アベレージゴルファーにとってアゴの高いバンカーはそれだけでプレッシャーになるものです。しかし、距離を稼ぐ必要がなく、単純にボールを高く上げるだけならそれほど難しくはないと、吉田洋一郎プロは言います。ポイントはアドレス。早速、そのポイントを聞いてみましょう!

グリップエンドとお腹の距離が離れるほどフラットな軌道になる

 アゴが高いバンカーに入ってしまった場合、第一に考えるのは「いかにボールを高く上げるか」です。したがって、アドレスではクラブフェースをできるだけ開きましょう。最低でもリーディングエッジが時計の2時を指すぐらいには開きたいところです。

 せっかくフェースを開き、ロフトを大きくした状態で構えたわけですから、それを活用したスイングをする必要があります。アップライト軌道(タテ振り)で振るとロフトが立つので、フラットな軌道(ヨコ振り)でのスイングを心がけます。

お尻を後ろに突き出し、ヒザを深くまげて腰を落とす。グリップエンドとお腹の距離は離し、自身もボールから離れる。両手は肩の真下よりも前でグリップエンドがツマ先のライン上にくる

 そのためには、ボールから離れて立つことが大切です。ヘッドを走らせてもロフトが立たず、フェースを上に向けたまま砂の中に入れることができるので、ボールを高く上げやすくなります。

 それではアドレスについて具体的に説明しましょう。まず、ボールの位置はドライバーと同じ左足カカトの延長線上です。両手は左太モモの内側にセットするので、ハンドレートの形になります。ボールから少し離れて立ったら、いつもよりヒザを曲げて腰を落とし、お尻を後ろに突き出します。

 両手は肩のラインよりも前に出て、グリップエンドがツマ先を結んだラインの線上に来るイメージです。グリップエンドとお腹の距離はかなり離れた感じになります。グリップエンドとお腹の距離が離れれば離れるほどフラットなスイング軌道になると考えましょう。

 アドレスの形を変えても、体重配分は変わりません。左足に7割、右足に3割です。スイング中は体重移動を行わず、左足を軸にしたままクラブを上げて下ろしましょう。

体を回す必要ナシ! 手の動きだけでヘッドを走らせる

 自分ではボールから離れて立ったつもりでも、実際はそれほど離れていないことがよくあります。誰かにクラブヘッドを引っ張られているようなつもりでグリップエンドとお腹の距離を離してみましょう。

上体の前傾角度をキープするためなら手打ちでOK

 それに合わせてボールから体を遠ざけます。できれば、一度画像や動画などで自分のアドレスをチェックするといいでしょう。

 ただし、ボールから離れようとしてカカトに重心が乗るのはNGです。あくまでも土踏まずの上ぐらいに重心がくるように構えます。

 スイング中の注意点は上体の前傾角度をキープすること。上体が起き上がらないように心がけましょう。そのためには、あえて体を回そうとせず、手だけでクラブを振ります。要するに手打ちです。手の動きだけでヘッドを走らせましょう。イメージとしてはツマ先下がりのライから打つ感じです。

 ボールが高く上がるぶん、飛距離は出ません。通常のバンカーショットよりも5ヤードほど距離が落ちると考えましょう。したがって、アゴの高さが2.5メートルぐらいあり、手前のグリーンエッジから2メートルぐらいのところにピンがあるときはかなり有効な打ち方になります。

取材協力・取手桜が丘ゴルフクラブ(茨城県)

【指導】吉田洋一郎(よしだ・ひろいちろう)

北海道出身。世界のゴルフスイング理論に精通するゴルフスイングコンサルタント。デビッド・レッドベターから世界一流のレッスンメソッドを直接学ぶ。毎年数回、米国、欧州へ渡り、ゴルフに関する心技体の最新理論の情報収集と研究活動を行っている。欧米の一流インストラクター約100名に直接学び、世界中のスイング理論を研究している。海外ティーチングの講習会、セミナーなどで得た資格は20以上にのぼる。

山西英希