ドライバー同様「モデル難民」が多いのが、FW(フェアウェイウッド)&UT(ユーティリティー)ではないでしょうか? そもそも、フェアウェイウッドとユーティリティーに性能の違いや境界線はあるのでしょうか?ギアへの造旨も深い人気インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチに話を聞きました。

フェアウェイ以外でも使うのでネーミング通りではないFW

 FW(フェアウェイウッド)はその名の通り、フェアウェイから大きな飛距離を出すためのクラブ。一方UT(ユーティリティー)という名前は便利な単品クラブの総称でしたが、現在はウッドとアイアン両方の要素を持った「ハイブリッド」の意味になっています。

 日本人ゴルファーにとっては、ハイブリッドよりUTと呼んだ方がクラブをイメージしやすいと思います。

フェアウェイウッド&ユーティリティー(ハイブリッド)を活用するためには違いを理解する事が重要

 まずFWですが、名前通りフェアウェイ専用クラブとして使っている人は少ないと思います。「ラフからうまく打てないんだよね」「ティーアップした時に左に飛んでしまう」など、様々な状況からゴルファーが使っていることを、ずっと前からメーカーは知っています。

「ティーアップするとドライバー並みに飛ぶ」3番ウッドや「ラフから打ってもボールが上がりやすい」などのFWモデルが登場しているのは、使用頻度が少ないにも関わらず多くの性能を求めた結果に生まれた進化と言えます。

 FWにはヘッドに大きな特徴があります。それは、フェース面に丸みがある事です。

 タテ方向の丸みを「ロール」、ヨコ方向の丸みを「バルヂ」と呼びますが、フェース面に丸みがある事でボール初速をアップする効果と構えた時の見た目が美しいシルエットになりナイスショットのイメージが出やすくなります。

FW(フェアウェイウッド)は様々な状況から飛距離を出せる性能が求められる

 また、「FWが嫌い」な人にも理由があります。まず、フェース面が丸いためにトゥ部に当たれば右に、ヒール部に当たれば左にフェースが向いているという事です。

 フェース上下に関しても、上と下で実際のロフト角が変わるので、下部で当たるほど打ち出しが低くなり上部で当たるほど打ち出しは高くなります。ロフトの少ない3番ウッドが難しいのは、ダフらずにインパクトする事を意識するとロフトの少ないフェース下部に当たりボールが上がらなくなってしまうからです。

 またFWはドライバーから派生しているため、クラブが長いと感じるゴルファーが多くいます。しかも、ドライバーと比べFWのヘッドは巨大化していません。飛距離が出やすい反面「真っすぐ飛ばない」と多くの人が苦手意識を持っているのです。

UTにはウッド型とアイアン型がある

 フェアウェイウッド(FW)とアイアンの中間距離を、やさしく打つために生まれたUT(ユーティリティー)は、現在「ウッド型」「アイアン型」があります。

ウッドとアイアンのハイブリッドがUTだが、フェース面が平ら(アイアン)か、バルヂ&ロールがある(ウッド)かで派生がわかる

 UTはそもそもウッドとアイアンの良い所取りをしている「ハイブリッド」なので、機能軸としての明確な違いはフェース面の構造に見る事ができます。現在のUTは「ウッド型」「アイアン型」どちらもヘッドが大きく中空構造になっていて、形状も近しくなっています。

 設計と性能の面で、フェース面に丸みがあれば「ウッド型」、平らなフェース面なら「アイアン型」と呼ぶ事が出来ます。飛距離性能を重視したバルヂ&ロールがある「ウッド型」なのか? それとも打ち出し方向が安定しやすい平らなフェース面を採用している「アイアン型」なのか? に違いが表れます。

 また、「アイアン型」UTは刃の部分(リーディングエッジ)がシャフト軸線近くにあるため、ボールの位置によって上下の打ち出し角をコントロールしやすくなっています。

 一方、「ウッド型」UTはシャフト軸線より前にリーディングエッジが出ているため、飛距離も高さも出しやすくなっています。

クラブスペックで「ハイブリッド」化に

 現在のUTは、長さを含めクラブスペックが「ハイブリッド」化されています。

 例えば「ウッド型」でもアイアンに近いクラブ長さやシャフト種類を採用しているクラブが多いですし、「アイアン型」も軽くて長めのシャフトで楽に振り切れるようなスペックのモデルが多くなってきました。

 このため、ロフトが立っている超飛び系アイアンが全盛の現在でもUTがセッティングの中で充分に活躍できる余地が残されています。

「7番アイアンが基本」は間違い!?

 現在、一番長いドライバーの平均的な長さは45.5インチ前後。一番短いウェッジは35インチ前後になっています。

 中間は? というと、大体40インチ前後になりUTを打つ事で長い番手にも短い番手にも繋がります。7番アイアンで基本を覚える、という話はクラブの目線で言うと単に短いアイアンの練習をしているだけと言えます。

現代のドライバーとウェッジの中間の長さは約40インチ。UTを中心にクラブを使いこなす事で長い番手も短い番手も慣れやすい

 中間の長さであるUTを練習しておけば、長い番手にも短い番手にも慣れやすくなります。

 また、FWは昔から「払い打て」と言われています。事実インパクト時の入射角も、平均的にレベル(平行)になります。極端なアッパーブローやダウンブローを修正する場合にも、FWを打つことが大切になります。

 クラブ長さの観点からも、スイング軌道の最下点の近くでインパクトするFW&UTを使いこなせればショット力のアップに貢献してくれるはずです。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

猿場トール