ゴルフカートのリモコン操作は、組の中にいるどのようなプレーヤーが行うのが最適なのでしょうか?

上級者やラウンドに慣れている人にお願いするのが得策

 ゴルフカートには大きく分けて、自らアクセルやブレーキ、ハンドル操作を行って運転をする「自走式カート」と、あらかじめ決められた走行レーンの上を移動する「電磁誘導式カート」の2種類が存在します。

電磁誘導式のカートを導入するゴルフ場も増えました 写真:AC
電磁誘導式のカートを導入するゴルフ場も増えました 写真:AC

 電磁誘導式カートの場合、スタート前にカートへ行くと前方のカゴ部分にリモコンが置かれていることがほとんどです。このリモコンにあるボタンを押すことで、カートの発進と停止ができるようになっています。

 ラウンド中に都度都度カートへ戻らなくても遠隔で操作できる点は、プレーヤーの利便性を高めてくれる大きなメリットですが、スタート前には「誰がリモコンを持つか」と同伴者の中で話し合うことになるでしょう。

 最初にカートに行った人や一番年下の人が持つケースもあるようですが、ラウンドをスムーズに進めるためには誰に任せるべきなのでしょうか。現役のシニアツアープロでゴルフスクールも経営する梶川武志プロに話を聞きました。

「個人的にはその組の中で最も上手な人、または経験豊富な人がリモコンを操作するとスムーズなラウンドができると思います」

「リモコン操作をスムーズに行うためには、常にカートの位置と同伴者のプレー状況を認識しておかなければなりません。例えば同伴者にビギナーがいる場合、ボールが全く飛ばなかったり、ショットの方向性がなかなか定まらないことが考えられるので、すると頻繁にカートの発進と停止をしなければならず、気も多く使うでしょう」

「もちろん、同伴者だけでなく自分のボール位置に合わせてカートを動かすこともありますが、ラウンド経験が豊富でより上手な人のほうが、ビギナーの同伴者を気にかける余裕もあるはずです」

 梶川プロはリモコン操作でよくある失敗について、次のように話します。

「リモコンで停止させるのを忘れてしまい、カートがどんどん前に進んでしまうことですね。ホールの半分あたりで止まっていたカートをリモコンで発進させると、そのままグリーン近くまで行ってしまうことはよくあります」

「クラブ交換のためにカートへ戻ろうとしてもすでに前へ進んでしまっているので、前方まで取りに行って再びボール地点に向かわなければなりません。これでは時間を大きくロスしてしまいますし、体力的にも疲れてしまいます」

コース内にはカートが自動的に停止する場所も

ティーイングエリアやグリーン周辺では停止するように設定されていることも 写真:AC
ティーイングエリアやグリーン周辺では停止するように設定されていることも 写真:AC

 梶川プロは一方で「発進ボタンを押し忘れてしまう失敗もある」と言い、以下のように話を続けます。

「リモコンを操作する人が自分のショットでミスをすると、意識がそっちにいってしまい、カートの発進を忘れてしまうようなケースもありますね」

「また、コース内には安全のために自動的に停止する場所が設定されていますが、全員がフェアウェイを歩いていた場合、カートが止まっていることに気がつかない場合もあります。カートから多少離れていてもリモコン操作は可能ですが、これも大幅な時間ロスにつながってしまいます」

 スロープレーにならないようスムーズにラウンドを進めるうえで、カートの操作は大きなカギを握ります。状況に応じて適切にカートを動かすためにも、リモコンはラウンドに慣れている経験者や組の中で最も上手な人に託すのが無難と言えそうです。

ピーコックブルー