雨のゴルフは「グリップが滑りやすく苦手だ」と感じるゴルファーは多いかもしれません。しかし、雨天のラウンドでも、晴天時と変わらないスイングでプレーできる人がいます。では、雨のゴルフで快適にプレーするには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

大事なのはグリップを握る力

 一般的にゴルフは、雨が降っても中止になることはほとんどありません。そのため、雨が降っていてもゴルフ場の予約を取ってしまっていれば、ラウンドをすることはマストになります。

ショットがなかなか定まらない雨ゴルフ 写真:AC

 特に、雨のゴルフは体温が下がりやすく、人によってはグリップが滑りやすくなるので、しっかりと対策をしないとスコアを大幅に崩してしまいます。では、本格的な梅雨のシーズンに向けて、雨のゴルフでスコアを崩さないためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

 まず、傘を差して手がぬれないようにしたり、グローブをタオルで拭くなどして、なるべくグリップが滑らないようにします。レッスンプロの三浦辰施氏によると、特に雨の影響を受けやすい人は、グリップを普段から強く握りすぎている特徴があると話します。

「人によって雨を気にする人とあまり気にならない人がいます。雨が気になるという人は、グリップを強く握りすぎている人が多いようです。当然ながら、雨の日はグリップが滑りやすくなるので、普段から強く握ってボールにコンタクトしようとしている人は影響を受けやすく、うまくいかなくなるのです」

 ゴルファーの中には、雨天時にボールが飛ばない理由をよく理解していない人もいるようです。

「逆に、普段から強く握らずにスイングの遠心力を上手に使ってスイングしている人は、雨で滑りやすくなったグリップの影響を受けづらいです。『レインウエアを着るから』『グリップが滑るから』という理由で、雨の日はボールが飛ばないと勘違いする人がいますが、それは違います。飛んでいくボールに雨や風が当たるから、ボールが飛びにくくなるのです」

 このように、雨の日はグリップが滑りやすく、思うようにスイングができないと感じている人は、グリップを強く握りすぎている可能性があります。そのため、念入りにクラブやグローブをタオルで拭いたり、普段よりもグリップに加える力を弱めてみると、滑りづらくなるはずです。

 さらに、替えのグローブを数枚用意しておくのもオススメです。ゴルフ場には、乾燥室が付いているところもありますが、ラウンド中に使用することは難しいので、雨に備え、ゴルフグローブを追加で用意しておくと良いでしょう。

雨ゴルフの味方「レインウエア」

 また、レインウエアに関しても、ゴルフ用のものを着用すると動きやすく、撥水(はっすい)性に優れているので使い勝手が良いです。特に、透湿性が8000グラム以上のものがオススメ。

 透湿性とは、内側から外側に水蒸気を出す性能を指し、衣服の内側にたまった余分な水蒸気を、外に出してくれる機能です。これがあることにより、汗による蒸れが軽減されるので、より快適にゴルフを楽しめます。

 最近ではおしゃれなレインウエアも増えてきており、女性用でポンチョのような形をしたものや、上下ピンクでチェック柄のレインウエアなど、雨のゴルフでも映えるものが多く販売されています。

 他にも、レインキャップを使用すると立体構造で水滴が顔にかかりづらく、パット時などでストレスを感じづらくなります。特に、ハット型の場合は360度つばがついていることから、耳や首に水滴が落ちづらいため、メガネをしてゴルフをする人にもオススメです。

 前出の三浦氏は「雨の日は、トップしてもボールが転がりづらかったり、ダフったときにささりやすかったりとミスに寛容ではなくなるが、雨をほとんど気にせずプレーできる人も一定数いる」と話します。

 雨のゴルフが苦手だと感じている人は、練習時からグリップに力を込めすぎないスイングを心がけたり、雨天用のゴルフグッズを使用してみると良いでしょう。

ピーコックブルー