今、巷ではどんなクラブが売れているのか、なぜ売れているのか? そんなゴルフ界のトレンドを探るべく、有賀園ゴルフで、売れ筋商品のランキング調査。アイテム別に毎週、レポートをお届けします! 今週は2024年1月のドライバーランキングです。

有賀園ゴルフで2024年1月に売れたドライバーベスト5

 今、売れているドライバーはどのモデルなのか徹底調査。ランキングは有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。最新のギアトレンドが一目で分かります。

第1位 ゼクシオ13ドライバー(ダンロップ)

ゼクシオ13ドライバー(ダンロップ)
ゼクシオ13ドライバー(ダンロップ)

 フェースの外周部の剛性をトゥからヒールにかけて最適化した「BiFLEX FACE」を採用。外周部がエネルギーを受け止め、たわみを増幅して初速アップを実現させています。また、2段式に進化したクラウンの突起部New「ActivWing」が、さらに空力性能を向上させ、ダウンスイングでのヘッド挙動を安定させて、前作よりも飛距離アップをかなえています。2023年12月9日発売。メーカー希望小売価格:9万2400円(税込み)。総重量:281グラム(Rフレックス)

ラウンドで「芯の広さを体感した」という声が多い

 12月の発売直後から売れまくりで、特に1月前半の勢いがすごかったですね。2位「G430 MAX」の1.5倍の本数が出ていたことを見てもダントツ人気です。

 購入してすでにラウンドしているお客様からは、振り感は変わらないけどボールの曲がりが少なくなって飛距離が伸びたという声があがっていて、芯が広くなった効果を体感されている方も多いようです。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第2位 G430 MAX ドライバー(ピンゴルフジャパン)

G430 MAX ドライバー(ピンゴルフジャパン)
G430 MAX ドライバー(ピンゴルフジャパン)

 高慣性モーメントをかなえ「叩いてもブレない」が特徴。超極薄の素材採用で、フェース全面で大きくたわみ、反発力アップ、最大初速を実現しています。上下のミスヒット時でも最適なスピン量と弾道で、最大のキャリーと飛距離を生み出します。打球音にもこだわり、新「サウンドリブ」を搭載。ナイスショットはもちろん、打点がブレても、快音をかなえます。2022年11月11日発売。メーカー希望小売価格:9万3500円(税込み)。総重量:302グラム(SRフレックス)

ニューモデルが発表されてもこちらの売れ行きは衰えません

 2月により慣性モーメントを高めた「G430 MAX 10K」が発売されると発表。すでに試打クラブも入荷していて試打するお客様も多いのですが、こちらのモデルの売れ行きは衰えませんでした。

 ヘッド後方につけられたウエートの位置を変えることで弾道調整が可能な点を評価する声が多く「カスタマイズしやすい」というお客様の声も目立ちました。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第3位 ゼクシオ エックスドライバー(ダンロップ)

ゼクシオ エックスドライバー(ダンロップ)
ゼクシオ エックスドライバー(ダンロップ)

 ゼクシオ13と同様「BiFLEX FACE」搭載で、ボディーとフェースのたわみを増幅させて、高初速エリアを拡大。2段式に進化したNew「ActivWing」で、さらに空力性能が向上し、ダウンスイングでのヘッド挙動を安定させています。その結果、42メートル/秒のヘッドスピードで打ったときに前モデルよりも約6.4ヤードの飛距離アップに成功したとしています。2023年12月9日発売。メーカー希望小売価格:9万2400円(税込み)。総重量:301グラム(Sフレックス)

前作よりも打ちやすい、やさしいという声が多く聞かれました

 ノーマルのゼクシオ13だと軽すぎるけど、クラブの性能としては同等のやさしさが欲しいという方が、少し重量のあるエックスを選んでいたように感じます。

 前作よりも打ちやすい、やさしいという声も多く、周囲の評判を聞いて打ちにいらっしゃる方も多かったです。

 また、カスタムシャフトを選べば、幅広いプレーヤーに対応できる点も評価されました。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第4位 B2 HTドライバー(ブリヂストンゴルフ)

B2 HTドライバー(ブリヂストンゴルフ)
B2 HTドライバー(ブリヂストンゴルフ)

 高弾道とつかまりを追求したモデルで、ウエート可変機構を搭載し、2パターンの弾道コントロールを可能にしています。オフセンターヒット時にも安定してスピンを抑え、インパクトのパワーを逃さず伝える「スリップレスバイトミーリング」を搭載。ボールの滑りを抑える食いつくフェースにより直進性の高い飛びを追求しています。2023年9月8日発売。メーカー希望小売価格:8万5800円(税込み)。総重量:294グラム(SRフレックス)

第5位 RMX VD/X ドライバー(ヤマハ)

RMX VD/X ドライバー(ヤマハ)
RMX VD/X ドライバー(ヤマハ)

 高初速+直進安定性のオールアスリートモデル。飛びの三要素といわれるボール初速・打ち出し角・スピン量の全てを最適化させたフェース構造とヘッド形状により、驚きの飛びを生み出します。ヘッド外周部のウエートはFADE、DRAW、センター、慣性モーメントMAXの4つのポジションに調整可能。プレーヤーに合わせた理想的な弾道を叶えてくれます。2023年10月6日発売。メーカー希望小売価格:9万2400円(税込み)。総重量:299グラム(SRフレックス)

「軽量ドライバーに切り替えるタイミングはどう見極めればいいのか」(小室店長)

 今月も「ゼクシオ13」が首位でした。2月は新製品ドライバーの発売月でもあるので、順位に大きな変動がありそうです。1月の時点で多くの予約が入っているアイテムもあり、勢いそのままに2月の首位ドライバーとなるのか、今から楽しみです。

 さて、1位の「ゼクシオ13」ですが、ノーマルの「ゼクシオ」シリーズは、シニアをターゲットにした軽量ドライバーとして知られています。

 今回の「ゼクシオ13」もRフレックスで281グラムと、かなり軽くなっています。今回ランクインしたクラブを見ても、フレックスは異なるもののほとんどのモデルは300グラム前後となっており、「ゼクシオ13」が軽量モデルだというのがよくわかると思います。

 お客様から「どのタイミングでこのような軽量モデルに切り替えるべきか」という質問をよく受けます。そんな時は、実際にスイングして「重くてしんどく感じるようになってきた」ときに、重量を見直してみてはどうですかと提案します。

 シニアということで「年齢」を基準にされる方もいるのですが、それはあまりオススメしません。同じ年齢でも人によって、体力も振り切る力も違うので、自分自身のフィーリングで決めるべきだと思うのです。

「クラブが重いせいで、シャフトのしなりを生かせない、飛ばない」という方は多いので、しっかりと振り切れる重さで、少し硬めのフレックスをご提案することは多いですね。

 約300グラムのRフレックスを使っていた人は290グラム前後のSRフレックスなどを試していただきます。

 そうするとしっかりと振り切れて、タイミングが取りやすいというケースも多いです。

 ヘッドスピードを測ったら40メートル/秒を切っていたという場合も、重量やフレックスを1度見直してみると、高いパフォーマンスを発揮できるクラブに出会えるかもしれません。クラブは一生モノではなく、そのときどきに見直すべきアイテムですから。

※ランキングは、有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。表記価格はメーカー純正シャフト装着モデルです。取材協力:有賀園ゴルフNEW杉並店

下山江美