今、巷ではどんなクラブが売れているのか、なぜ売れているのか? そんなゴルフ界のトレンドを探るべく、有賀園ゴルフで、売れ筋商品のランキング調査。アイテム別に毎週、レポートをお届けします! 今週は2022年4月のフェアウェイウッドランキングです。

有賀園ゴルフで2022年4月に売れたフェアウェイウッドベスト5

 今、売れているフェアウェイウッドはどのモデルなのか徹底調査。ランキングは有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。最新のギアトレンドが一目で分かります。

第1位 ローグST MAXフェアウェイウッド(キャロウェイゴルフ)

 ノーマルな大きさの丸形ヘッドで、ややドローバイアスに設定。最大化された速さを、そのままストレートで大きな弾道へと変換することのできる性能に仕上げています。ヘッド内のトウ・ヒール部にAI JAILBREAK STを設置。従来のブレード形状よりもフェースのたわみやすい範囲が広がり、かつ慣性モーメントの向上にも貢献しています。2022年4月1日発売。メーカー希望小売価格:4万9500円(税込み)

ローグST MAXフェアウェイウッド(キャロウェイゴルフ)

ドライバーからの流れで購入される方が多いですね

 ドライバーとセット買いが目立ちました。すでにドライバーを購入している人は、フェアウェイウッドだけ追加で買いに来る印象です。

 やはり「やさしい」という声が多いですね。楽に球も上がります。そう考えるともっと3番ウッドが売れても良さそうなんですが、番手は圧倒的に5番が多く、追加で3番もしくは7番という流れです。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第2位 ステルス フェアウェイウッド(テーラーメイド ゴルフ)

 新開発「3Dカーボンクラウン」の採用により、さらなる低・深重心設計を施したモデル。先進のマルチマテリアル構造により、高慣性モーメントでミスヒットにも強く、精密なプレイアビリティを実現します。大きめのヘッドと、進化したVスチールソールにより、飛距離と直進性能、構えやすさを兼ね備え、高弾道でやさしく飛ばせます。2022年2月4日発売。メーカー希望小売価格:4万6200円(税込み)

ステルス フェアウェイウッド(テーラーメイド ゴルフ)

飛距離性能に魅力を感じる人はこちらのクラブを選びます

 やさしさを求める人は「ローグ」、飛距離を求める人は「ステルス」という住み分けが出来ているように感じます。

 球がつかまるけど、左へのミスが少ない。また、ミスしたと思ったショットも意外に大丈夫で、ツイストフェースが効いているという印象もあります。クラウンがマットな黒で、見た目的に構えやすいという声も聞かれました。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第3位 G425 MAX フェアウェイウッド(ピンゴルフジャパン)

 極薄で高強度のフェース面積をソールとクラウン部分まで拡大し、最大のたわみと初速を実現。ミスヒット時でも最適な弾道で飛距離レスを軽減するテクノロジーも搭載し、高慣性モーメントをかなえた、ブレずに飛ばせるフェアウェイウッドです。2020年9月18日発売。メーカー希望小売価格:4万7300円(税込み)〜

G425 MAX フェアウェイウッド(ピンゴルフジャパン)

ずっと人気で「さすが」という言葉しか出てきません(笑)

 ずっと上位人気をキープしているのは「すごい! さすが」としか言えません。もう、何も言葉が出てこないくらいです(笑)。

 純正のツアーシャフトの人気が高く、2人に1人はツアーを購入しています。しっかりと重さがある純正のツアーシャフトをラインアップしているメーカーは少ないので、そこも人気を牽引しているかもしれませんね。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第4位 ローグST MAX D フェアウェイウッド(キャロウェイゴルフ)

 ボールが上がりづらく感じているゴルファーや、右に出るボールに悩んでいるプレーヤーに、より適したモデルです。ST MAX FWと同様の性能を持ちながら、やや全体的に大きくしたヘッド形状で、慣性モーメントが高く、ドローバイアス設計を施しています。ロフトも大きめなので、しっかりとつかまった高弾道をやさしく打てる性能になっています。2022年3月11日発売。メーカー希望小売価格:4万9500円(税込み)

ローグST MAX D フェアウェイウッド(キャロウェイゴルフ)

第5位 ローグST MAX FAST フェアウェイウッド(キャロウェイゴルフ)

 ローグSTシリーズのテクノロジーはそのままに、最も軽量化されたヘッドを採用。前後長のある大きめのヘッドサイズで慣性モーメントも高く、ドローバイアス設計に加え、ロフトも大きめに設定されていて「もっとスイングスピードを上げたい」「しっかりつかまった、高いボールを打ちたい」というゴルファーのニーズに応えています。2022年3月18日発売。メーカー希望小売価格:4万9500円(税込み)

ローグST MAX FAST フェアウェイウッド(キャロウェイゴルフ)

「フェアウェイウッドのシャフトは無理にドライバーと同じにしなくても大丈夫」(小室店長)

 ドライバーをリシャフト、もしくは純正ではなく、カスタムシャフトを選んだ場合に、フェアウェイウッドのシャフトはどうするべきなのか、悩まれる人も多いみたいですね。

 僕個人の意見を言うと、無理にドライバーと同じシャフトを入れなくてもいいと思っています。

 というのも、ドライバーはティーアップして、目いっぱい振って飛ばすクラブですよね。でも、フェアウェイウッドは、地面から直接打つクラブなので、球を拾いやすいシャフトを選択したほうがいいと思っています。

 そう考えると、必ずしもドライバーと同じシャフトじゃなくても大丈夫で、逆に純正シャフトの方が適度にしなって、球を拾いやすいというケースも多いんです。

 なので、ドライバーの振りが100とすると、70〜80%の力でラクに打って、5番ウッドで200〜210ヤードくらい飛ばせるのであれば、あえて、シャフトを合わせる必要はないと思います。ただし、そのままだと、クラブがすごく軽く感じて、振りにくいのであれば、少し重めのシャフトに変えるのがベストだと思います。

 僕は以前、3、5、7番ですべて同じシャフトにしていたのですが、どうも7番だけ軽すぎて、トップスイングでヘッドがどこにあるのか分からなくなってしまうことがありました。

 そのため、3、5番は60グラム台のシャフトで、7番だけ70グラム台に変えたら、ショットが安定しました。

 重視して欲しいのは重さです。そこに、違和感がないのであれば、ドライバーのシャフトをカスタムしても、フェアウェイウッドは純正でもいいと思っています。

※ランキングは、有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。表記価格はメーカー純正シャフト装着モデルです。

取材協力:有賀園ゴルフNEW杉並店

下山江美