今、巷ではどんなクラブが売れているのか、なぜ売れているのか? そんなゴルフ界のトレンドを探るべく、有賀園ゴルフで、売れ筋商品のランキング調査。アイテム別に毎週、レポートをお届けします! 今週は2022年4月のアイアンランキングです。

有賀園ゴルフで2022年4月に売れたアイアンベスト5

 今、売れているアイアンはどのモデルなのか徹底調査。ランキングは有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。最新のギアトレンドが一目で分かります。

第1位 ステルス アイアン(テーラーメイド ゴルフ)

 トゥ側の金属を取り去った、新開発「トウラップテクノロジー」により生まれた余剰重量をソール後方に設置し、さらなる低重心化を図ることでラクに球が上がります。また、独自の「マルチマテリアル構造」を進化させ、高初速化を図り、飛距離と寛容性をアップ。加えて、打球音や打感といったフィーリングにも優れたディスタンスアイアンとなっています。2022年4月1日発売。メーカー希望小売価格:5本セット(#6〜9、PW):カーボン・12万6500円(税込み)、スチール・11万円(税込み)、単品(#5、AW、SW):カーボン・各2万5300円(税込み)、スチール・各2万2000円(税込み)

ステルス アイアン(テーラーメイド ゴルフ)

待ちに待ったやさしくてカッコいいアイアンの登場です

 シュッとした見た目で構えやすく、打つと飛ぶ。待ち望んでいた「やさしいけど、カッコいいアイアン」ということで、発売と同時に売れています。

 前作のSIM2はボテッとした見た目の大型ヘッド、プロ・上級者向けの「P」シリーズとの差が大きすぎるから、ちょうど中間くらいのモデルが欲しい……と、以前、お話した記憶がありますが、その待ち望んでいたニーズにピッタリなのが、「ステルス」アイアン。

 曲がらないし、ミスにも強いとスタッフの間でも話題になっています。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第2位 i525アイアン(ピンゴルフジャパン)

 極薄かつ高強度を実現したマレージングC300フェースと進化した中空ヘッド構造で、最大の初速とキャリーを発揮。ミスヒットでもロスなく飛ばせます。アンダーカット・ソールで高弾道を可能にし、さまざまな状況でスピン量の高い再現性を実現。心地良い打感と打球音もかなえた、ただ飛ぶだけではない、実践向けの飛び系アイアンです。2022年2月18日発売。メーカー希望小売価格:1本:カーボン・3万1900円(税込み)、スチール・2万8600円(税込み)〜

i525アイアン(ピンゴルフジャパン)

使っている人たちの高評価を聞いて試打に来る人が増えています

 実際に使っている人からの声や、雑誌などで紹介されている内容もかなり評価が高いことに影響されて、試打を希望する人が増えてきています。

 打ってみると結果が出るし、見た目はマッスルバックみたいで、上級者向けみたいなのに、やさしく使える、難しさは感じないという声がすごく多いです。

 これを使うと「1ランク上の世界に行けそう」という方もいらっしゃいました。シャフトはスチール、特にモーダス105の人気が高いですね。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第3位 ローグST MAXアイアン(キャロウェイゴルフ)

 進化したAI設計のFLASHフェースSS22搭載でさらなる飛距離性能を追求。より高強度のカーペンター450を採用し、貪欲に、ボール初速の向上を図っています。こちらは、シリーズ中でももっともストロングロフト化されたモデルの1つ。オフセットも大きめにつけられており、高い飛距離性能と抜群のやさしさを持ち合わせています。2022年3月18日発売。メーカー希望小売価格:5本セット(#6〜9、PW):13万2000円(税込み)、単品(#5、AW、GW、SW):各2万6400円(税込み)

ローグST MAXアイアン(キャロウェイゴルフ)

「ダイナミックゴールド95」と「ベンタスforキャロウェイ」が人気を二分

 ドライバーを買った人が、フェアウェイウッド、ユーティリティー、アイアンまでそろえるケースが目立ちました。

 やさしい飛び系アイアンで、シャフトラインアップの豊富さも魅力で、使いやすい重量帯がそろっています。スチールの軽量モデル「ダイナミックゴールド95」とオリジナルカーボン「ベンタスforキャロウェイ」が人気を二分。

 さらに軽量を求める人は、4位にランクインした「MAX FAST」を選んでいるようです。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第4位 ローグST MAX FASTアイアン(キャロウェイゴルフ)

 進化したAI設計のFLASHフェースSS22搭載でさらなる飛距離性能を追求。こちらのモデルは、ストロングロフトとヘッド重量の軽量化が最大の特徴となっています。高い寛容性を持ち、ボールを上げやすい設計が施され、振り抜きの良さから生まれるスイングの速さを、大きな飛距離へと変換し、パワー不足に悩むプレーヤーをサポートします。2022年3月18日発売。メーカー希望小売価格:5本セット(#6〜9、PW):13万2000円(税込み)、単品(#5、AW、GW、SW):各2万6400円(税込み)

ローグST MAX FASTアイアン(キャロウェイゴルフ)

第5位 ゼクシオ12アイアン(ダンロップ)

 さらに進化したチタンフェースアイアン。飛びの反発構造「REBOUND FRAME」をアイアンにも搭載し、フェースとボディをダブルでたわませて、ボールスピードをアップ。さらに、フェース下部の反発性能も向上させ、安定した飛距離を実現し、ミスヒット時の飛距離ロスも軽減します。ヘッドの加速と高弾道で大きく飛ばせるモデルです。2021年12月11日発売。メーカー希望小売価格:5本セット(#6〜9、PW):カーボン・13万7500円(税込み)、スチール・11万円(税込み)単品(#5、AW、SW):カーボン・各2万7500円(税込み)、スチール・各2万2000円(税込み)

ゼクシオ12アイアン(ダンロップ)

「5番アイアンの魅力をもっとみんなに知って欲しい」(小室店長)

 発売が待たれていたテーラーメイド ゴルフの「ステルスアイアン」が堂々の1位を獲得しました。

 さらに、ピンの「i525アイアン」も初ランクインを果たし、アイアンの順位は入れ替わってきてます。順位は入れ替わっても、上位モデルはすべて飛び系。

 やさしく飛距離が出せるモデルに人気が集まっている印象です。来月も順位は入れ替わるのか、それとも、しばらくステルス1強となるのか、注目したいと思います。

 最近のアイアンセットは6番アイアンからの5本セットというものが多くなっています。以前は5番アイアンからの6本セットが多かったのですが、今は5本セットが主流です。

 これは、ラクにボールが上がって、飛距離が出せるユーティリティーをセットに組み込むプレーヤーが多くなったためだと思います。

 そのため、最近、ゴルフを始めたばかりの人は5番アイアンを打ったことがないというケースも多いようです。でも、ある程度のヘッドスピードがあって、アイアンショットが得意なら、5番アイアンをぜひ試して欲しいし、セットに組み込んで欲しいと感じています。

 これは僕自身が感じていることですが、アイアンのほうが左右の曲がりが少なく抑えられるし、大きくスコアを崩すことにつながるようなミスが出にくいからです。

 ユーティリティーの多くは球をつかまえやすく設計されていることもあり、左方向へのミスが出やすい傾向にあります。また、グリーンを狙うショットでは、思ったよりランが出すぎて、いってはいけないグリーン奥のバンカーに転がって入ってしまったというケースもあります。

 アイアンだったら、スピンが効いて止まっていたであろうショットも、ユーティリティーだと転がり出てしまうことはよくあるんです。

 ボールが上がらない、飛距離が出ないことに悩んでいる方には、5番アイアンはおすすめできませんが、アイアンショットが得意。飛距離もしっかり出せているという方であれば、ぜひ、5番アイアンを打ってみてください。

 直進性が高く、狙ったところに落とせる点で、シビアにスコアを作っていきたい状況に応えてくれる相棒になってくれると思います。

※ランキングは、有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。表記価格はメーカー純正シャフト装着モデルです。取材協力:有賀園ゴルフNEW杉並店

下山江美