ウェッジには複数の種類があるため、右も左も分からない初心者ゴルファーは、どれを購入するべきか悩むかもしれません。では、初心者ゴルファーは、何本のウェッジを持っておくのがベストなのでしょうか?

ビギナーは「サンドウェッジ」と「ピッチングウェッジ」の2本で十分

 ゴルフクラブのセッティングは、ゴルファーにとって悩むポイントであり、試行錯誤することが楽しさでもあります。セオリーがあるようでないため答えがなく、ゴルフ経験の浅いゴルファーは、頭を悩ませるかもしれません。

アプローチさえうまくいけばスコアがまとまるのに… 写真:AC

 中でも、ウェッジのセッティングは定番の悩みです。ウェッジとは、短い距離を打つ目的で設計されたクラブの総称で、バックスピンで止まるボールや高いボールを打つアプローチで使用されることが一般的です。

 クラブのフェースが上を向いているのが特徴で、ロフトの角度がウェッジを使い分ける際のポイントです。では、初心者ゴルファーの場合は、ウェッジを何本持っておくのが良いのでしょうか?

 レッスンプロの三浦辰施氏は、以下のように話します。

「初心者ゴルファーの場合は、サンドウェッジとピッチングウェッジの2本があれば十分だと思います。サンドウェッジでバンカーショットもできますし、ピッチングウェッジでピッチエンドランを覚えたりと、基本的に困ることはありません。では、どのような人が複数のウェッジが必要になるかというと、ピッチングウェッジとサンドウェッジの飛距離の間隔が空きすぎている人です」

「例えば、ピッチングウェッジで130ヤード、サンドウェッジで90ヤード前後の人の場合は、40ヤードの間隔があり、その差をコントロールショットで埋めるのは難しいので、中間距離を打てるアプローチウェッジが必要になります。ピッチングウェッジで100ヤードほどしか飛ばない人であれば、サンドウェッジとの間隔が狭いので、アプローチウェッジを増やす必要はありません」

 このように、ピッチングウェッジで短い距離を打つのが難しく、サンドウェッジだと届かない距離があるというゴルファーには、アプローチウェッジが必要になってきます。

 そもそも、アプローチウェッジができた理由は、ピッチングウェッジとサンドウェッジの距離が空きすぎていることからなので、ピッチングウェッジとサンドウェッジの飛距離差がそこまでないゴルファーにとっては、必要ありません。

大切なのは「距離感」と「力加減」

 また、必要以上にウェッジを持ちすぎているビギナーは、クラブに頼らないと飛距離を調節できないゴルファーになってしまう可能性があると、三浦氏は話します。

「複数のウェッジを所有していると、フルショットで距離を合わせようとするので、距離感や力加減が身につきづらいです。フルショットでも、ロフト角の違いによって、10ヤードくらいのピッチであれば打ち分けられますが、それではコントロールショットが打てるようになりません」

 コントロールショットを意識することで、パッティングにも良い影響があると三浦氏は言います。

「最後にカップへボールを入れる際は、パター1本で1ヤードから、長いときは20ヤードほどまで打ち分けなければなりませんが、このとき、重要になるのは『距離感』と『力加減』です。常にコントロールショットを意識して打っている人と、クラブに頼って打ち分けている人では明確な差が出てきます」

「パターの距離感や力加減をつかむという意味でも、初心者ゴルファーは、まず少ないクラブで距離を打ち分けることにトライした方が良いでしょう」

 つまり、ウェッジを複数所有していると、どうしてもクラブごとのフルショットで距離を合わせてしまい、ゴルフのスコアを縮めていくうえで大切な「距離感」や「力加減」が身につきづらいのです。  そのため、初心者ゴルファーは、まずサンドウェッジとピッチングウェッジだけを所有し、飛距離の間隔が40ヤードほど離れた人であれば、アプローチウェッジを増やすことを検討してみても良いかもしれません。

ピーコックブルー