プロゴルファーの大里桃子(おおさと・ももこ)がインスタグラムを更新。地元・熊本県南関町にある道の駅に自身の顔写真がプリントされた自動販売機が設置されることを明かしました。

「伊藤園さんの大里桃子仕様自販機を設置していただきました」

 女子プロゴルファーの大里桃子がインスタグラムを更新。自身の顔写真がプリントされた自動販売機が設置されることを明かしました。

地元・熊本県に設置された大里桃子仕様のオリジナル自販機とは? 写真:Getty Images
地元・熊本県に設置された大里桃子仕様のオリジナル自販機とは? 写真:Getty Images

 昨季の大里は出場35試合中、予選落ちが23回と苦しい戦いが続き、メルセデス・ランキング86位でフィニッシュ。5シーズン連続のシード獲得とはならなかったもののQTファイナルで6位に入り、今季の前半戦出場権を手にして1年の戦いを終えていました。

 今季の新たな戦いにも注目が集まる中、2月16日にアップした投稿で大里は「私の地元、南関町にある道の駅“いきいき村”に伊藤園さんの大里桃子仕様自販機を設置していただきました」と報告。

 投稿には実際に設置された自販機の写真が公開され、大里の所属先・伊藤園のイメージカラーとも言える鮮やかな緑色をベースに、正面と側面に顔写真と名前が大きくプリントされた貴重な1台が披露されています。

 続けて「南関あげなどの特産品売ってありますのでぜひ、一度足を運んでいただけるとうれしいです」とコメントを添え、地元のPRとともにファンへ呼びかけて投稿を締めくくった大里。

 この投稿には櫻井心那、堀琴音、金谷拓実らツアーを戦う多くのプロゴルファーから「いいね!」が寄せられ、大里が明かした驚きの報告に注目が集まっています。

大里 桃子(おおさと・ももこ)

1998年8月10日生まれ、熊本県出身。渋野日向子、畑岡奈紗らツアーを席巻している“黄金世代”の一人。2018年のプロテストに合格し、同年の「CAT Ladies」で初優勝。プロ入り後23日目での優勝はツアー最短記録。伊藤園所属。

e!Golf編集部