練習場で友人のクラブを借りるのは珍しいことではありませんが、他人のクラブを借りることを前提にコースでプレーすることはできるのでしょうか。

本来のルールでは禁止だがプライベートなら大丈夫?

 ゴルフのルールでは、ラウンドに持ち込めるクラブの数は14本までと定められています。上級者にもなるとあらゆる状況に対応できるように、ドライバーからパターまで「フルセット」をそろえるのが当たり前です。

 一方、ゴルフを始めたばかりのビギナーの中には、友人のクラブを借りていたり、本数がそろっていなかったり、自分専用のクラブセットを持っていない人がいるかもしれません。

ビギナーは「足りない番手は同伴競技者から借りる」前提でプレーしても大丈夫(写真はイメージです) 写真:AC
ビギナーは「足りない番手は同伴競技者から借りる」前提でプレーしても大丈夫(写真はイメージです) 写真:AC

 ゴルフ場でプレーする際に、同伴者のクラブを借りることは許されるのでしょうか。ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は以下のように話します。

「他人からクラブを借りてプレーするのは、公式なシーンであればやってはいけない手段です。“月例会”のような競技やコンペの場において、他人からクラブを借りると、借りた側には2打のペナルティーが課せられます。また、故意ではなく間違えて他人のクラブを使用した場合も同様に2罰打となり、数ホール終わった後になって気付いた際は1ラウンドにつき4打までのペナルティーとなります。ただし、プライベートの場で親しい仲間内と回るときに限っては、許容範囲に入れても良いのではと思います」

「例えば、自分が持っているクラブの本数や種類が少ないときはもちろん、同伴者が発売されたばかりの新しいクラブを持ってきたときに『気になるからちょっと打たせて』と、ギアに興味を持つのもゴルフの楽しみ方のひとつですから」

 仲間内でのセルフプレーなら、こんなケースも考えられます。「バンカーに入ってしまったが、カートが遠いところに停まっているのでサンドウェッジを持ってくるのが少々面倒」といった場合、近くにサンドウェッジを持っている人から拝借すれば、プレーの進行もスムーズになります。

「あくまで『趣味』として友人とゴルフをしているなら、あまりルールに縛られなくてもいいと思います。ルールに則ってプレーすることは大前提ですが、TPOに合わせて時には緩くするのも大事だと思います」

 プライベートで同伴者と意見が一致すれば、クラブの貸し借りを行うことは、とがめられる心配はないといえそうです。しかし、借りたクラブは持ち主の体格やスキルを基準に調整されたものであるため、必ずしも自分に合っているとは限りません。

 他人のクラブを使用すれば、ミスショットが増えたり、場合によってはキズをつけたり破損させてしまったりすることも考えられます。いくら仲が良いからといって、借りることが「当たり前」にならないよう、最低限の礼儀をもって注意深く扱うようにしましょう。

レンタルサービスを活用してみよう

 ビギナーの中には「たまたま会社の人に誘われたから」や「クラブは高いから本数をそろえるのはなかなか難しい」と、コースに行こうと思っていてもセットをそろえることにためらう人もいるかもしれません。

 そんな人にオススメなのがクラブのレンタルサービスです。1本からのレンタルも受け付けているところや、クラブセットが1カ月当たり3000円程度で借りられるところ、あらゆるブランドを取りそろえていて比較ができるところなど様々なサービスが存在します。

 ピンやテーラーメイドなどの大手メーカーでもレンタルサービスを実施しているので、最新モデルも含めた複数本のクラブを3000〜5000円台で借りて試打することも可能です。

 他にも、大手ゴルフ場運営会社であるアコーディア・ゴルフでは全国のゴルフ場でクラブをレンタルしてラウンドでき、クラブを所持していない人にも手軽に来てもらえるような取り組みが行われています。

 ほとんどのゴルフ場ではレンタルクラブの用意があるので、利用を考えている場合には事前にホームページなどで確認するといいでしょう。

 最近では、ビギナー向けに販売価格を抑えたハーフセットやスターターセットも多数販売されています。ドライバーや7番アイアン、ウェッジやパターと使用頻度の多いクラブは全て入っているので「あまりお金はかけたくないけれど自分専用のクラブを持ってみたい」と考えている人は検討してみるのも良いかもしれません。

ピーコックブルー