プロゴルファーの渋野日向子(しぶの・ひなこ)が自身のインスタグラムを更新。新シーズン開幕を前に意気込みを語りました。

「笑顔であふれるように」

 女子プロゴルファーの渋野日向子が自身のインスタグラムを更新し、現在の胸の内を明かしました。

シード喪失と苦しいシーズンを送った昨季の渋野日向子 写真:Getty Images
シード喪失と苦しいシーズンを送った昨季の渋野日向子 写真:Getty Images

 2月3日にアップした投稿で「あっという間に2月になりまして いろいろなことを思いながら、感じながら日々過ごしております」と書き出した渋野。

 米ツアー本格参戦2年目となった昨季は年間ポイントランキング83位となり、上位80位までに与えられるシード権を失う形で終戦。シーズンを通して苦しい戦いが続き、悔しさの残る1年を終えていました。

 今季は出場できる試合が限られている中、新シーズン開幕を前に「当たり前なんてない」「がむしゃらにひたむきに我慢強く」と意気込みをコメント。

 さらに「笑顔であふれるように」と続けた渋野は「朔(さく)が2月1日で4歳になりました」と愛犬のシェパードが誕生日を迎えたことを報告。「いつも笑顔にしてくれてありがとう」とつづり、自身を支えてくれている大事な存在を明かして投稿を締めくくりました。

 この投稿には吉田優利、西村優菜、上田桃子らツアーを戦う多くのプロゴルファーから「いいね!」が届き、新シーズンに向けた決意を語った渋野の姿に注目が集まっています。

渋野 日向子(しぶの・ひなこ)

1998年生まれ、岡山県出身。2019年のAIG全英女子オープンでメジャー初制覇。同年は国内ツアーでも4勝をマークし、賞金ランキング2位と躍進した。2020-21シーズンは、スタンレーレディスゴルフトーナメント、樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントで勝利。22年からは米ツアーを主戦場としている。国内ツアー通算6勝。サントリー所属。

e!Golf編集部