目土(めつち)とは、フェアウェイ上でスイングした際に、クラブが地面を削ってしまうことによってできた穴を埋める砂のことを指します。昨今、目土をせずに放置してしまうゴルファーがいると言われていますが、そもそも目土は、何のためにするのでしょうか?

目土はコースの保護やプレーの公平性を保つためにも大事なマナー

 乗用カートでのセルフプレーが主流となっている昨今、グリーンやフェアウェイなどのコースコンディションが非常に荒れているゴルフ場が一定数、存在します。

次にプレーする人の気持ちも考えて目土を忘れずに 写真:AC

 一昔前は、キャディー付きで歩きながらプレーすることが主流だったため、グリーン上のピッチマーク(グリーンにボールが落下したときにできるへこみ)を直すことや、ディボット跡に目土(めつち)することは、当たり前に行われていることが大半でした。

 ピッチマークを直すことに関しては、ある程度、一般ゴルファーの中でも浸透しているように感じます。しかし、ディボット跡を目土しないゴルファーが少なからずいるのは事実です。では、そもそもなぜ目土を行わなければいけないのでしょうか。

 まず、アイアンショットなどで削り取ってしまったフェアウェイ芝の破片をディボットと言い、芝が削り取られて土が露出してしまったへこみを「ディボット跡」と言います。そして目土とは、ディボット跡に砂をかぶせ、地面を平らにすることです。

 目土のやり方は、ディボット跡に山盛りに砂を入れて、足で軽く踏み均一にします。目土が周りの芝より盛り上がってしまうと、後続のショットに悪影響を及ぼすだけでなく、草刈り機の故障の原因にもなるため、周りの芝と平たん、もしくは少し低くなるように、軽く踏みならすことが重要です。

 目土をしなければならない理由は、大きく分けて2つあります。1つ目は、コースの保護・コンディションの維持です。ディボット跡をそのまま放置してしまうと、芝の根や茎が乾燥して枯れてしまいますが、目土をすることで、芝の根や茎の乾燥を防いで地温を保ち、新しい芝の生育を促進することができます。

 2つ目は、プレーの公平性を保つためです。ディボット跡をそのまま放置し、後続プレーヤーが運悪くディボット跡に入ってしまった場合、次のショットの難易度が増して不利な条件になってしまいます。後続のプレーに支障が出ないようにするためにも、地面の凹凸を整えることで、公平性を保つことができます。

 そんな目土ですが、ほとんどのゴルフ場では目土袋がカートに積んであります。さらに、個人用としてマスター室で貸し出しているところもあります。

 目土用の砂を入れるものとして袋タイプのもの(スコップが必要かつ容量が大きい)、筒・ボトルタイプのもの(スコップ不要で少量しか入らないが持ち運びやすい)があるので、自分に合う入れ物やS字フック・カラナビなどを利用して、出し入れしやすい置き場所も、合わせて試してみると良いでしょう。

 目土用の砂は、各ホールのティーグラウンド横やカートに備え付けのものから補充します。個人用として筒・ボトルタイプのものに入れておいて18ホールを回り終えて余った砂は、バンカーやコース間に廃棄せず、マスター室付近の目土用砂置き場に戻す、またはカートに備え付けられた目土袋に戻しましょう。

「セルフプレーが増えたから」というのは理由にならない

 このようなラウンド上でのマナーについて、レッスンプロの関浩太郎氏は、以下のように話します。

「欧米では、ゴルフに関わらずどのスポーツでもそうですが、ゴルフ場などの施設を管理してくれる人にもリスペクトを持っています。ジュニア育成などスポーツをやる根底で、まず学んでおかなければならないことです」

「なので、目土がおろそかになる原因が『セルフプレーが増えたから』というのは理由になりません。欧米では、キャディー付きでゴルフをすることはほとんどありませんが、目土はきちんと行っている人が大半です。素晴らしいコンディションを維持してくれているコース管理などの従業員に対して、日本では少しリスペクトの部分が欠けているのかもしれません」

 プロゴルファーのアーノルド・パーマー選手の格言で「自分がゴルフ場に来たときよりも、1つ多くのピッチマークを直して帰りなさい」というものがあります。

 ラウンドをする際には、プレーを楽しむことはもちろんですが、目土やピッチマークなどを見つけた場合は、自分が付けたものでなくても直すように心がけてみると、快適にプレーできるゴルフ場が増えていくかもしれません。

ピーコックブルー