天然皮革や人工皮革、全天候型など、様々な種類が販売されているゴルフグローブ。どれを購入するべきか迷うビギナーに勧めたいのは、こんな特徴を持ったグローブです。

ビギナーは扱いやすい人工皮革がオススメ

 一般的にゴルフをプレーする際は、右打ちのゴルファーであれば左手、左打ちのゴルファーであれば右手にグローブを着けます。

素手でグリップを握るとスイング時に滑りやすくなるので、グローブの着用がオススメ 写真:AC
素手でグリップを握るとスイング時に滑りやすくなるので、グローブの着用がオススメ 写真:AC

 数多く販売されているゴルフグローブの中で、ビギナーに最適なグローブとはどのような特徴があるものでしょうか。現役のシニアツアープロでゴルフスクールも経営している梶川武志プロは次のように話します。

「ビギナーには人工皮革のグローブがオススメですね。耐久性が高くグリップ力にも優れています。汚れたら洗濯することもできて、取り扱いもイージーです。一方、天然皮革のグローブはフィット感が良くグリップ力も申し分ないのですが、ゴルフに慣れていない人が使うと余分な力が入りすぐに穴が開いてしまうことがあります。縮んだり、革が固くなってしまうため洗濯も難しいです。コスパ的にも人工皮革の方が適していると思います」

 人工皮革のグローブは「全天候型」とも呼ばれており、水を弾きやすい特徴があるので雨天のゴルフでも活躍してくれます。

 ビギナーには不向きといえる天然皮革のグローブですが、ゴルフが上達した人や上級者にはオススメだと話します。

「ツアープロの場合、天然皮革と人工皮革のどちらでも提供されるのですが、私は天然皮革のグローブを使用しています。理由は、フィット感が人工皮革のグローブに比べて段違いに良いからです。人工皮革に比べると耐久性は劣りますが、より正確なショットをする際にはこのフィット感は必要不可欠。より高みを目指したいゴルファーであれば、ショットの正確性を向上させるためにも、天然皮革を選んだ方が良いでしょう」

 梶川プロは、試合では新品のグローブを使用して、次にそのグローブを練習ラウンド用に、傷んできたら最後に練習場のショット練習で使用しているそうです。また、新品のグローブを使用する際は、必ず試合前の朝の練習で慣らしてから試合に臨んでいるそうです。

天然皮革は伸びるので“かなりきつめ”でも良い

 グローブを購入する際には、サイズ選びに悩むこともあるでしょう。手の大きさや指の長さは個人差があるので実際に合わせてみる必要がありますが、梶川プロは「少しきつめのグローブを選ぶと良い」とアドバイスします。

「グローブは少し使用すると革が伸びてゆとりが出てきます。購入したときにジャストでも、使用しているとグローブの中で手や指が滑ってしまうので、新品で着用したときに『ちょっときついかな』と思うサイズが適切です。また人工皮革に比べて天然皮革は伸び方が大きくなるので『かなりきつめ』でも良いでしょう」

 サイズはメーカーによって異なるので、グローブを購入する際は試着が欠かせません。

 自分に合ったグローブを使うのは、グッドショットを打つ確率を上げることにもつながります。「グローブは価格重視でなんとなく選んでいた」というゴルファーは、上述の選び方を参考にしてみると良いかもしれません。

ピーコックブルー