国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」がきょうからスタート。今季6年ぶりのツアー復帰を果たした森田理香子(もりた・りかこ)は、山路晶(やまじ・あきら)、中村香織(なかむら・かおり)とのペアリングで初日を迎えます。

「頑張って4日間プレーしたい」

◆国内女子プロゴルフ<ヤマハレディースオープン葛城 3月28〜31日 葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(静岡県) 6455ヤード・パー72>

 きょう開幕する国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」。

 今季ツアー復帰を果たした森田理香子は、山路晶、中村香織と同組で初日を回り、10番ホールから午後12時05分にティーオフを迎えます。

3週ぶりの出場となる森田理香子(写真は今季の「ダイキンオーキッドレディス」) 写真:Getty Images
3週ぶりの出場となる森田理香子(写真は今季の「ダイキンオーキッドレディス」) 写真:Getty Images

「いろいろな人からグリーンも昔と違って重くなったよとか言われて、すごく速いイメージが残っているので下りにいってしまうと昔のイメージが出ちゃいます。そこを打っていかないと届かないと思うし入らないと思うので、グリーン面ではしっかり打てればいいかなと思います」と実に7年ぶりの参戦となる今大会のコースの印象を語った森田。

 3週前の「明治安田レディス」ではトータル21オーバーとまさかの最下位に沈んだものの、「成績は悪かったですが、気づきがすごくあったので私的にはいい試合だったなと思います」と前向きに捉えているようで、現在の心境と今大会の目標を以下のようにコメントしました。

「2週間でいろいろ考えられたし、より良くしたいという気持ちはプロゴルファーなのであります。自分でももっと向上心があるんだなと思ったし、ツアーから遠ざかってもプロゴルファーなんだという気持ちは改めて感じました。頑張って4日間プレーしたいなと思っています」

 また、前週の「アクサレディス」で悲願の初優勝を手にした臼井麗香は、岩井千怜、鈴木愛と今季優勝者が勢ぞろいしたペアリング。

 ディフェンディングチャンピオンの穴井詩は、小祝さくら、山下美夢有と回り、昨季2勝を挙げたホステスプロの神谷そらは、阿部未悠、菅沼菜々と同組になりました。

「ヤマハレディースオープン葛城」初日の主な組み合わせは以下の通り。

10番スタート 7:05/神谷そら 阿部未悠 菅沼菜々

10番スタート 7:15/青木瀬令奈 ささきしょうこ 櫻井心那

10番スタート 7:25/穴井詩 小祝さくら 山下美夢有

10番スタート 7:35/岩井千怜 鈴木愛 臼井麗香

1番スタート 11:40/桑木志帆 原英莉花 安田祐香

10番スタート 12:05/森田理香子 山路晶 中村香織

e!Golf編集部