ベトナム・ダナンからほど近いホイアン近郊に位置するゴルフ場「ホイアナショアーズゴルフクラブ」。ホイアンの海岸線に沿ってつくられたリンクスコースで、今年でオープン4年目を迎える新しいゴルフ場ですが、すでに数々の賞を獲得するなど世界的にも高い評価を受けています。

「世界トップ100コース」に選出

 ベトナム第3の都市・ダナンの中心部から車で45分ほどの距離で、世界遺産の街としても名高い古都・ホイアン近郊に位置するベトナム最大規模の統合型リゾート「Hoiana Resort & Golf(ホイアナ リゾート&ゴルフ)」。

 その敷地内にある「Hoiana Shores Golf Club(ホイアナショアーズゴルフクラブ)」は、2020年にグランドオープンした比較的新しいゴルフ場ですが「世界トップ100コース」に選出されるなど、すでに世界的な名門ゴルフ場として知られています。

ホイアンの海岸線に誕生した「ホイアナショアーズゴルフクラブ」
ホイアンの海岸線に誕生した「ホイアナショアーズゴルフクラブ」

 コース設計を手がけたのは、アメリカのロバート・トレント・ジョーンズ・ジュニア。日本では今年もトーナメントが開催される「桂ゴルフ倶楽部」(北海道)、「軽井沢72ゴルフ」(長野県)など、これまで世界各国250以上のゴルフコースを設計した人物でもあります。

 ホイアナショアーズゴルフクラブは、彼の設計の特徴である広いフェアウェイとアンジュレーションの効いたグリーンが特徴。また、ホイアンの砂地の海岸線である自然の地形を生かしたコースレイアウトも魅力です。

 全18ホールのコースには高い木が全く生えておらず、ゴルフの本場・スコットランドのリンクスを彷彿とさせる海風の洗礼を受けながら、ありのままの自然でつくられたスリリングなコースを身をもって感じることができます。

海岸沿いにつくられた15〜17番ホールが最大の見どころ

白亜の外観が特徴的なクラブハウス
白亜の外観が特徴的なクラブハウス

 コースは全長7004ヤードのパー71。起伏のあるフェアウェイや巧みに配置された深いバンカーに加えて、多数ある砂地と長いラフが行く手を阻みます。

 さらに、10ヤードは流されてしまう時折吹く海風もクセ者。リンクスならではの醍醐味(だいごみ)とも言えますが、地面が固く転がりやすいので、距離も出やすく風に負けじと番手を上げた選択が「想像以上に飛び過ぎてグリーン手前のバンカーに……」なんてことも。手前から慎重に攻めていくのがベターですが、プレーヤーはより戦略的なゴルフが求められます。

グリーンのすぐ真後ろに海を望む15番
グリーンのすぐ真後ろに海を望む15番

 最大の注目はインコースの海岸に隣接する15、16、17番ホールです。グリーン奥に海を望むパー4の15番は右にある金網を超えてしまうとOBですが、フェアウェイ自体は広くティーショットさえ間違えなければ難なく攻略できるホール。パッティングを終えるとグリーン横には茶店があるので、写真撮影と休憩を兼ねて大海原の絶景を眺めながら終盤戦に向けてひと息つけるポイントでもあります。

16番のティーイングエリア正面に見えるのが「ホイアナ リゾート&ゴルフ」
16番のティーイングエリア正面に見えるのが「ホイアナ リゾート&ゴルフ」

 海岸線とほぼ並行に位置する16番のパー4は、このコース一番の絶景ホール。ティーイングエリアからは正面にリゾートホテル、右手にはどこまでも広がる青い海を望むことができ、色鮮やかな緑の芝も相まって「これぞリゾートゴルフ!」という雰囲気を最も味わえる瞬間です。グリーン手前の巨大なバンカーと海から吹く横風には要注意ですが、リンクスコースならではの難しさとリゾートらしさを兼ね備えたホールと言えるでしょう。

 遠くにチャム諸島を望むことができる17番は、右手に海を見ながらティーショットを放つパー3。1オンを狙ってバーディー奪取といきたいですが、起伏の激しい大きなグリーンはかなりの難敵。また、グリーン手前の左右には深いバンカーがあり、意識しすぎてリキんでしまい「右にシャンクして海ポチャ……」というミスは避けたいところです。

日本ではほとんど見かけない芝の上から打てるドライビングレンジ
日本ではほとんど見かけない芝の上から打てるドライビングレンジ

 注目はコースだけではありません。日本ではなかなか目にする機会も少ない、芝の上からボールを打てるドライビングレンジが完備されています。日本のようにクラブハウスのすぐ近くではなく、カートに乗って練習場まで移動する必要がありますが、スタート時間に余裕を持って準備を進めて、この機会にぜひ味わってほしい体験の一つです。

気品漂う豪華絢爛なクラブハウス

高級感漂うラウンジスペース
高級感漂うラウンジスペース

 6000平方メートルもの面積を有するクラブハウスの中はラグジュアリーな空間が広がり、プレーヤーに快適で優雅な時間を提供してくれます。バルコニーからはコース全体を一望できる雄大な景色が眺められ、ラウンジスペースには高級感漂うソファやテーブルがいたるところに配置。

 また、ゴルフ場のシステムは基本的に日本と同じです。フロントで受付を済ませた後はロッカーキーを受け取り、着替えなどラウンドの準備を済ませてコースへ向かいましょう。

 ロッカールーム内にはシャワーブースとパウダースペースが完備。日本と同様にタオルも備え付けられていて、海外でのゴルフが初めてという人でも戸惑うことなく安心してプレーに臨むことができ、ラウンド後は隅々まで丁寧に清掃が行き届いた清潔な空間で汗を流すことができます。

ベトナム中部のご当地料理「ミークワン」
ベトナム中部のご当地料理「ミークワン」

 そして、ラウンド後はお待ちかねのお食事タイム。クラブハウス内にあるレストラン「1552ビストロ」では、地元の食材をふんだんに使ったベトナム料理を堪能することができます。

 渇いたノドを潤すビールとともにオーダーしてほしいのは、定番の生春巻きとベトナム中部のご当地料理「ミークワン」。日本でいうところの「和え麺」のようなメニューで、平たい麺の上に鶏肉とピーナツ、お好みで野菜をトッピングして甘辛いタレと混ぜ合わせて食べるもの。日本人の味覚にも非常にマッチする一品です。

 レストランにはその他にも、中華やイタリアンなど世界各国から訪れるゲストに合わせた数々の美食がラインアップ。気品あふれるクラシカルな内装も相まって、慌ただしい日々から解放された非日常の空間を味わうことができるはずです。

キャディーへのチップを忘れずに

フェアウェイへの乗り入れは基本的にOK
フェアウェイへの乗り入れは基本的にOK

 最後にベトナムゴルフでの注意点を。日本のゴルフ場と違ってコース上には木がほとんど生えていないため、日陰になる場所が少なくラウンド中はほぼ直射日光のもとでプレーをすることになります。

 そのため日傘は必須。日本のようにカートに備え付けがあるわけではないので、マイ日傘を持ち込むか現地で購入、またはレンタルするのが良さそうです。

カートはプレーヤー自らが運転。キャディーは後方に立ち乗りのスタイル
カートはプレーヤー自らが運転。キャディーは後方に立ち乗りのスタイル

 ベトナムではプレーヤー1人につきキャディーが1人付くスタイルで、運転はプレーヤー自らが行う必要があります。

 また、キャディーとのコミュニケーションはカタコトの英語レベルでもOK。ゴルフに関する言葉は問題なく通じますし、身振り手振りを交えながらショットの狙いどころも教えてくれます。スコアカードへの記入をしてくれるのもうれしいポイント。

 そして、忘れがちなのがチップ。日本ではあまりなじみのない文化ですが、ベトナムでゴルフをする際は必ず用意を。

 相場は30万(約1500円)〜40万ドン(約2500円)ほど。スタート前にキャディーへ渡してからコースに出るのがスマートなゴルファーの形です。

まだまだ進化を遂げる「ホイアナショアーズゴルフクラブ」 写真提供:Hoiana Resort & Golf
まだまだ進化を遂げる「ホイアナショアーズゴルフクラブ」 写真提供:Hoiana Resort & Golf

 この「ホイアナショアーズゴルフクラブ」は、現在コースの拡張計画が進行中。プロジェクトの全貌はいまだ明かされていないものの、2030年の最終完成に向けてホイアンの海岸線に新たなコースが誕生する予定です。

 今後ますます注目を集めるベトナム・ホイアンでのリゾートゴルフ。自然と一体化したスリリングなプレーを体感してみてはいかがでしょうか。

e!Golf編集部