「ゴルフ場でもおしゃれがしたい…」そう考える若者ゴルファーは少なくないでしょう。では、ゴルフ場にピアスやネックレスをしていくのは、マナー違反にあたるのでしょうか?

アクセサリーに関する規制はない

 ゴルフはプレーの技術だけでなく、同伴者や他の組に気を配ることはもちろん、審判なしでも規則を順守する誠実さが求められます。

プレーに支障が出ないようなアクセサリーを 写真:AC

 最近は緩くなってきているものの、ゴルフ場には「ドレスコード」が存在し、一般的にはTシャツやジーンズ、サンダルなどの軽装はNGとされています。男女問わず、襟付きのトップスとジャケット、ロングパンツやドレスシューズなどを着用して来場することが原則です。

 一方で、伊豆大島リゾートゴルフクラブのように、帽子の着用は原則とするものの、服装に関しては襟のないTシャツでラウンドを認めるなど、若者ゴルファーの増加により厳しいドレスコードを撤廃するゴルフ場も増えています。

 そんなゴルフ場ですが、ピアスやネックレスなどのアクセサリーは着用していてもマナー違反にならないのでしょうか。例えば、結婚式や葬式などのフォーマルな場面では、アクセサリーに関するマナーが存在します。

 特に、おしゃれをしてプレーしたい女性ゴルファーや今どきの男性ゴルファーであれば、自分のお気に入りのピアスやネックレスをしながら、クラブハウスの出入りやラウンドができたほうが取り外しの手間もなく楽です。

 アクセサリーのマナーについて、ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏は、以下のように話します。

「特に、ピアスやネックレスをしていてもマナー違反にはなりません。耳たぶに大きな穴を開けているなど、世間全般的に受け入れられづらいカルチャーのようなものは別かもしれませんが、一般的にはどうこう言われることはないでしょう」

「ゴルフ場に行く際、ゴルフウエアやゴルフシューズを着用するわけですが、その格好にピアスやネックレスが合っているのか、着こなしのほうが大切だと思います」

 最近では、女子プロゴルファーもピアスやネックレスを着用しながらプレーしていますし、バランス力や集中力を高める効果がある、スポーツ用のネックレスも存在しています。そのため、以前に比べてもアクセサリーに関しては、ゴルフ場側や一般ゴルファーからしても、寛容になってきていると言えるでしょう。

「関東七倶楽部」と呼ばれる、名門の東京ゴルフ倶楽部、霞ヶ関カンツリー倶楽部、程ヶ谷カントリー倶楽部のドレスコードを参照しても、特にアクセサリーを制限するような記述はありません。

ドレスコード以外のマナーも忘れずに

 一方で、プレーに支障が出てしまうようなアクセサリー類は、身に着けない方が無難でしょう。例えば、選手同士の接触があるサッカーは、競技者の安全のため装身具の着用を禁止しており、ピアスやネックレスはもちろん、ミサンガの着用も禁止しています。

 最近では、F1レーサーのルイス・ハミルトン選手が、FIA(国際自動車連盟)から安全上の理由で「ドライバーへのアクセサリーの着用は禁止している」と注意喚起を受けたことが話題になりました。

 レッスンプロの関浩太郎氏は「大きいネックレスやピアスをしているからといって、ゴルフをプレーするうえで、重大な事故につながることはないと思います。ただ、スイング動作の邪魔になる可能性はあるので、ゴルフをプレーする際に邪魔になるようなアクセサリーは、身に着けない方が良いかもしれません」と話します。

 最近では、ネックレスとゴルフマーカーが一体になっている商品も販売されています。ネックレス部分に付いているゴルフマーカーが取り外し可能になっていて、瞬時に取り外しができる仕組みです。

 ピアスに関しても、ゴルフメーカーからゴルフを連想させるクラブやボール型のものが販売されているので、そのようなものを着用してゴルフをプレーしてみると「ゴルフ好き」が伝わり、かつおしゃれにプレーができて良いかもしれません。

 ゴルフ場にはドレスコードが存在するものの、若者ゴルファーの増加などにより寛容になっているところが大半なので、過度に意識しすぎる必要はないと言えそうです。

 しかし、ドレスコード以外にもコースを回る際のマナーが存在するので、そちらも過不足なく勉強しておくと良いでしょう。

ピーコックブルー