今、巷ではどんなクラブが売れているのか、なぜ売れているのか? そんなゴルフ界のトレンドを探るべく、有賀園ゴルフで、売れ筋商品のランキング調査。アイテム別に毎週、レポートをお届けします! 今週は2024年3月のドライバーランキングです。

有賀園ゴルフで2024年3月に売れたドライバーベスト5

 今、売れているドライバーはどのモデルなのか徹底調査。ランキングは有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。最新のギアトレンドが一目で分かります。

第1位 G430 MAX 10Kドライバー(ピンゴルフジャパン)

G430 MAX 10Kドライバー(ピンゴルフジャパン)
G430 MAX 10Kドライバー(ピンゴルフジャパン)

 8層のカーボンをクラウン部分に採用したカーボンフライラップ・テクノロジーの採用と極薄フェースで軽量化。余剰重量を最適配分したミスに強い低重心設計に加え、ヘッド後方には固定式高比重ウエートを搭載し、深重心化も実現しています。慣性モーメント上下左右1万(10K)超えをかなえ、ミスを恐れず振っていけて理想の高さでブレずに狙えます。長さ:45.75インチ。2024年2月8日発売。メーカー希望小売価格:10万4500円(税込み)

球が上がりやすいのにスピンを抑えて曲がらないと高評価

 先月と比較しても、すごく売れている印象です。従来モデル「G430 MAX」より曲がらず、球は上がりやすいのにスピンを抑える、というメーカーの売り込み文句どおりの試打結果に、満足して買っていかれるお客様が多かったです。

 テーラーの「Qi10」シリーズよりもヘッドを軽く感じるという声も多く、振りやすいと評価される方も目立ちました。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第2位 Qi10ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

Qi10ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
Qi10ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

 オーソドックスな形状ながらも安心感のあるヘッドサイズのモデル。21グラムのバックウエートをヘッド後方に配置し、高弾道と適正なスピン量で飛距離と直進性を両立させています。第3世代となる軽量の60層カーボンツイストフェースと新開発のフレームとの相乗効果で、フェース広範囲でのエネルギー伝達効率を高め、ボール初速アップをかなえています。長さ:45.5インチ。2024年2月2日発売。メーカー希望小売価格:9万5700円(税込み)

高慣性モーメントの大型ヘッドが苦手な人がセレクト

 慣性モーメントの高さを売りにしている「Qi10 MAX」だと、ヘッドが大きすぎて、フェースを返しきれずに、右方向へのミスが出やすいという方も多く、そういった方々に支持されました。

 高慣性モーメントモデルはやさしいとされますが、一定数の方にとっては「やさしさが感じられない」ヘッドとなっており、それが今回の結果に反映されたと感じています。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第3位 Qi10 MAXドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

Qi10 MAXドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
Qi10 MAXドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

 60層カーボンツイストフェース+新開発フレームを採用し、寛容性、直進性、ヘッドサイズ、その全てのMAXレベルを目指して開発。Qi10シリーズの中では最もヘッドサイズが大きく、今までにない重量配分で慣性モーメント(MOI)1万(10K)をカーボンウッドで実現しています。ミスに強く、やさしく真っすぐ飛ばせるドライバーとなっています。長さ:45.25インチ。2024年2月2日発売。メーカー希望小売価格:9万5700円(税込み)

高慣性モーメントヘッドの曲がらない性能を体感できた人に人気

 先月は首位に輝きましたが、今回は3位。2月の売上がすごかったので、3月は少し落ち着いてしまったのかもしれません。

 とはいえ、2位の「Qi10」との差は全店舗合計でも10本差ぐらいなので、本当に僅差です。

 評判通りの高慣性モーメントヘッドでミスに強く、曲がらない性能を体感できる方はこちらを選んでいた印象ですが、迷う方も多かったですね。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第4位 パラダイム Ai SMOKE MAXドライバー(キャロウェイゴルフ)

パラダイム Ai SMOKE MAXドライバー(キャロウェイゴルフ)
パラダイム Ai SMOKE MAXドライバー(キャロウェイゴルフ)

 世界中から集めた25万ものスイングデータをインプットして誕生したAiスマートフェースを搭載。スピンや打ち出し角などを最適なものへと補正し、大きな飛距離と直進性の高い弾道を、プレーヤーへともたらします。こちらがスタンダードモデルとされており、より効果を発揮する打点範囲をやや大きめに設定。幅広いプレーヤーのニーズに応えます。長さ:45.5インチ。2024年2月2日発売。メーカー希望小売価格:9万6800円(税込み)

第5位 パラダイム Ai SMOKE MAX Dドライバー(キャロウェイゴルフ)

パラダイム Ai SMOKE MAX Dドライバー(キャロウェイゴルフ)
パラダイム Ai SMOKE MAX Dドライバー(キャロウェイゴルフ)

 リアルなスイングデータから生まれたAiスマートフェースを搭載。適度なドローバイアスで、しっかりつかまったボールをもっとも打ちやすく、高弾道とつかまりを追求したモデルとなっています。ヒールの下側やトゥの上側でヒットしても、最新のテクノロジーが真っすぐに大きく飛ぶ弾道へと変換するので、安定性にも優れています。長さ:45.5インチ。2024年2月2日発売。メーカー希望小売価格:9万6800円(税込み)

「カチャカチャドライバーのシャフトスリーブはどれも同じではない」(小室店長)

 ベスト5入りしたクラブは先月と同様でしたが、微妙な順位の変更もあり面白い結果になったように感じます。今後の順位の変動にも注目したいですね。

 最近の人気ドライバーは、ほとんどにネック部分の調整機能、いわゆるカチャカチャが搭載されています。そのため、異なるシャフトに付け替えて使うことが簡単にでき、季節やラウンドするコースに合わせて、シャフトを選んでいるという方もいらっしゃるほどです。

 多くのみなさんはご存知だと思いますが、ドライバーのカチャカチャ部分は「スリーブ」と呼ばれていますが、メーカーごとに異なるものが使われています。

 そのため「今までテーラーメイドで使っていたシャフトをそのまま、ピンのヘッドにつけて使う」といったことはできません。異なるヘッドに付け替えるときは、スリーブ部分を付け替える必要があり、手軽にシャフトを替えるという行為はしにくくなっているのです。

「ずっと同じメーカーのヘッドだから大丈夫」という方もいらっしゃるかもしれませんが、メーカーが同じでも、モデルが異なるとスリーブ部分が変わっている可能性もあります。

 例えば、ヤマハの最新の「RMX」は、前作までと異なるスリーブを採用しているので、以前のシャフトをそのまま付け替えて使えなくなっています。またピンの「G400」と「G410以降のモデル」もスリーブの種類が異なるため、シャフトの付け替えができません。

 今後もこういったクラブが出てくる可能性もありますので、以前使っていたシャフトを新しいドライバーに付け替えて使うことを考えているのであれば、スリーブ部分が同じかどうか、ショップスタッフに確認していただければと思います。

※ランキングは、有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。表記価格はメーカー純正シャフト装着モデルです。取材協力:有賀園ゴルフNEW杉並店

下山江美