になるモデル」があふれている現代ゴルファーには、「理論」や「打法」などの理屈よりも「結果」が重要

 事実、昔のトッププロがいっているアドバイスと現代の3Dモーションキャプチャーの「データ」は、結局同じことだったりします。

「頭を残せ」が「ステーショナリーヘッド」や「インパクトを確認」などと言葉が変わっても、結果としてナイスショットが打てる確率が上がればいいだけなのです。

 レッスンの現場でも同様で、生徒が発見した感覚でも私が教えたことでも、さらに「YouTubeで観た」ことであっても、実際に上達しているという事実があれば「よくなっています」と伝えることにしています。

「プロに習ったからうまくなった」も「自分でたくさん練習したから」も、結果としてスイングやスコアが向上しているという「事実」が一番重要なのです。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

猿場トール