料金が安かったり、気の合う仲間だけでラウンドができたりと何かとメリットも多いセルフプレー。とはいえ、キャディーがサポートしてくれていたことを全て自分で行う必要があるため、注意しなければならないポイントもあります。

意識すべきは「プレーファスト」 カートの取り扱いにも要注意

 現在はキャディーの帯同なしでコースを回る「セルフプレー」が主流になりました。「安価にラウンドできる」「仲間内だけで回れる」などゴルファーにとって数々のメリットがありますが、一方で身の回りのことを全て自分で行う必要があるため、スムーズにプレーを進めるためにはいくつかの注意点があります。

 自身が運営するWEBサイト「プロだけが知っているゴルフ上達への道」でゴルフ知識を紹介している、レッスンプロの川端いっせい氏に話を聞きました。

カートの運転にも注意が必要です 写真:AC
カートの運転にも注意が必要です 写真:AC

「セルフプレーの場合は『クラブの管理』『コースメンテナンス』『カートの運転』など、キャディーが手助けしてくれることを自分でやる必要があります。普段からキャディー付きのラウンドに慣れているゴルファーであれば、自分のプレーになかなか集中できずスコアが悪くなることもあるかもしれません」

「また、セルフプレーならではの失敗もつきもので、例えば『プレーに夢中になり過ぎて、セカンド地点にカートを置いたままグリーンに来てしまった』というのもよく聞く話です。私自身もセルフで回るときは、プレーの進行が遅れないようにカートの位置には常に気をつけています」

「そのほかにもカートのスピードを出しすぎて林に突っ込んでしまったり、斜面の急な場所で横転してしまったという事故が発生したケースもあります。キャディーがいない場合、カートの運転は慣れている人にお願いするようにして、安全運転を心掛けるようにしてください」

 また、セルフプレーでは後続組に迷惑がかからぬよう、プレーファストの意識を持ってラウンドを進めることがより大切になります。

「特にボール探しはスロープレーにつながりやすいので注意が必要です。キャディーがいれば『あの木の辺りに落ちましたね』とおおよその落下地点を教えてくれますが、セルフプレーではそうはいきません」

「ゴルフ経験者なら分かると思いますが、打ったボールの行方を追うのは意外と難しいことでもあります。なので、ショットを打つときは本人だけでなく、必ず同伴者全員で見てボールの行方を確認するようにしましょう。前の組がボール探しに時間をかけ過ぎてしまったことが原因で、後続組やさらに後ろの組が待たされているケースもよくあります」

全員がビギナーの組であればセルフプレーは避けるべき

ビギナーがいる場合は上級者と同じ組でプレーを 写真:AC
ビギナーがいる場合は上級者と同じ組でプレーを 写真:AC

 しかし、ビギナーの中には「ショットを打つだけでも精いっぱいなのに、それ以外のことも自分でやるとなるとスムーズにラウンドを進められるか心配…」と不安に思う人もいるでしょう。意図せずスロープレーに陥ってしまう可能性も十分考えられますが、このような疑問について川端氏は以下のように話します。

「プレースピードを上げるためには、ある程度狙った場所にボールを飛ばせる技術が必要です。どれだけプレーファストを意識していても、カップインまでの打数が多ければ当然それなりに時間を要してしまいます」

「セルフプレーが可能なスコアは、110以下で回れるかが目安だと個人的には思います。ゴルフ上級者や経験豊富なプレーヤーと一緒なら問題ないと思いますが、ビギナーしかいない組でセルフプレーをするのは推奨できません」

 キャディー付きで回る機会が多いゴルファーであれば、セルフプレーを体験することで「いつもこんなに大変なことをやってくれていたのか…」とキャディーの存在の大きさが分かるもの。「セルフ」と聞くと“気軽にプレーできる”ような印象を持つ人もいるかもしれませんが、自分の行動一つで後続組や同伴者に迷惑をかけてしまうこともあるため、セルフプレーには大きな責任が伴うことを意識しておきましょう。

LUIS FIELD