東プレ株式会社は2月20日、女子プロゴルファーの桑木志帆(くわき・しほ)とスポンサー契約を締結したことを発表しました。

「まずは優勝、そして世界を目指して挑戦」

 東プレ株式会社は24年2月20日、女子プロゴルファーの桑木志帆とスポンサー契約を締結したことを発表しました。

 同社は塑性加工技術と金型設計技術を応用し、自動車プレス部品や空調システム製品、電子機器製品などを手掛けるメーカーです。

東プレとスポンサー契約した桑木志帆
東プレとスポンサー契約した桑木志帆

 今回、東プレと契約をした桑木は4歳からゴルフを始め、2021年6月実施のプロテストに合格。プロ転向直後の新人戦「加賀電子カップ」でプレーオフの末に優勝しました。

 23シーズンはトップ10入りが堂々の10回で、うち5回はトップ3入りと好成績を残し、メルセデス・ランキングも10位にランクインと今後の活躍がますます期待されています。

「日本だけでなく世界で活躍できるプロゴルファーに」という目標を掲げ、2024シーズンは初優勝だけでなく複数回優勝が期待される桑木。女子ゴルフ界で注目を集める一人である彼女と契約した理由として同社は「『挑戦』をし続ける桑木選手の姿勢と、新しい形を作り出すことへ『挑戦』し続けている当社の姿勢とが合致したため」としています。

 今回のスポンサー契約について桑木は「この度、東プレさまとスポンサー契約を結ばせていただくことになりました。また契約プロゴルファーの第1号とのこと、とても光栄に思いうれしい気持ちでいっぱいです。創業1935年という歴史ある東プレさまとともに、今後も成長してまいりたいと思っています。まずは優勝、そして世界を目指して挑戦し続けます」とコメントしています。

桑木 志帆(くわき・しほ)

2003年生まれ、岡山県出身。21年6月に実施されたプロテストに合格してプロ入り。同年の新人戦「加賀電子カップ」で優勝を挙げている。2023シーズンは「ブリヂストンレディス」(3位タイ)、「北海道meijiカップ」(2位)、「CAT Ladies」(3位)、「TOTOジャパンクラシック」(2位タイ)などの活躍。「資生堂レディスオープン」ではプレーオフに進出するなど、初優勝に最も近い選手のひとり。23年のメルセデス・ランクは10位。岡山御津CC所属。

e!Golf編集部