アイアンを振り抜く瞬間、その精度と飛距離はどのように決まるのでしょうか。多くのゴルファーが重視するのは、クラブヘッドやシャフトの性能ですが、実はショットに大きな影響を与えるのがクラブのネック部分の形状である"グースネック"の度合いです。大蔵ゴルフスタジオ(東京都世田谷区)の代表、市川雄一郎氏が解説します。

グースネックがショットに及ぼす影響とは?

 アイアンのパフォーマンスはクラブヘッドやシャフトの性能だけで決まるわけではありません。ヘッドのネック部分の形状であるる”グースネック”の度合いがショットに及ぼす影響とフィッティングによる調整について、大蔵ゴルフスタジオ(東京都世田谷区)の代表、市川雄一郎氏が解説します。

グースが大きいアイアンヘッド(左)とグースが小さいアイアンヘッド
グースが大きいアイアンヘッド(左)とグースが小さいアイアンヘッド

※ ※ ※

 アイアンのクラブヘッドとシャフトが接続される部分をネックと言います。一般的にヘッドのリーディングエッジのラインがシャフトからのラインよりも右に引っ込んでいるものを「グースネック」と言います。グースの度合いはクラブによって異なり、その違いはショットに影響を与えます。

 グースの適切な度合いは、ゴルファー個々のスイングによって異なります。

 グースが小さいほうが良いケースとしては、インパクトよりも少し早くソールが地面に当たってしまうゴルファーが挙げられます。簡単に言うと、ややダフリ傾向のゴルファーです。グースを小さくすることで、適切なタイミングでインパクトが迎えられるようになり、ショットの精度を向上させることができます。

 逆に先にボールに当たる傾向のあるゴルファー(ややトップ傾向の人)は、グースを大きくすることでナイスショットの確率が高まります。

スイングに合わせてグースの度合いを調整しよう

 アイアン選びでは、個々のスイング特性に合ったグースネックのヘッドを選ぶことが重要です。例えば、球がつかまらないプレーヤーやダウンブロー傾向が強いプレーヤーは、グースを少し大きくすることで球がつかまりやすくなり、ショットの精度を向上させることができます。自分のスイングに合ったネック形状が、ショットの安定性が向上させるのです。

 クラブヘッドを替えることなく、フィッティングでグースの調整を行うことも可能です。私のスタジオでも、個々のプレーヤーのスイングやショットの傾向を分析し、最適なグースの度合いを見つけるためのサービスを提供しています。アイアンのネックが自分に合っているのかどうか、フィッティングスタジオで相談してみてください。

【解説】市川雄一郎

大蔵ゴルフスタジオ代表の市川雄一郎氏
大蔵ゴルフスタジオ代表の市川雄一郎氏

GDOにて多くのゴルフメーカー、パーツメーカー、プロゴルファーを取材し、ゴルファーへ最新の情報を発信する仕事にかかわる。すべてのゴルファーに合うクラブを作りたい。その思いで2011年に大蔵ゴルフスタジオ町田をオープン。2016年大蔵ゴルフスタジオ世田谷をオープン。さらに2020年には大蔵ゴルフスタジオハワイをオープンしている。大蔵ゴルフスタジオ公式HP/www.ogs-p.jp/

e!Golf編集部