「本当に迷惑なゴルファー」はスコアや腕前ではなく、所作や言動にあるといいます。「不適切」なゴルファーを例に、自信がないゴルファーでも「ここさえ気をつければ大丈夫」なポイントを筒康博コーチに聞きました。

夏のゴルフ場レストランに「甚平」で登場した不適切にもほどがある人

 コースでは普通のゴルファーでは想像もできないような事件が起きています。今回はベテランの二人が実際にコースで遭遇した不適切にもほどがあるゴルファーの行為や言動を紹介します。

暑い日のラウンドでランチ時に「甚平」に着替え登場した不適切にもほどがあるゴルファーを目撃
暑い日のラウンドでランチ時に「甚平」に着替え登場した不適切にもほどがあるゴルファーを目撃

 ゴルフ歴30年以上の私が一回だけ遭遇した不適切にもほどがあるゴルファーは、夏の暑い日のラウンド前半を終えレストランに登場しました。青年の彼は、何と甚平に着替え「汗で濡れたポロシャツとパンツを乾かしている」とワケのわからない言動。

 周りのゴルファーもレストランも一気に凍りつき、すぐに支配人が登場。「申し訳ありませんが甚平で過ごされるのは他のお客様が困惑されるので……」とたしなめられ、ようやく事態が収拾しました。

 どう考えてもポロシャツとパンツの着替えを持って来る方が楽だと思いますが、こんな不適切にも程があるゴルファーもいるんですね。

渋滞ホールは事件の温床? ティーイングエリアで悪質マナー「共犯勧誘」

 先日のラウンドでは毎ホール渋滞になり、ティーイングエリアでは2組が待つ事態に。コンペでプレー進行が遅れ、余りの待ち時間とはいえ、ついにティーイングエリアでアプローチを始める始末。

前組ゴルファーから「あなた達も遊びませんか?(笑)」と悪質マナーへの「共犯の勧誘」があることも
前組ゴルファーから「あなた達も遊びませんか?(笑)」と悪質マナーへの「共犯の勧誘」があることも

 すると突然「あなた達も一緒に遊びませんか?(笑)」と悪質マナーの共犯への勧誘までされる事件が発生しました。ちょうど注意しようと思っていた矢先の出来事に呆れてモノもいえなくなりそうでした。

「前の組が遅いからといってティーイングエリアでアプローチしてしまったら、スロープレー以下の悪質マナーになりませんか?」といったところ、すぐに手を止めそそくさとカートに戻って行きました。

 スムーズなプレー進行なら事件は起きなかったはずですが、「赤信号みんなで渡れば怖くない」的な間違った共感を求める悪質マナーのゴルファー達は渋滞ホールで何かしら事件を起こしてしまうようです。

ゴルフは「人間性が現れる」ので注意が必要

 昔からゴルフは「紳士淑女のスポーツ」といわれていますが、現実には前組がショットに入ろうが大騒ぎする人や隣のホールから声もかけず侵入、他人のボールを持っていってしまう人などほど遠いマナーも横行しています。

ゴルフは「紳士淑女のスポーツ」といわれる一方で、普段は表に出ない人間性も如実に出ています側面も持ち合わせている
ゴルフは「紳士淑女のスポーツ」といわれる一方で、普段は表に出ない人間性も如実に出ています側面も持ち合わせている

 前が詰まって怒り出す人やミスショットの度にネチネチ暗くなり投げヤリになる人など、腕前やマナーが悪いというより「ダメな人間性がモロに現れる」のがゴルフなのかも知れません。

 仕事がらみでゴルフを始める若い人も多くいますが、「迷惑をかけないスコア」ばかりに目を向けず、「人間性」を上司や相手先の方は観察していると考えてプレーしてみてもいいと思います。

 ゴルフにはプレーを通じて自分でも気づいていない「人間性」や「性格」を周りに露呈してしまう魔力があるのかも知れません。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

猿場トール