寒い冬こそ家の中で、スライスやプッシュアウトの元凶「アウトサイドイン」「オーバーザトップ」といった動きを改善したいものです。そこで、インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチが、自宅で簡単に改善できるドリルを3つ教えてくれました。

軌道とフェースの向きが混同していると右方向へのミスになる

 スライスやプッシュアウトなど右方向へのミスの原因は、アウトサイドイン軌道によるカット打ちが原因です。

 しかし現実には、真っすぐ飛んだ時に限って打ち出しが右方向だったり、スライスを計算した時に限って真っすぐ左へ飛んだりするなど、改善が難しいものです。

頑固なスライスやプッシュアウトの元凶「アウトサイドイン」を、自宅で改善できるドリルを紹介
頑固なスライスやプッシュアウトの元凶「アウトサイドイン」を、自宅で改善できるドリルを紹介

 練習場の四角い空間と人工マットという環境なら、毎ショット動画を確認しながらスイングを調整したり真っすぐ構えることに苦労しません。ただ、ミスショット自体を改善するなら「フォーム(形)」ではなく、「インパクト(ボール)」へのカット軌道のミスを改善しなければいけません。

 ボールをつかまえるために、インパクト時のフェースの向きとヘッド軌道の関係を改善する必要があるのです。

無意識に開いてしまうフェースは「右手の向き」で矯正

 ゴルフクラブは、スイング中にフェースが開こうとする「偏重心ヘッド」になっています。つまりバックスイングするだけで右に飛ぶ要素が強くなるので、ビギナーが長い番手で右ばかりに飛んでしまうのは当然ともいえます。

 そこで、スイングの動きに対して「フェースが閉じる習慣」をつけるドリルを紹介します。

右手のひらを後ろに向け「フェースが閉じる」感覚、次に「壁に沿っておろす」感覚を身につけると軌道の改善ができる
右手のひらを後ろに向け「フェースが閉じる」感覚、次に「壁に沿っておろす」感覚を身につけると軌道の改善ができる

 腰の高さより上で「右手のひらを飛球線後方に向ける」ようにします。すると「ややシャットフェース」または「右手の背屈」になります。

 しかし、アウトサイドイン軌道が強いスライサーのスイングを観察すると、右手首がアドレスと同じ角度のまま「右手の甲」が飛球線後方から見える人が多い傾向があります。

「右手のひらが後ろに向く」感覚を身につけたら、次は壁際で右手のとおり道を確認してみましょう。

 壁から少し離れた位置でアドレス、そのままバックスイングしたら壁に沿って右手をこするように降ろしてください。カット軌道のスイングに多い、バックスイングをインサイドに上げすぎてダウンスイングでアウトサイドインになってしまう「オーバーザトップ」を改善できるドリルです。

 注意点は、先に軌道作りをせずにフェースを閉じる感覚から身につけることです。フェースが閉じるようにならないと、インサイドアウト軌道でスイングしても「右からのスライス」になってしまいます。

「ちょうだい」ができると「左手首の掌屈」が身につく

 せっかく直前までフェースが閉じていても、肝心なインパクトでフェースが開いてしまってはすべてが水の泡。両手でグリップしている以上、左手も矯正する必要があります。

 スライサーに多い「ヒジ引け」動作の原因は、左手首が背屈してしまう「フリップ」にあります。しかしインパクトした衝撃や「ボールを上げたい」という心理が、フリップを誘発する原因になります。

ヒジが引けてしまう原因である左手首のフリップは、左手のひらを上に「向けたまま」インパクトからフォローまで動かすドリルで矯正
ヒジが引けてしまう原因である左手首のフリップは、左手のひらを上に「向けたまま」インパクトからフォローまで動かすドリルで矯正

 そこでクラブを持たず、「ちょうだい!」と手のひらを上に向けたままでインパクトからフォロースルーの動作を繰り返すドリルを紹介します。ボールを手に乗せた状態から、落とさないようにするのがポイントです。

 実際のスイングでは「こんな手首の形にならないのでは?」と拒否反応が起きるかも知れませんが、あくまでも悪いクセを中和するのが目的。悪いクセと逆のインプットをしても、実際にボールを打つと「意外に普通」ぐらいにしか感じないはずです。

 今回はスライス&プッシュアウトを改善するための「逆のバイアス」をインプットするドリルを3つ紹介しました。「右に行かないように」や「今度こそ真っすぐ」ではうまくいかなかったゴルファーには、相殺させる「強いイメージ作り」が必要な場合もあるからです。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

猿場トール