プロギアは、SLEルールを超える高反発で、飛距離が落ちてきたゴルファーに飛ばす楽しみを提供し続ける「SUPER egg(スーパー・エッグ)」シリーズから、アイアン、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティーのフルラインアップを3月15日から発売すると発表しました。

エボリューション高反発で飛距離を取り戻す

 プロギアは、SLEルールを超える高反発で、飛距離が落ちてきたゴルファーに飛ばす楽しみを提供し続ける「SUPER egg(スーパー・エッグ)」シリーズから、アイアン、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティーのフルラインアップを3月15日から発売すると発表しました。

SUPER egg evolutionドライバー(メンズ)
SUPER egg evolutionドライバー(メンズ)

「ゴルフは、飛んだ方が、楽しい」というコンセプトのもと、ルールにとらわれないギアを提供してきた「SUPER egg」シリーズ。今回発表された「SUPER egg evolutionドライバー」もCOR0.86というルール上限を上回る反発係数に加え、高反発エリアの拡大によりさらにやさしく飛ばせるドライバーへと進化しているといいます。

 プロギア独自の冷間曲げ加工により、高強度で低弾性(軟らかい)なβチタンの特性を活かしたままカップフェース、シャローヘッドでも大きなたわみを生むことができて高い反発性能と広い高反発エリアを実現しているそうです。さらに各部材の設計を見直し、従来シリーズよりメンズモデルは8グラム、レディスモデルは20グラムの軽量化、コレまで以上に速く振り抜きやすくなっているといいます。テストでは一般的な適合ドライバーよりも約10ヤードの飛距離アップに成功したそうです。

 ヘッドもシリーズ最大となる500ccに大型化、従来シリーズより深重心・大重心角化しているそうです。慣性モーメントも従来シリーズ同等の大きさを確保したことで、やさしく上がる・つかまる、曲がらないドライバーとなっています。

「SUPER egg evolutionフェアウェイウッド」は、ヘッドを従来シリーズよりも大型化・シャロー化。CNCで薄肉に精密加工を施した高強度マレージングフェースを採用することで、高反発を実現しているといいます。さらに従来シリーズよりもシャローなヘッド形状とCFRP複合構造による低・深重心設計で、よりボールが上がりやすくなっています。「SUPER egg evolution ユーティリティ」もフェアウェイウッドと同様の超低重心設計。ロングアイアンの距離がやさしく打てるクラブとなっているそうです。

「SUPER egg evolutionアイアン」は、高強度マレージングフェースと中空構造の採用でフェース周辺部の薄肉化に成功。アイアンでもSLE ルールを超える高反発を実現したのに加え、 ストロングロフト設計で飛距離性能を徹底的に追求しているといいます。

 競技に出場する予定のないエンジョイゴルファーなら、一度「ルール不適合」の飛びを体験するのもいいのではないでしょうか。

【SUPER egg evolutionドライバー(メンズ) 主なスペック】ロフト角:10.5度フレックス:M40(SR)、M37(R)、M35(R2)総重量:約273グラム(M37)価格:14万800円(税込み)

【SUPER egg evolutionフェアウェイウッド(メンズ) 主なスペック】ロフト角:16度(3W)、19度(5W)フレックス:M40(SR)、M37(R)、M35(R2)総重量:約285グラム(M37)価格:8万2500円(税込み)

【SUPER egg evolution ユーティリティ(メンズ) 主なスペック】ロフト角:20度(4ut)、23度(5ut)フレックス:M40(SR)、M37(R)、M35(R2)総重量:約310グラム(M37)価格:5万5000円(税込み)

【SUPER egg evolution アイアン(メンズ、#7) 主なスペック】ロフト角:26度フレックス:M40(SR)、M37(R)、M35(R2)総重量:約333グラム(M37)価格:19万2500円(5本セット、税込み)、3万8500円(単品、税込み)

e!Golf編集部