プロゴルファーの菅沼菜々(すがぬま・なな)が自身のインスタグラムを更新。地元・立川の「阿豆佐味天神社」で2月3日“節分の日”に行われた豆まきに参加したことを明かしました。

地元・立川の豆まきに“年女”として参加

 プロゴルファーの菅沼菜々(すがぬま・なな)が自身のインスタグラムを更新。地元・立川の「阿豆佐味天神社」で豆まきに参加したことを明かしました。

菅沼菜々のインスタグラム(@nanasuganuma_official)より
菅沼菜々のインスタグラム(@nanasuganuma_official)より

 昨季の菅沼は8月の「NEC軽井沢72ゴルフ」で悲願のツアー初優勝。さらに10月の「NOBUTA GROUPマスターズGCレディース」でも勝利を手にするなどメルセデス・ランキング11位にランクインし、3季連続となるシード権を獲得して1年の戦いを終えていました。

 今季の活躍にも期待がかかる中、2月3日にアップした投稿で菅沼は2枚の写真を公開し、「地元、立川の[阿豆佐味天神社]様の豆まきに年女として参加させていただきました〜」と報告。

 阿豆佐味天神は「あずさみてんじんじゃ」と読み、立川市砂川町にあるパワースポット。また、猫好きの人たちからは“猫返し神社”とも呼ばれ、愛猫がいなくなった時にこちらの神社に祈願すると、迷子になっていた猫が戻ってくるといううわさが広がり、こう呼ばれるようになったエピソードも。

 投稿には「#豆まきヘア?」のハッシュタグを添えて、三つ編みをくるんと丸めてハーフアップにしたキュートなヘアスタイルを公開。そしてグレーのはかま姿も披露しています。

 この投稿にファンからは「髪型もモノトーンばかまもかわいいですね」「地元を大切にし、そして地元の方々から応援していただくのは素晴らしいと思います」「今年も福がいっぱいありますように」などのコメントが寄せられ、オフシーズンを過ごす菅沼の姿に大きな注目が集まっています。

菅沼 菜々(すがぬま・なな)

2000年2月10日生まれ、東京都出身。18年プロテスト合格。20-21年シーズンは賞金ランキング47位で初のシードを獲得。22年シーズンは、メルセデス・ランキング8位と躍進。23年「NEC軽井沢72ゴルフ」では、神谷そらとのプレーオフを制して悲願の初優勝を挙げる。あいおいニッセイ同和損保所属。

e!Golf編集部