ラフからのアプローチや砲台グリーンに対してパターを使う人は多い。それだと距離感をつかみづらく、寄せ切れないことが少なくない。そんなときにオススメしたいのが、ユーティリティーや7番ウッドでの転がし。小さな振り幅でも転がってくれるし、ソールが広いのでミスもしにくい。ぜひ試してみよう!

ユーティリティーなら小さな振り幅でもかけ上がってくれる

 グリーン周りのアプローチで以下の状況を迎えた時、あなたはどのように寄せますか?

 1つはボールからピンまでは20ヤード以上離れ、ボールとグリーンエッジの間にはファーストカットよりも伸びているラフが存在する状況。パターで転がして寄せるには距離感をつかみにくいと思われます。

無理にパターを使うより、ユーティリティーのほうが寄せやすい場合が多い

 2つ目はラフが伸びていないものの、砲台グリーンの手前にボールがあり、やはりパターで転がすには距離感をつかみにくい状況です。

 アプローチで高い技術を持っている人なら、サンドウェッジでボールを上げて寄せてもいいでしょう。しかし、アベレージゴルファーならボールを転がすことをオススメします。

 もちろん、パターだと距離感をつかみにくいぶん、大きくショートしたり、オーバーすることが考えられるので除外します。小さな振り幅でもある程度転がってくれるクラブ、それはユーティリティーです。

 番手は問いません。ユーティリティーがなければ、7番ウッドでOKです。打ち方は8番アイアンでのランニングアプローチと同じです。ボールはスタンスの中央よりも1個ぶん左。体重は左足に7割乗せておきます。シャフトがほぼ真っすぐな状態になるように構えましょう。

 基本的に手首を使わずに、上体の回転でクラブを上げて下ろします。したがって、振り幅はマックスで時計の7時〜5時ぐらいです。ボールの少し手前からソールを滑らせるつもりでヘッドを動かしましょう。アイアンよりもソールが広いので、多少のダフリはカバーしてくれます。

ユーティリティーのアプローチでは手首を使わずに、上体の回転だけで打つ

テークバックとフォローのスピードを同じにする

 ウェッジや8番アイアンと比べてユーティリティー、7番ウッドはやや長く感じるかもしれませんが、短く握る必要はありません。ただし、ボールから少し離れて構えましょう。その際、横振りにならないように気をつけること。

 また、元々が飛びやすいクラブであるため、インパクトを強くすると予想以上に飛距離が出ます。それこそ、グリーンをオーバーするどころか奥のOBゾーンまで飛んでしまいかねません。

ボールを点でとらえるのではなく、ゾーンでとらえる意識を持つ

 ボールを点でとらえるのではなく、あくまでもゾーンでとらえるイメージです。そのためにも、常に一定のスイングリズムでクラブを振るように心がけましょう。ポイントはテークバックとフォローのスピードを同じにすることです。

 いきなり本番で打つよりも、アプローチ練習場などでどれぐらい振れば、どれだけ転がっていくのかを把握しておきます。それを基準にして、上り傾斜や下り傾斜での転がり具合を計算しましょう。

 さらに、芝の長さがどれだけ影響するのかも知っておくと、距離感をつかみやすくなります。

取材協力・取手桜が丘ゴルフクラブ(茨城県)

【指導】吉田洋一郎(よしだ・ひろいちろう)

北海道出身。世界のゴルフスイング理論に精通するゴルフスイングコンサルタント。デビッド・レッドベターから世界一流のレッスンメソッドを直接学ぶ。毎年数回、米国、欧州へ渡り、ゴルフに関する心技体の最新理論の情報収集と研究活動を行っている。欧米の一流インストラクター約100名に直接学び、世界中のスイング理論を研究している。海外ティーチングの講習会、セミナーなどで得た資格は20以上にのぼる。

山西英希