ウェッジの話をするときによく聞く「バンス」とはいったい何? 「ハイバンス」「ローバンス」などと言われるけれど、どういった意味があって、どう選べばいいのでしょうか。ゴルフクラブのスペシャリスト、ゴルフフィールズユニオンゴルフ店の小倉勇人店長に説明してもらいました。

「バンス」はウェッジのお助け機能

 そもそも「バンス」というのは、アイアンやウェッジのソール部分の出っ張りのこと。

 試しに自分のウェッジを、シャフトが垂直になるようにクラブを立てて、よく見てみてください。リーディングエッジよりもソール部分が少し下に出っ張っているのがわかると思います。この出っ張りを「バンス」と呼びます。

シャフトを垂直にすると、ソール部分の出っ張り「バンス」がよく分かる

「バンスは、おもにウェッジなどでボールを打つ際にリーディングエッジが地面に刺さるのを防ぎ、ソールの“抜け”をサポートする機能を持ちます。バンスがないウェッジは、ヘッドがちょっとでもボールの手前から入るとすぐにザックリのミスになってしまい、扱いが難しくなってしまうんです」

 バンスはいわば、アプローチのミスを防いでくれる“お助け機能”というわけです。

 またバンスは、ヘッドが砂に潜るのを防ぎ、砂とボールを飛ばす役割を果たすので、バンカー用のウェッジにも必須の機能だそうです。

 バンスの大きさは「バンス角」という角度であらわされ、一般的にはSW(サンドウェッジ)などのロフトの多いウェッジではバンス角が大きく、アイアンにも小さい角度ですがついています。

 小倉店長によれば、SWではバンス角は10度前後を基準に、それより大きければハイバンス、小さければローバンスとみなされるそうです。

バンス角が大きい=やさしいとは限らない

 ではバンス選びはどのように考えればいいのでしょうか。

 一般的にはハイバンスウェッジはやさしとも言われますが、本来は自分に適正なバンスというものがあるので、そのように決めつけるべきではない小倉店長は言います。

ヘッドが砂に潜るのを防ぎ、砂とボールを飛ばす役割を果たす「バンス」

「適正バンス角は入射角と関係があるので、ボールを鋭角に上からとらえる人はハイバンス、ゆるやかな入射角で払って打つ人にはローバンスが合いやすいと言えます。一方で、バンス角が大きいウェッジほど、ミスをカバーしやすくオートマチックなインパクトを迎えやすいという側面があるので“やさしい”と言われがちです」

「ところが、バンス角が大きすぎるとボールをクリーンに拾って打つ際などにジャマになる場合があります。そのため、繊細なテクニックを使いたい人にとってはローバンスを扱いやすいと感じる人もいます。個人的には自分の打ち方とソールの当たり方の好みで選べばいいと思っています」

 また同じバンス角でも、ソールの形状によって実際にボールを打つ際のバンスの効き方には違いがあります。

 ソールの後方(トレーリングエッジ)やトゥ・ヒール部分が削られていたり、ソールに丸みがついていると、同じバンス角でも実際に使う際の効果に違いが出たり、フェースを開いた際のバンスの効き具合が変わったりします。また、幅の広いソールは、ハイバンスと同じような効果を発揮する場合もあります。

「最近のウェッジはソールのグラインド(削り)のバリエーションが多いので、バンス角の数字だけを見て効果を決めつけないほうがいいでしょう。自分のスイングタイプや構え方のクセ、開いて使うのかスクエアに使うのかといった使い方などによって変わってくるので、できれば芝の上で実際に打って確認してほしいですね」

 アマチュアはウェッジを芝の上から試打する機会がなかなかない。しかし購入する際は、試打ブースなどで様々な打ち方を試し、自分に合ったバンス角や形状を見つけることが大切といえそうだ。

鈴木康介