プロギアから新作ドライバー発売のニュース。「RS」シリーズの新作「RS JUST(アールエス・ジャスト)ドライバー」は“ギリギリの飛び”をさらに進化させたと言います。

新「RS JUST ドライバー」3モデルが7月22日から順次発売

 シリーズコンセプトとして“ギリギリの飛び”を突き詰めてきたプロギアの「RS」ドライバーの新作「RS JUST(アールエス・ジャスト)ドライバー」3機種が7月22日から順次発売されます。

プロギアの新作「RS JUST」シリーズの「RS ドライバー」

「JUST」の由来は、ゴルファーが求める弾道、スイング、イメージに合わせて「JUST FIT(最適)」なドライバーが選べるよう、左へのミスを軽減し叩けて強弾道の「RS F(エフ)」、ストレートフェースで高い操作性と強弾道の「RS」、つかまりが良くハイドローで攻められる高弾道の「RS D(ディー)」の3機種ををラインナップしたことが一つ。

 また、最適重心設計「JUSTコンセプト」によるバックスピン量の最適化で、ヘッドスピードの速いゴルファーの最大飛距離を引き出すと言います。

 そして代々の「RS」ドライバーで突き詰めてきた“ギリギリの飛び”をさらに進化させ、高初速化させたのが「4点集中設計」の精度を従来よりさらに高めたこと。

「4点集中設計」とは、ゴルファーが打つエリアと最大反発エリアを一致させるためフェースセンターに重心点、最大たわみ点、最高CT点を集中させるもの。フェースセンターでヒットした際の初速性能がさらに高まったと言います。

「自分は打点がバラつくから恩恵を被れないのでは?」と思った方もいるでしょうが、ご安心を。「RS JUST ドライバー」はフェースセンターの最薄部を点からエリアに広げたことでフェースセンターが広く大きくたわみ、広い高初速エリアを獲得しています。

 これらのフェース設計の追求によって生まれた「4点集中フェース」により、従来品を超える高初速性能を実現したということで、芯を食ったときの飛びをぜひ一度体験してみたいドライバーとなっています。

e!Golf編集部