キャディーつきプレーを選択すると、ボールだけではなく「グリーンフォークをお拭きしましょうか?」と声をかけられることがあります。汚れたフォークをキレイにするためですが、実はそれ以外にも意味があるような気もしました。

「グリーンフォークをお拭きしましょうか?」と声をかけられた

 筆者は自ら好んでキャディーつきプレーを選択することはありませんが、誘われたコンペがキャディーつきの場合があるので、年に数回キャディーつきでプレーします。その中で先日、あるゴルフ場のキャディーさんから印象深い声かけをされました。

 スタートホールのパー4でティーショットを左の林に打ち込み、2打目でフェアウェイを戻し、3打目でグリーンに乗せたときのことです。

ショットでできたボールマークは、自分で修復するのが最低限のマナー
ショットでできたボールマークは、自分で修復するのが最低限のマナー

 グリーンに上がってボールをマークしたところ、キャディーさんから「ボールをお拭きしましょうか?」と声をかけられたので「お願いします」とボールを渡しました。

 拭いてもらったボールを受け取った後、ボールが着地した地点を探しに行き、グリーンフォークでピッチマークを直していました。ピッチマークとはボールがグリーンに落下したときにできるくぼみのことです。

 するとキャディーさんが再び近寄ってきて「グリーンフォークをお拭きしましょうか?」と声をかけられたのです。筆者はゴルフを始めて20年以上経ちますが、そのように声をかけられたことがありませんでした。

 “えっ!? グリーンフォークをお拭きしましょうかって、どういうこと?”と思い、とっさに「大丈夫です」と断りました。

 次のホールでもピッチマークを直しているとキャディーさんが近づいてきて「グリーンフォークをお拭きしましょうか?」といってきたので、「ボクは今まで『グリーンフォークをお拭きしましょうか?』といわれたことがなかったのですが、どうしてグリーンフォークを拭くのですか?」と聞き返しました。

 すると「ピッチマークを直すとグリーンフォークに土や砂がつくので、そのままポケットに入れるとポケットの中が汚れてしまいます。だから『グリーンフォークをお拭きしましょうか?』とお声かけします」という答えが返ってきました。

 “なるほど!”と思いましたが、こちらは普段セルフプレーがほとんどですから、グリーンフォークを拭くことなんてありません。無造作にポケットに放り込んでいます。

 そして後半のラウンドが終了した時点で、ポケットの中のグリーンフォークやティーペッグを片づけるとき、ポケットをひっくり返して土や砂や芝草のカスを取り除きます。

 今回もそれでまったく問題ないと感じたので、「ボクはグリーンフォークの汚れは気にしないので、ボールだけ拭いてもらえれば大丈夫です」と伝えました。

ピッチマーク修復のお礼を伝えるのも目的の一つかもしれない

 したがって3ホール目以降は「グリーンフォークをお拭きしましょうか?」という声かけはなくなったのですが、この声かけには深い意味が込められている気がして、ゴルフ場サイドの意図を探りながらラウンドしていました。

 筆者が今まで「グリーンフォークをお拭きしましょうか?」というセリフを聞いたことがなかったのは、キャディーつきプレーのゴルフ場はキャディーさんがグリーンフォークを持ち歩き、ピッチマークを直しまくっていることが多かったからです。

 グリーンのコンディションはコースの評価を左右する大事な要素ですが、残念ながら昨今はピッチマークを直さない(直し方が分からない)ゴルファーが増えています。

 キャディーさんが直さないとピッチマークが減らないので、1ホールにつき10個くらいずつ直している印象がありました。

 ところが、このゴルフ場はキャディーさんがピッチマークを直している姿を一度も見かけませんでした。目土やバンカーならしはキャディーさんがしてくれましたから、ピッチマークを直さないのは意図的だと思います。

 つまり、このゴルフ場は「ピッチマークを直すのはプレーヤーの役割です」というスタンスで営業を行なっています。

 そのうえで、ピッチマークを直してくれたプレーヤーに対して「ピッチマーク修復にご協力いただき、ありがとうございます」という感謝の意を伝えるために、「グリーンフォークをお拭きしましょうか?」と声かけをするようにしたのでしょう。

 昨今のゴルフ場業界は人手不足が常態化しており、紋切り型の接客が目立ちますが、このゴルフ場のようにキャディーがやるべきこととプレーヤーがやるべきことをしっかり吟味し、自分たちで考えて行動する姿勢は好感が持てました。

保井友秀