今、巷ではどんなクラブが売れているのか、なぜ売れているのか? そんなゴルフ界のトレンドを探るべく、有賀園ゴルフで、売れ筋商品のランキング調査。アイテム別に毎週、レポートをお届けします! 今週は2022年4月のドライバーランキングです。

有賀園ゴルフで2022年4月に売れたドライバーベスト5

 今、売れているドライバーはどのモデルなのか徹底調査。ランキングは有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。最新のギアトレンドが一目で分かります。

第1位 ROGUE(ローグ)ST MAXドライバー(キャロウェイゴルフ)

 4種類あるROGUE STドライバーの中で、スタンダードの位置づけとなるモデルです。ややドローバイアスの設定で、これまで以上に高初速でストレートな弾道を安定して実現します。AI設計によるフェースや進化したJAILBREAK AIスピードフレームは、より効率化と最適化が図り、新構造のボディーで、インパクトのパワーを余すことなくボールに伝えます。2022年2月25日発売。メーカー希望小売価格:8万6900円(税込み)

ROGUE(ローグ)ST MAXドライバー(キャロウェイゴルフ)

直進性の高さと幅広いシャフトに対応できる点が評価されました

「ステルス」シリーズだと、球がつかまらないという人に支持されました。直進性の高さが大きな魅力で、さらに幅広いシャフトに対応でき、それぞれの特性を最大限に活かせるヘッドということも、高く評価されていたように思います。

 また、ローグSTシリーズは気になっていたけど、実際に周囲が使って、評判を聞けるまで待っていた人も多いようですね。

 周りの評判がいいから打ってみたいと、試打してみたら、結果が良くて、購入に結びついたケースも多かったです。簡単に球が上がって、ラクという声も目立ちました。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第2位 STEALTH(ステルス) ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

 複雑な構造からなる「60層のカーボンフェース」搭載のドライバー。ツイストフェースなど、従来モデルの優れたテクノロジーも継承し、驚異的なボール初速と高い安定性、さらなる低重心設計を施したモデルです。飛距離、安定性、打球音、すべてを高次元でかなえながら、バックウェイトの効果で、高い寛容性も実現させ、ミスヒットにも強くなっています。2022年2月4日発売。メーカー希望小売価格:8万6900円(税込み)

STEALTH(ステルス) ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

2度目の試打の感触が良く、迷いを捨てて購入という方が目立ちました

 ゴルフ場でも使っている人を多く見かけますし、やはり話題性には事欠かないですね。

 カーボンフェースという、ほかにはない特徴は、多くのゴルファーの注目を集めましたが、最近は「前に1度打ったけど、ピンとこなかった」という人が、再度、試打に来るケースが目立ちました。その方たちからは、何も変わっていないのに、不思議なことに「前よりいい感じ」という声が多く聞かれました。

 左方向へのミスが軽減できる、ストレートフェードが打てるという性能を、あらためて体感し、購入に結びつくケースが多かったように感じました。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第3位 ROGUE(ローグ)ST MAX D ドライバー(キャロウェイゴルフ)

 右に出るボールを抑えたいプレーヤー向けのモデル。ドローバイアスでアップライトな設計で、気持ちよく振り抜くだけで、高初速のハイドロー弾道を繰り返し放つことができます。効率化と最適化を図ったAI設計によるフェースや進化したJAILBREAK AIスピードフレームの新構造のボディーで、インパクトのパワーを余すことなくボールに伝えます。2022年2月25日発売。メーカー希望小売価格:8万6900円(税込み)

ROGUE(ローグ)ST MAX D ドライバー(キャロウェイゴルフ)

スライスが出やすいという人は、しっかり球がつかまるこちらを選びました

 ST MAXもそうですが、投影面積が大きめのシャローバック形状、重心角も大きめの「つかまり顔」をしています。

 構えたときの見た目から、球がつかまるイメージが持てるので、安心感を与えてくれます。自然にドローボールが打てるので、スライスに悩んでいる、もっと球をつかまえたいという人には、こちらのMAX Dをお勧めしました。

 直進性重視なら「ST MAX」、ドローボールが打ちたいなら「ST MAX D」と、キレイに住み分けできている印象です。こちらも周囲の評判がいいので、試して購入というケースが目立ちました。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第4位 ROGUE(ローグ)ST MAX FAST ドライバー(キャロウェイゴルフ)

 ローグSTシリーズのテクノロジーはそのままに、こちらは、接着型ホーゼルを採用し、軽量化されたヘッドと超軽量シャフトを搭載した軽量モデルで、もっとスイングスピードを上げたいと考えているプレーヤー向けです。ドローバイアスでアップライトな設計を加え、これまで以上に速いスピードで振り切れて、高初速のハイドロー弾道を楽にもたらします。2022年2月25日発売。メーカー希望小売価格:8万6900円(税込み)

ROGUE(ローグ)ST MAX FAST ドライバー(キャロウェイゴルフ)

第5位 STEALTH(ステルス)HD ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)

 ヒール寄りの重心の高さを変えたドローバイアス設計で、より高弾道で球をつかまえやすいモデルです。複雑な構造からなる「60層のカーボンフェース」を搭載し、ツイストフェースなど、従来モデルの優れたテクノロジーも継承し、驚異的なボール初速と高い安定性、さらなる低重心設計を施し、飛距離、安定性、打球音、すべてを高次元でかなえます。2022年2月4日発売。メーカー希望小売価格:8万6900円(税込み)

STEALTH(ステルス)HD ドライバー(テーラーメイド)

「無意識でポンとヘッドを置いて構えたときの、ヘッドの見え方を重視!」(小室店長)

 今まではステルスのほうが売れている印象でしたが、4月はローグSTが巻き返してきています。

 ラインアップも豊富なので、様子見をしていた方が「自分に合うローグST」を探しに来られていると感じました。幅広いゴルファーに対応できる点は魅力といえます。

 さて、ローグSTにしても、ステルスにしても、ドライバーの購入時には試打をしてみるのが、ゴルファーの必然になりつつあります。僕たち、ショップスタッフもみなさんに試打いただいて、どんな結果が出るかによって、クラブのすすめ方が変わってきます。

 ただし、クラブ選択をお手伝いできるスタッフがいない場合、自分1人で試打するときに、何をチェックすれば良いかわからないという声も耳にします。そんなときは、僕はアドレス時の印象を大切にして欲しいと思っています。

 特にドライバーはポンとヘッドを地面につけたときの「ヘッドの座り」にこだわる人も多くいます。これは、アドレスして、何も意識せずにクラブヘッドを置いたとき、どんな風に見えるかが、その後のスイングに影響することも多いからなんです。

 たとえば、フェードが打ちたい人が、ポンとヘッドを置いたとき、フェースが左を向いてしまっていたら、打ちたい弾道と見え方に違和感がありますよね? 自分がこれから打つ弾道をイメージしやすい見た目を選ぶことが大事なんです。

 打ちたい弾道とフェースアングルが一致していること。これを重視してください。

 また、ゴルフを始めたばかりで、自分が打ちたい弾道も、いろいろな違いもわからないという方も多いかもしれません。僕はそういった方には「フォロースルーが取りやすい、振り抜きやすいと感じるクラブを選んでください」とアドバイスします。

「まともにボールに当たらないから、わからない」ではなく、「何となく、振りやすい」この印象を大切にしてもらうようにしています。データはもちろんですが、自身のフィーリングも大事なんです。

※ランキングは、有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。表記価格はメーカー純正シャフト装着モデルです。取材協力:有賀園ゴルフNEW杉並店

下山江美