今、巷ではどんなクラブが売れているのか、なぜ売れているのか? そんなゴルフ界のトレンドを探るべく、有賀園ゴルフで、売れ筋商品のランキング調査。アイテム別に毎週、レポートをお届けします! 今週は2022年5月のユーティリティーランキングです。

有賀園ゴルフで2022年5月に売れたユーティリティーベスト5

 今、売れているユーティリティーはどのモデルなのか徹底調査。ランキングは有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。最新のギアトレンドが一目で分かります。

第1位 G425ハイブリッド(ピンゴルフジャパン)

 フェース面積をソールとクラウン部分まで拡大したことで、最大のたわみと初速を生み出します。高比重のソールウェイトをヘッド後方部に搭載して、上下左右の慣性モーメントを拡大。ミスヒットでも安定した結果をもたらす、ブレないハイブリッドです。2020年9月18日発売。メーカー希望小売価格:スチール・3万7400円(税込み)、カーボン・4万1800円(税込み)

ラインアップ=#2(17度)、#3(19度)、#4(22度)、#5(26度)、#6(30度)、#7(34度)

G425ハイブリッド(ピンゴルフジャパン)

多くの新製品が出ているのにトップの座をキープ

 とにかく長く売れ続けているモデルです。番手はもとより、シャフトのバリエーションの豊富さも人気を牽引している印象です。

 50グラム台の純正カーボンから重めのカーボン、スチールシャフトも人気ですね。年代やプレーヤーごとにシャフトが選べるので、幅広いユーザーに対応できるところが、売り上げ本数に直結していると思います。さすがです。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第2位 ステルス レスキュー(テーラーメイド ゴルフ)

 カーボンクラウンを採用し低・深重心化を実現。ツイストフェースとの相乗効果で、飛距離性能と寛容性を両立させました。進化した「Vスチールソール」で抜けの良さもかなえ、フェアウェイはもちろん、ラフからのショットでも思い通りに振り抜け、ピンを狙えます。2022年2月4日発売。メーカー希望小売価格:スチール・3万6300円(税込み)、カーボン・3万9600円(税込み)

ラインアップ=#3(19度)、#4(22度)、#5(25度)、#6(28度)

ステルス レスキュー(テーラーメイド ゴルフ)

安定感に魅力を感じ、SIMからの乗り換え組が目立ちました

 こちらも若い人に人気だった印象です。3対1の割合でスチールが売れていたので、そこにも表れていますね。

 周囲に使っている人が増えてきて、気になるので試打すると安定した球が出るので、SIMやSIM2から買い替える人も多かったです。また、ステルスのアイアンが人気なので、セットで購入するケースも目立ちました。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第3位 ローグ ST MAX ユーティリティ(キャロウェイゴルフ)

 JAILBREAK STをトゥ側とヒール側に設置。従来よりもフェースカップの端までしっかりとたわませられて、ボール初速を向上しています。ややドローバイアス設定で、わずかにストロングロフト化。やさしく、型破りな飛びが手に入るユーティリティーです。2022年3月11日発売。メーカー希望小売価格:4万1800円(税込み)

ラインアップ=3H(18度)、4H(20度)、5H(23度)、6H(26度)

ローグ ST MAX ユーティリティ(キャロウェイゴルフ)

ドライバーからのセット購入がメインだった印象

 ドライバーからセットで購入するケースがメインだった印象です。ただ、セッティングとしては、アイアンに合わせてモデルを選ぶ傾向です。

 こちらは純正のカーボンシャフトが人気で、スチールの購入はほとんど見られませんでした。パワーヒッターよりは、クラブの力で飛ばしたいと考える層に支持されていたようです。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

第4位 ゼクシオ12 ハイブリッド(ダンロップ)

 ダウンスイング時の空力をコントロールする「アクティブウィング」がヘッドのブレを抑え、最適なインパクトを実現。「リバウンドフレーム」構造との相乗効果で、ボール初速を高めて、大きな飛距離でピンを狙えます。2021年12月11日発売。メーカー希望小売価格:4万2900円(税込み)

ラインアップ=H3(18度)、H4(20度)、H5(23度)、H6(26度)

ゼクシオ12 ハイブリッド(ダンロップ)

第5位 ローグ ST MAX OSユーティリティ(キャロウェイゴルフ)

 大きめのヘッドサイズにJAILBREAKテクノロジーを採用し、高初速化を実現。ハイトゥ型のヘッドシェイプに、ドローバイアスの設定。高慣性モーメントと安心感も手伝って、レベルを問わず、ラクに高弾道で大きく飛ばせるモデルです。ロフトラインアップも豊富です。2022年3月11日発売。メーカー希望小売価格:4万1800円(税込み)

ラインアップ=3H(19度)、4H(21度)、5H(24度)、6H(27度)、7H(30度)、8H(33度)

ローグ ST MAX OSユーティリティ(キャロウェイゴルフ)

「ユーティリティーのシャフトはアイアンに合わせて選ぶと良い」(小室店長)

 G425のロングセラーぶりには驚くばかりです。これだけ新製品が出てきているのに、売れ続けるというのは本当にすごいことだと思います。

 バリエーションが一つのキーワードになっている印象は否めません。個々のセッティングが見直される昨今、豊富なロフトラインアップは魅力あるものなのだと感じます。

 さて、ラインアップといえば、シャフトの種類もいろいろありますよね。ユーティリティーに関しては、シャフト選びに悩む方も多いようです。

 全アイテム、カーボンシャフトという人はあまり迷わないと思いますが、アイアンがスチールシャフトという方は、かなり悩まれています。

 僕個人のアドバイスとしては、ユーティリティーのシャフトは、アイアンに合わせるほうがいいと思っています。ただし、22度くらいまでのロフトのモデルで、そのようにオススメしています。

 22度は4番アイアン、25度は5番アイアンの代わりに入れる人がほとんどでしょうから、アイアンと同じ感覚で振れるシャフトをセレクトするのがいいという考えです。

 4UTはスチールだと重く感じるのであれば、重さだけを変えるのもオススメです。アイアン、5UTが90グラム台だとすると、4UTは80グラム台にするという方法です。長さがある分、重く感じているので、重量帯で調節するのです。そのほうが振り心地がそろって、扱いやすく感じられると思います。

 それよりも上の番手、20度よりもロフトが立っているモデルは、急に球が上がりにくくなるので、カーボンシャフトで球を上げるのか、スチールで打ち込んで球を上げるのか、選択する必要が出てきます。

 ただし、20度より立っているロフトで、球を上げたいのであれば、7番ウッドや5番ウッドに置き換えるという選択肢もあるので、ロフトが立って難しくなったユーティリティーを、無理に選ぶ必要もないとも考えています。

※ランキングは、有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。表記価格はメーカー純正シャフト装着モデルです。取材協力:有賀園ゴルフNEW杉並店

下山江美