国内女子ツアー「アクサレディスゴルフトーナメント」が終了。今大会で悲願のツアー初優勝を成し遂げた臼井麗香(うすい・れいか)がメルセデス・ランキング6位に入りました。

鈴木愛が依然として首位をキープ

 国内女子ツアー「アクサレディスゴルフトーナメント」が終了。最新のメルセデス・ランキングが発表されました。

ツアー初優勝を手にした臼井麗香が6位にランクイン 写真:Getty Images
ツアー初優勝を手にした臼井麗香が6位にランクイン 写真:Getty Images

 国内女子ツアーの各競技および米女子ツアー・メジャー競技での順位をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価する同ランキング。

 “黄金世代”とも称される1998年度生まれの臼井麗香は、今大会の優勝で200ポイントを獲得して6位にランクイン。臼井と1打差の単独2位で終えた昨年の年間女王・山下美夢有は120ポイントを加えて、17位から5位に順位を上げました。

 また、今大会で3位に入った小林夢果が90ポイントを加算し、83位から26位へジャンプアップ。

 首位には前週から変わらず鈴木愛が立ち、2位に岩井千怜、3位に小祝さくら、4位に天本ハルカと続いています。

 3月24日発表 最新のメルセデス・ランキングは以下の通り。 ※( )はポイント

1位  鈴木愛(545.00)2位  岩井千怜(378.61)3位  小祝さくら(340.33)4位  天本ハルカ(220.08)5位  山下美夢有(217.44)6位  臼井麗香(200.00)7位  竹田麗央(198.17)8位  菊地絵理香(193.43)9位  西郷真央(180.00)10位 高橋彩華(179.44)

e!Golf編集部