「地クラブ」とは量販店にはほとんど並ぶことのない、小規模メーカーによって作られたクラブのこと。他人とは違うクラブを使ってみたいゴルファーの中には、気になっている人も多いはず。そこで、ゴルフ工房「ゴルファーズ・ガレージ・サムライ」協力のもと、最近話題のフェアウェイウッドを紹介します。

「RODDIO(ロッディオ) FAIRWAY WOOD」がオススメ

 ヘッドパーツなどで販売されることが多い「地クラブ」。より細かい調整が可能で、購入後にも工房に依頼すれば、調整できるアイテムも多く、「後からでもより最適にカスタマイズが可能」という安心感を与えてくれる。

 そこに魅力を感じ、「地クラブ沼」にハマるゴルファーも多いという。とはいえ、量販店での取り扱いはなく、実物を気軽に見られない商品なだけに、何がいいのかわからない。そんな声に応えて、多くの地クラブメーカーの商品を扱う工房で、オススメを聞いてみた。今回はフェアウェイウッド編。

NーSoleを装着した「RODDIO(ロッディオ) FAIRWAY WOOD」。外装色はブラックIPフィニッシュ

プレーヤーのタイプに合わせてソール部分のパーツが選べる

 話を聞いたのは、埼玉県朝霞市にある「ゴルファーズ・ガレージ・サムライ」のクラフトマン・枝松和建さん。「地クラブメーカー」のアイテムを中心に年間100機種以上を試打。レッスンプロの資格も有していて、丁寧なカウンセリングを基に的確なフィッティングで、各々に合ったクラブを「細やかに」「美しく」組み上げると評判。ゴルファーたちから一目置かれる存在だ。

 そんな枝松さんオススメのフェアウェイウッドは「RODDIO (ロッディオ)FAIRWAY WOOD」。オノフなどで知られるグローブライドのグループ会社、株式会社スポーツライフプラネッツが有する「RODDIO」ブランドのフェアウェイウッドです。

多様なカスタムパーツを組み合わせることで自分好みのFWを作り上げることができる

 会社名よりもブランド名のほうが有名なので「ロッディオ」という名前に聞き覚えのある人も多いかもしれない。

「豊富なパーツを組み合わせて、自分だけの1本を作れるフェアウェイウッドです。ソール部分もパーツになっていて、ニーズに合わせて選べるんです」

「『ノーマルソール』は球がつかまって高弾道のボールが打ちやすいのですが、左へのミスが怖い人には『Tソール』、芝からの振り抜きの良さを重視した『Rソール』、女性やシニア向けにヘッド重量を軽くしながらも低重心をかなえる『Lソール』と、4種類のソールからニーズに合わせて選ぶことができます」同じヘッドでも、ソールを変えるだけで、大きく異なる性能が得られるというアイテムだ。

発売から7年経っても古臭く感じないデザインも人気

 調整に一役買うのは、ソールだけではない。「ウエートビスも数種類用意されているので、バランスや重心も自在に操れますし、ホーゼルは接着タイプではありますが、僕らが組み立てるときに好きなアングルやロフトに設定できるように、複数用意されているので、選ぶことができます。そのおかげで、本当に1人1人に合わせたフェアウェイウッドを作り上げることができるんです」と、枝松さん。地クラブならではの、調整が可能なアイテムだと教えてくれた。

「RODDIO(ロッディオ) FAIRWAY WOOD」のフェース面

 また、「RODDIO FAIRWAY WOOD」は、そのデザイン性の高さも魅力だという。「発売されてから、すでに7年経過しているんですけど、全然、古臭く感じないですよね。ソールごとのデザインもいいし、仕上げも異なるものを選ぶと、また雰囲気がガラリと変わります」と枝松さん。

 確かに同じヘッドなはずなのに、ソールの印象でまるで異なるクラブのようにも見えるし、複数の仕上げから選べるのはいい。とにかく、さまざまな部分に遊び心を感じさせる。

売ったら終わりではない! 微調整が簡単にできる安心感で売れ続けている

 7年というロングセラーアイテム。ユーザーからはどんな声が聞かれているのだろう?

「このクラブは、買ったらそれで終わり、ではなく微調整が簡単にできるので、安心感があるという声をいただいています。僕らも作って売ったら終わりではなく、ユーザーに合わせて、あとから調整が可能なので、すすめやすいというのはありますね」

「いいと思って作ったけど、コースで打ってみたら、思ったような結果が得られなかったという声があれば、その状況に合わせて、ウエートの位置を変えるなど、納得いくまで調整できるのは、他にはない魅力だと思います」

 確かに試打では感触が良かったのに、コースで打つと結果が得られないことはよくある。そんなとき、通常のクラブでは、シャフトを変えてみたり、または違うヘッドを試してみるしかないが、このフェアウェイウッドに関しては、微調整することで、より自分の求めるヘッドにカスタマイズできるのだ。

 より細かくカスタマイズできる点が地クラブメーカーの魅力だと語ってくれた枝松さん。このフェアウェイウッドも工房のクラフトマンが、ゴルファーに合わせた味つけが可能なアイテムといえる。

 自分自身の悩みを解決すべく、クラブをカスタマイズできる。そんな「地クラブ」の沼にハマる人が続出するのも当然のことなのかもしれない。だって、原稿を書きながら、自分も作ってもらおうかと、考えていたのだから……。

取材協力:「ゴルファーズ・ガレージ・サムライ」(埼玉県朝霞市幸町2-5-23)

下山江美