アマチュアに多いアウトサイドイン軌道のスイングは、スライスやプッシュアウトなど「右方向のミス」の原因です。さらに開いたフェースを閉じる動作を間違ってしまうと、右肩がかぶってしまいスイング改善は難しくなります。そこで、グリップだけにポイントを置いたドリルで右方向のミスとアウトサイドイン軌道を改善しましょう。

直さないアウトサイドインもある! 偽インサイドアウト軌道に注意

 カッコ悪いスイングになってしまうだけでなく、スライスやプッシュアウトのミスの原因にもなるアウトサイドイン軌道。アマチュアの多くが改善したい部分だと思います。

 しかし、「ボールに当てる」ということだけを考えると、何がなんでもインサイドアウト軌道に直すべきとは思いません。ムリやり作った偽インサイドアウト軌道では、ボール位置よりもはるか手前に最下点が来てしまいます。

フェースの「閉じる動作」を間違うと、アウトサイドイン改善は遠のくばかり
フェースの「閉じる動作」を間違うと、アウトサイドイン改善は遠のくばかり

 ティーアップしなければ当たらなくなったり、上半身を過度に傾けた「すくい打ち」を助長してしまう場合があります。

 スライスやプッシュアウトの悩みを、いきなりドローボールにするような大改造ではなく、全てのクラブで「それなりにボールに当たる」ように少しずつ改善していくほうがいいと思います。

フェースを閉じる動作に固執するほど「グリップ」が原因で右肩が前に出る

 アウトサイドイン軌道が頑固な人ほど、ある共通点があります。

 一つは、バックスイングで開いてしまったフェースを閉じる事ばかり意識してしまい、スムーズにスイングして「ヘッドがボールを通過するイメージ」がなくなってしまっていることです。

右方向のミスを嫌がるあまり、過剰にフェースを「閉じる動作」を行うと、右手の親指&人差し指が働きすぎて上半身が早い段階で前に出てしまう
右方向のミスを嫌がるあまり、過剰にフェースを「閉じる動作」を行うと、右手の親指&人差し指が働きすぎて上半身が早い段階で前に出てしまう

 確かに「インパクトのフェース向き」で打ち出し方向は決まります。スイング全体の動きで見た場合、バックスイングで徐々に開いたフェース面は徐々に閉じながらインパクトを迎えるべきものなのです。

 全体の動きがある程度できていれば、多少インパクトでフェースが開いていてもOBになるほど大きく曲がりません。「少しくらいのミスは許してあげる」くらいの気持ちでスイングに臨んでください。

 もう一つは、グリップの親指と人差し指の力でフェースを閉じようとしてしまうことです。この傾向が強い人ほどグリップの右手の親指部分が削れているはずです。自分のクラブを見て、右手の親指部分が削れている人はドリルで改善することをオススメします。

親指&人差し指を「離したまま」スイングでボールをつかまえる

 フェースが開いたままインパクトしてしまうのは、確かに右方向のミスが出そうで怖いかも知れません。しかしインパクトする際にフェースが閉じていれば、右に打ち出すミスは出ません。

「返す」や「包み込む」といった表現もありますが、円軌道の中で行われるフェースの開閉は器用で力のある親指と人差し指に頼らず行いたいものです。

力のある親指と人差し指を「離したまま」スイングして、フェースが閉じながらインパクトを通過する感覚を身につけよう
力のある親指と人差し指を「離したまま」スイングして、フェースが閉じながらインパクトを通過する感覚を身につけよう

 そこで、親指と人差し指を「離したまま」スイングしたり軽くショットしてみてください。「ものすごく違和感がある」と感じたら、それだけ2本の指に頼っていた証拠です。

 ゆっくりのスピードから徐々に振り幅やスピード上げても、インパクトでフェースが閉じながら通過する感覚がつかめたら合格です。

 ボールにきちんと当たっていれば、インサイドアウト軌道に固執しなくても大きな問題はありません。

【解説】横山 健司(よこやま・けんじ)

日本大学櫻丘高校では野球部に所属、日本大学経済学部時代には高校野球部で指導。24歳でゴルフを始め、2010年に「ヨコヤマ・ゴルフスクール」を開校。現在200名以上のスクール生を指導するかたわら、FMさがみで「横山健司のちょいとゴルフをしませんか」のパーソナリティーや「インドアゴルフレンジKz亀戸店」でヘッドティーチャーも務める。

猿場トール