マジェスティゴルフからゴルファーの心を最高の状態に導き、秘める力を引き出すことで、究極と呼ぶに相応しい飛びを実現する「MAJESTY PRESTIGIO XII(マジェスティ プレステジオ トゥウェルブ)」が登場。2022年7月22日(金)に発売されます。

「マジェスティ プレステジオ」シリーズの12代目が誕生

 マジェスティゴルフはフラッグシップモデルとなる「MAJESTY PRESTIGIO XII(マジェスティ プレステジオ トゥウェルブ)」を2022年7月22日(金)に発売すると発表しました。ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアンをレディスモデル含め充実のフルラインアップで登場します。

「MAJESTY PRESTIGIO XII(マジェスティ プレステジオ トゥウェルブ)

 世界最高レベルの品質とテクノロジーを余すことなく有するという「マジェスティ プレステジオ」。ヘッドもシャフトも機能も外観も、全てが丹念に作り込まれた逸品。いかに遠くへ飛ばすか、いかに狙ったところへ打てるか、ゴルフというゲームの本質を追求するシリーズ史上最高のフラッグシップモデルとなっています。

 ドライバーは、美しさとエネルギー効率を融合した「チタン・モノコックボディ」を採用。アイアンは「ビルトインタングステン」により強高弾道を実現しています。より遠くへ飛ばせるという飛距離性能が実現されています。

 さらに、ドライバーは新発想の「パワーEI 設計シャフト」を採用することでボディターンを高速化。しなりを活かしたスイングの“タメ”を生み出し、46インチながら47インチ同等の飛びが叶えられています。シャフト先端に採用した超高弾性のカーボンは、ヘッドが安定しミート率が向上させる効果があるといいます。

 デザインは、プレステジオらしいワインレッドを基調とした「トリプルグラデーション塗装」を採用。フェースにはプレステジオの象徴である鳳凰のレーザー彫刻が施されています。

 フェアウェイウッドはヘッド全体の54%、ハイブリッドはヘッド全体の45.2%もの重量をソールに集中させて、低深重心で楽に球が上がる設計になっています。

 アイアンは業界初、鉛の1.5倍もの比重がある「超高純度タングステンエックス16.5」の装着により、ハイブリッドにも匹敵する深い重心を実現。プロのような強く、高い弾道が得られるといいます。

 Made in Japanの頂に君臨する究極のクラブ、ぜひ一度手にしてみてはどうでしょう。

【商品概要】商品名:「MAJESTY PRESTIGIO XII(マジェスティ プレステジオ トゥウェルブ)」価格:ドライバー:25万3000円(税込み)、フェアウェイウッド:17万3800円(税込み)、ハイブリッド:10万4500円(税込み)、アイアン単品:7万8100円(税込み)、メンズセット(5本 7〜10,PW):39万500円(税込み)、レディースセット(5本 7〜9,PW,SW):39万500円(税込み)発売開始:2022年7月22日(金)

e!Golf編集部